ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ケッテンクラート


ヨミ: ケッテンクラート
掲示板をミル!
48カキコ!

[画像を見る]

ケッテンクラートKettenkrad)とは、ドイツ第二次世界大戦時に開発、運用していた半装軌である。


概要


ドイツのNSU社が、ドイツ軍の挺部隊である降下猟兵用に、グライダー輸した後に無反動砲を牽引する的で作った車両

前がバイクで後ろが履帯(キャタピラ)の乗り物、というより履帯式の小車両バイクの前部とシートを操縦部として取り付けたもので、小車両部には2名用の座席が後ろ向きに付けられている。

普通バイク較して悪路走破性が高く、また手回しが楽で使い勝手に優れていたため、陸軍や武装SSでも使用された。軍では飛行機の牽引用としても使用されていた。

戦後農業業向けに民間用に販売された。


名称について


ドイツ語でケッテン(Ketten)は「鎖、履帯」(複数形)、クラート(Krad)は「自動二輪車」をす軍隊用クラフトラート(Kraftrad)の省略形で、すなわち「履帯付きのバイク」である。一般には単にクラートと呼ばれていた。

制式名称はクライネス・ケッテンクラフトラート(Kleines Kettenkraftrad)で「小装軌バイク」の意味。
ちなみに軍の制式番号はSd.Kfz.2。製造元のNSUの式はTyp HK 101


前輪について


ケッテンクラートで印的なのは、大きな履帯べて頼りなさげにみえる前輪である。

前輪はハンドルと直結しているため一見すると方向の役割を果たしているように見えるが、実際にはこれだけで十分体を曲がらせられるだけのパワーはなく、基本的には左右の履帯速度差による旋回がメインとなる。むしろ前輪を外してしまっても、履帯だけで普通に走れるし曲がれる。(ちなみに戦車ショベルカーと異なり左右の逆回転はできないため信地旋回は不能)

では何のために前輪があるのかというと、このタイヤが付いていることによって路面上での荷重が分散され、走行抵抗を軽減することでスピードと燃費が善するため。オンロードでは前輪の有により15-20km程度最高速度に差が出るそうである。

一方、不整地ではタイヤむしろ邪魔になるため、スピードを出せない悪路ではタイヤを外して走行することが推奨されていた。


性能


生産 ドイツ
乗員 1~3名 (用途や機種によって異なる)
サイズ 全長:3000mm / 幅:1000mm / 高さ:1200mm
重量 1,560kg
エンジン
(排気量)
冷直列4気筒 3ベアリング OHV
(1488cc)
速度 最高:時速70km / 実質:時速50km (騒音がひどいため)

関連動画



■sm8193702[ニコ動]

■sm3998409[ニコ動]


関連静画


■im2759985(静画)
■im1529869(静画)


関連商品


■azB000BN32Q0
■azB004YDXUTM


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 19/11/27 20:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ