ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


グーン


ヨミ: グーン
掲示板をミル!
11カキコ!

グーンとは、機動戦士ガンダムSEED及び機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するザフト軍の水中モビルスーツである。形式番号はUMF-4A。別名、モビルグーン。本項では生機についても記載する。


概要


地球の7割はが占めており、ザフト地球侵攻を計画するにあたって水中モビルスーツの開発を迫られた。
プラントの兵器設計局「クラーク」社がグーンを設計を担当。地球連合軍の艦艇や輸送船への攻撃、湾施設の揚陸を的として開発された。イカの頭のようなフォルムを持ち、の抵抗を受けにくい形となっている。
兵装は魚雷だが、モノアイの両側面にフォノン・メーザーと呼ばれる兵装が装備されている。これはたく言うと音のレーザー。実体弾ではないのでフェイズシフト装甲を貫通する(しかしこレーザーPS装甲持ちMSを撃墜した事はい)。水中モビルスーツだが陸上での活動も可。だが他のMSべると機動性に劣り、撃破される機体が多かったため、格闘性を向上させた後継機ゾノが開発される事となった。ゾノが量産され、次期機のアッシュが開発された後もグーンは前線で使用され続け、海洋の一を担った。

基地の防衛戦として運用された他、ボズゴロフ級潜水空母の搭載機として運用された。
また難救助にもグーンが用いられており、その際はフォノン・メーザーを投機に換装する。このタイプは、DESTINYジブラルタル基地から脱走し、撃墜されたアスラン機の捜索をしている。

連合vsザフトにも参戦しているが、低性であるが故にネタキャラ扱いされている。グーンたんという称で呼ぶ者も。一応連合vsザフトコストが下げられている他、手の短さが祟って判定が弱すぎる格闘や、量産機でありながらチャージショットを有するなど存在感を放っている。
ちなみに特格は対デストロイガンダム戦に向いているらしく、ゴリゴリHPを削れる。他の機体相手ではど当てられないが。


劇中での活躍


アデン湾でアークエンジェルを捕捉したモラシム隊所属の機体として初登場。ディンとグーンでからアークエンジェルを攻撃。水中に下りて来たストライクガンダムを地の利を活かして優位に立ち回るが、モラシム機のディンを除いて全滅している。インド洋で再びモラシム隊がアークエンジェルに攻撃を仕掛けるが、これまた全滅している。

地球連合軍本部アラスカ基地への攻撃にも参加。大量のグーンが投入され、ゾノとともに敵艦隊の撃滅に貢献した。上陸を果たしたグーンもいたようだが撃破されている。それが幸いしてかサイクロプスに巻き込まれた描写はい。パナマ基地攻略戦ではボズコロフ級から出撃するシーンはあったが、どのように攻撃を加えていたかは不明。小説版ではストライクダガーの出現により、撃破されたと取れる描写がある。

長らく水中戦ではゾノと一緒に最強の座に就いていたが、地球軍がフォビドゥン・ブルーやディープ・フォビドゥンを開発し投入してからは一気に逆転されてしまう。地球軍のジブラルタル基地侵攻の際には基地の防衛戦の一部としてグーンやゾノが出撃するが、一方的に壊滅させられジブラルタル基地を失陥している。この時、ザフトが抱いた危機感が後のアビスガンダム開発へと繋がる。

大戦終結から2年が経ち、新しいアッシュが開発された後もグーンは運用され続けた。
インドでの戦闘で、ボズゴロフ級潜水空母「ニーラゴンゴ」から出撃したグーン3機がアビスと交戦するが全滅
母艦アビスに撃沈されている。ヘブンズベース攻略戦においてはフォビドゥン・ヴォーテクスと水中戦を演じる。性差に苦戦するもゾノアッシュとの連携で撃破している。オーブ侵攻の際にも投入され、上陸にも成功したがドムトルーパー3機の猛攻により際まで後退させられている他、迎撃に出たグーンがアークエンジェルに撃墜された。

物語舞台宇宙に移ってからは出番がく、そのまま最終回となってしまった。


派生機



グーン地中機動試験評価タイプ


SEED MSV」などの外伝作品に登場。本編には未登場。 形式番号はUTA/TE-6。

グーンに地中航行を持たせた特殊機で、レセップス底部に備え付けられているスケイルモーターを使用し岩盤を破壊ないし液状化して地中を航行する。そのスケイルモーターの制御するためファイバーを全身にり巡らせている。敵の勢圏外から地中に潜り、敵の施設前で地表に出て奇襲するのが戦法。地中用レーダーを有するが近距離にしか及ばないうえ、投入には事前の地質調が必要だったため量産はされず3機のみが試作された。が、3機全てがパナマ基地侵攻作戦に使用され戦果を挙げた。地中から突然現れて攻撃された事から、精神病を患う連合兵が続出したという。


ジオグーン


機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場。上記のグーン地中機動試験評価タイプの制式採用版。
形式番号はUTA/TE-6P。

オーブ侵攻作戦「オペレーション・フューリー」で2機が投入された。ボズゴロフ級潜水空母から出撃した後、オーブで地中に潜行。市民の退避シェルター行政シェルターに突っ込み、破壊。1機はオーブ防本部のの前に出現し、護衛のアスレイ1機をフォノン・メーザーで撃破するも直後にアカツキビームサーベルを受け四散。
もう1機は地上に出現したところをNダガーNによって撃破された。


関連商品


■azB00030EULW
■azB0042A7TGC
■azB002BEIEN8
■ysyuyou_gsdgfc147


関連項目



最終更新日: 15/06/01 05:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ