ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グロンギ


ヨミ: グロンギ
掲示板をミル!
179カキコ!

グロンギとは、『仮面ライダークウガ』に登場する敵怪人たちのことである。警察からは一貫して未確認生命体と呼称。


「概要ゾ、ザジレスゾ」



古代


グロンギとは、古代の時代から生き続ける民族の総称である。元々は人間で、狩猟を営む民族だったという。ある日、宇宙から飛来した隕石がグロンギの里へ落下した事により彼らは魔石ゲブロンを入手。動植物を持った怪人へと変身するを得た。魔石によるものか、元来そうだったのかは不明だが非常に好戦的になり、これを機にグロンギは周辺諸への侵略を開始。リントが住むにも侵略の魔手が迫った。器の武器しか持っていなかったリントは太刀打ちする事が出来ず、多くがグロンギに殺された。

グロンギは、逃げ回るリントを狩る殺人ゲームゲゲル」を行った。このゲゲルの成績で、部族内での階級が決まるのである。リントは戦いを知らない平和的な民族だったため、ただされるだけであった。しかしリントが誕生させた戦士クウガゴウラムによって旗色が一気に悪くなる。封印するに優れていた先代クウガによりグロンギが次々に封印され、族長ン・ダグバ・ゼバも封印されてしまう。全グロンギの封印を以ってこの血みどろの戦いに終止符が打たれ、そして物語は現代に続いていく。

なお先代クウガであるリクは、ゴウラムと己ののみで全てのグロンギを封印したとされている(リク支援する、リントの戦士も複数いたが全員ゴ・ジャーザ・ギに殺され々に全滅している)。


現代


時は流れて2000年長野県にある九郎ヶ岳遺跡を城南大学の研究チームが調。この時、ダグバが封印されていたを暴いた事によって、ダグバが復活。手始めに調隊を殺戮し、遺跡の外に封じられていたグロンギを復活させる。こうして200体あまりのグロンギが現代に覚めた。

そして古代と同じように恐怖殺人ゲームゲゲル」を開始。一般人や警官を相手に大量殺人を行った。しかし古代と違って現代人は武器を持って反撃してくる上、次世代のクウガの活躍によりゲゲル成功者はど出ないまま、次々に倒された。リントとべて好戦的な現代人に、ラ・バルバ・デゴ・ガドル・バなどは興味や関心を示していた。

グロンギの活動は約1年間に及んだが、それまでにン・ダグバ・ゼバを含む全てのグロンギが死亡したため事件は一応終息を見ている。


仮面ライダーディケイドでは


クウガ世界』と『アギト世界』に登場。

クウガ世界』では、ン・ガミオ・ゼダめさせるために火溶山周辺でなるゲゲルを敢行。婦警を、一滴の血も流さずに殺するという特異な内容であった。ガミオ復活は急務だったようで、階級問わず2体1組で活動していた。物語開始の時点で既に第7号(メ・ギャリド・ギ)まで出現しており、後にメ・ビラン・ギゴ・ベミウ・ギラ・ドルド・グゴ・バベル・ダが登場した。直接登場する事はかったが、新聞の面にズ・グムン・バズ・ザイン・ダが写っていた。ディケイドクウガの妨を受け、何体かのグロンギが倒されるも4人まで殺に成功。しかし門矢士の奇策によって八代刑事鼻血を出したためゲゲルが失敗に終わってしまった。が、滅びの現によってガミオは復活し、あふれたによって次々に人間をグロンギ化させた。一時は全体がグロンギに支配されるも、ディケイドクウガによってガミオが討たれた事で事態は終息。その後、小野寺ユウスケによると「グロンギは現れなくなった」との事(第12話)。

アギト世界』では、既に第47号(メ・バヂス・バ)までゲゲルを行っていた。新聞にも「未確認生命体による被害急増」と書かれており、原作同様かなりの被害をもたらしている模様。一方で警察G3-X神経断裂弾を開発しており、クウガしでも自でグロンギを排除できるようになっている。人間を襲うグロンギはアンノウンからの敵にされており、劇中ではズ・メビオ・ダアントロードにリンチされた末に殺されている。リントによるG3-X神経断裂弾の開発に加えてアンノウンアギトまで出現しており、これでもかと言わんばかりにグロンギに厳しい世界である。


解説


ベース人間であるため、その身体・血液構造はほぼ変わらない。会話には『グロンギ語』と呼ばれる独自の言を用い、九進法を使用するなど独自の文化を持つ。個体差はあるものの均的な知はかなり高く、復活後一年と経たないうちに現代日本語を修得し、文明の利器を使いこなしている。さらに高い技術も有しており、ヌ集団は武器の精製や修復を行って、ゲゲルに挑む仲間に(要請があれば)武器提供している。またゴ・バダー・バの所有するバギブソンというバイクは、現代の技術で造られたバイクかに駕する性を持っていた。

一方で独自の価値観を持っており、『暴力を振るい、他者の生命を奪うこと』に対し何のためらいも罪悪感も持たない、言葉は通じても『命』の価値を理解できないという、絶対に相容れない恐怖の対として描写される。

グロンギたちはクウガの霊石アマダムと同質の物体を有しており、それを用いて恐ろしいを持った怪人へと変貌する。グロンギの名称には規則性があり、三節に分かれたうちの前節は所属する階級を、中央は個体名称(モチーフとなった生物のもじり)を、末尾はモチーフとなった生物の種別を表す。例えば「ズ・グムン・バ」なら「『ズ』の階級の『グムン(蜘蛛)』で『バ(節足動物)』」といった具合である。グロンギにはズ、メ、ゴ(詳細は後述)の集団に分かれており、映像に登場した中ではズが最下位、ゴが最上位となる。それぞれブロンタルールドが名前の由来だと思われる。

定められたルールの元でリント(古代人)を殺する『ゲゲル』という行為を特別視しており、現代人をリントの子孫……つまりは獲物と見なしてゲゲルを行う。ゲゲルによって一般人論の事、交戦した警察官も大量に殺されている。物語終盤では犠牲者が約3800人以上に及んでいると説明された。

グロンギは総じて高い殺傷を持っており、簡単な殴打や蹴りですら人間を即死させるほど。自分の手足で簡単に殺できる事から、ゴ集団ではゲゲル難易度を上げる制限として武器を使っての殺を強いられる。またグロンギの体内には戦闘神経と呼ばれるものがり巡らされており、これによって驚異的な再生を得ている。そのため警官が持つ弾程度では全く傷つかず、通常兵器ではが立たない設定の理屈付けとなっている。グロンギを倒すには、クウガの持つ封印エネルギーバックルへ送り込むか、終盤で警察が開発した神経断裂弾を撃ち込むか、再生過するほどのダメージで死に追いやるかの3択である。

グロンギの中でも上位に位置するゴ集団は、物質を原子レベル分解し再構築する「モーフィングパワー」という特殊を持っている。このを使う事で、身の回りの物を自分の武器に変えられる。
いつでも武器を調達できるように、ゴ怪人は多数の装飾品を身に付け、必要に応じてその装飾品を武器へと変質させている。ちなみにこのクウガも持っている。ゴより階級が下のメやズにはこのモーフィングパワーく、たとえ大振りな武器を持っていても小さな装飾品に変えられないため、々に警察に発見される事も。

およそ200体が復活したとされ、長野県及び東京を中心に潜伏。愛知県から福島県にかけての広範囲で撃例があったという。彼らは人気い建物や場所をアジトにし、集まっていた模様。警察や近隣住民に察知されると、人知れず姿を消した。動物にとってもグロンギは非常に恐ろしい存在で、ズ・ゴオマ・グがいた現場に警察を連れて行くと急に怯え出し、人間に八つ当たりしたほど。またミカド号がズ・ザイン・ダに食い殺されている。しかし、その多くは「のない者ども」としてン・ダグバ・ゼバによって「整理」される。それ以外はクウガや強化神経断裂弾を装備した警察によって倒され、最後に残ったダグバの死により一連の未確認生命体事件は終息したとされる。小説版ではその後が描かれる。

ちなみにグロンギのモチーフは、昔とべて容易に殺人を犯す現代人そのものだと言われている。

ヒーローズ連載中の仮面ライダークウガではグロンギの行動や心情が掘り下げられた他、煙草を吸う、けん玉トントン相撲で遊ぶ、ポーカーじるなど現代文化を楽しむ姿が描かれている。また、怪人体のデザインモチーフとなった生物らしさが現れたデザインに変更されている(漫画なのでスーツ=人間の体格に合わせる必要がないため)。人間態漫画媒体に合わせて大きくアレンジされているが、つきや顔つき、独特のファッションなどに不気味さ・異質さが見て取れる。

仮面ライダーウィザード52話「仮面ライダー指輪」によると、倒されたグロンギの魂は魔法石の世界に転生している模様。このため住人の中にはグロンギに変身する者もおり、劇中ではメ・ガリマ・バが登場している。


「ミ、カ、ク、ニン・・・セイ、メイ、タイ?」「バビン、ボドザ」「ゴセダヂン、ボドザ」


作中で「グロンギ」と呼称するのは当のグロンギ達自身ぐらいであり、一般的には「未確認生命体」と報道されている。というよりも、グロンギという名称自体がクウガ関係者にしか知られていない。一方で、仮面ライダーディケイドの『アギト世界』では学者がグロンギと呼称しており、その事が新聞で報道されているため一般的になっている。

長野市内に出現し暴れまわったズ・グムン・バ未確認生命体1号として認識されるが、後に九郎ヶ岳遺跡で発掘調隊を全滅させた未確認生命体(ン・ダグバ・ゼバ)が存在することがわかり、そちらは第0号として扱われることとなった。

なお人間体のグロンギは未確認生命体B群第○号として、怪人態とは別に分類されている。

当初は警察クウガをグロンギの仲間と認識し「未確認生命体4号」として警していた。その後、一部の警察関係者は4号の正体を知り、一人の人間として対応するようになる。しかしその事実にされていないため、世間一般の認識は「4号=悪い仲間を殺して人間の味方をする、善い未確認」にとどまっている。


「アギト」との関係


仮面ライダーアギトでは「未確認生命体が存在した」などクウガとの関連を示す設定がある。これを踏まえてか、仮面ライダーディケイドの「アギト世界」にもグロンギが登場し、アンノウンに襲われていた(アンノウン的には、アギトもグロンギも人間越しているから殲滅対になると思われる)。

また、ヒーローズ仮面ライダークウガ作中にて、ラ・ドルド・グから「グロンギを倒せるのはアギトだけだ」とアギトの存在が示唆された。く、「霊石から希に生まれるグロンギをもえた存在」。桜子によればアギトとはリントの戦士/守護を意味する単であり、『大いなる石を以て最初の太陽に昇りリントを守る。の名はアギトなり』と記されているという。桜子は「リントが先に霊石を手に入れた」ことを読み解き「リントが霊石でアギトを生み出した」と分析するが、「霊石を盗んで使ったグロンギに対抗するためにアギトを生み出したのか」「先にリントがアギトを生み出して、対抗してグロンギも霊石を使ったのか」、相は不明である。
アギトや異形に苦しむ津上翔一」、「不適合者は液状化あるいは体が崩れかける」、「他にアギトになれた人間悪人ばかり」など、本作のアギトヒーローというより怪人寄りに描かれており、グロンギに近しい存在であることに説得を持たせている。


登場したグロンギ


劇中に登場したグロンギを紹介。ちなみに前述の通り、名前の最後の文字モチーフの種別を表している。「バ」は棲以外の節足動物)、「ダ」は陸上哺乳類、「グ」は飛行生物コウモリ)、「デ」は植物(菌類も含む)、「レ」は爬虫類両生類も含む)、「ギ」は生物全般である。


ベ集団


最下層のグロンギ。「ゲゲル」に参加する資格すら持たず、怪人体も登場していない。他の集団の生き残りとともに全員ン・ダグバ・ゼバにより殺された。


ズ集団


劇中最初に「ゲゲル」を開始した集団。装飾の色は。なお、ズ・グムン・バズ・ゴオマ・グは、他のグロンギより復活し行動しており、また、ズ・メビオ・ダは恨みから警官を殺し始めた為「ゲゲル」を行っていない。そしてズ・ザイン・ダは挑戦する直前に「ゲゲル」の資格がメ集団に移行してしまい、独断で行っている。


次へ»
最終更新日: 20/11/21 10:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ