ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ケニー・オメガ


ヨミ: ケニーオメガ
掲示板をミル!
36カキコ!

ケニー・オメガとは、カナダオタクプロレスラーである。通称「北の路上王」「ザ・クリーナー」。


概要



~DDT時代


Youtubeにエニウェア・マッチ動画アップロードされ一部の日本プロレスファンから話題になり、DDT日本に招聘、2008年7月に初来日した。

新木場1stRingでのビアガーデンプロレスにて日本の路上王と呼ばれる飯伏幸太に喧を売る形で参戦したが、戦いの中で共感するものを感じ「する人」と飯伏を呼ぶほどになる。(その固いから、このタッグコンビは『ゴールデンラヴァーズ』と呼ばれる。)

日本ではDDT新日本プロレス海外ではROHやJAPW、PWGインディー団体を戦場とする。「頭文字Ω」のパンツおっくせんまんの曲(めがてん細江アレンジ[動])で入場するオタクプロレスラーである。

2010年からは、ベストオブ・ザ・スーパージュニアなど新日本プロレスジュニア戦線でも活躍。2010年9月3日に行われた山本さん追悼大会のメインIWGPジュニアヘビー級王座にも挑戦した。後に盟友、飯伏幸太タッグを組み、プリンス・デヴィッド田口組からIWGPジュニアタッグを獲得。
その後のDDT大阪大会で初防衛に成功した。

新日本で飯伏が活躍したこともあり、(DDT以外で)シングルでは新日本ではなく全日本プロレスに参戦するようになる。2011年10月23日には、 KAIから世界ジュニアヘビー級王座を奪取、実に5度の防衛に成功する。

2012年にはKING OF DDTトーナメントに優勝し、日本武道館の大舞台飯伏幸太の持っていたKO-D差別級王者に初挑戦した。「お互いにお互いを傷つけたくない。」と言う理由から、初対戦以降4年間もシングルマッチを避けてきた両者の対戦であったが、結果的には約37分もの死闘(この試合は東京スポーツ制定の2012年日本プロレス大賞の年間最高試合賞にノミネートされるも、危険すぎるこの試合を評価していいのかという激論が繰り広げられ[外部]、結果的には受賞を逃した。)の末敗れる。が、同年12月23日後楽園ホールで行われたDDTの年内最終行で飯伏幸太から王者を奪ったエル・ジェネリコ勝利し、念願であったKO-D差別級王者に初めていた。


~新日本プロレス


2014年10月3日レギュラー参戦していたDDTとの契約を終了し、新日本プロレスへの移籍を発表。それから間もなく外国人者によるユニット"BULLET CLUB"へ参入すると共に、"The Cleaner"としてジュニアでの活動を開始。ラフファイトも織り交ぜた理詰めのスタイルへ転換し、2015年1月4日東京ドーム大会にて田口介からIWGPジュニア王座を奪取した。一度はKUSHIDAに奪われることもあったが、彼とのリマッチにて再び戴冠。翌年には新日本離脱を表明していたAJスタイルズを追放、同ユニットの新リーダーとなる。

2016年2月14日中邑真輔退団により位となったIWGPインターコンチネンタルのベルトを賭けて棚橋弘至との闘を繰り広げ(ヤングバックスの介入があったものの) 見事、第13代王者となった。
同年4月27日マイケルエルガン戦にて初防衛。
その後、5月3日マイクアピール棚橋に対し『ラダーマッチならリベンジを受けてやる』という旨を発言。棚橋はそれを受諾し、新日本プロレス史上初のラダーマッチによる王座戦6月19日大阪城ホール大会にて実現することとなった。…が、棚橋は大会直前に負傷し防衛戦を欠場。急遽棚橋タッグパートナーであり、一の友達と評されるマイケルエルガンと防衛戦を行った。試合は30分をす大熱戦の末にエルガンがラダー最上段にいるケニーを場外に叩き落してベルトを獲得。防衛に失敗した
7月にはの祭典G1 CLIMAXに初エントリー。ブロックリーグを6勝3敗の1位で優勝決定戦に進出すると、決勝戦では後藤洋央紀を下して見事初出場初優勝、そして史上初の外国人優勝という偉業を果たした。

そして2017年1月4日東京ドーム大会のメインイベントオカダ・カズチカIWGPに挑戦。
45分をえる熱戦の末惜しくも敗れるも、海外プロレスサイトで「6つ」を獲得するなど高い評価を得る。
同年6月には大阪大会で再びオカダと対戦。60分引き分けで惜しくも獲得はならなかった。
7月には新しく創設されたIWGP US王座トーナメントに参加。石井との決勝を制し王座を獲得した。
同年G1クライマックスでも決勝まで進み、2連覇が期待されたが内藤哲也が前年のリベンジを果たし準優勝に終わった。

2018年1月4日ドーム大会でWWE人気レスラークリス・ジェリコノー反則マッチでUS王座戦を行い勝利するなど順調なスタートを切る。

しかし、その後BULLET CLUBメンバーであるコーディーとの不和が表面化。
メンバーからの裏切りに合うも、かつてのタッグパートナーである飯伏幸太が救出に現れ。これを機に名タッグ、『ゴールデンラヴァーズ』が復活することとなった。
6月には大阪で飯伏をセコンドに迎え、オカダ・カズチカ60分3本勝負でIWGPヘビー級王座に挑戦。
1本ずつ取り合った3本片翼の天使を決めて遂に念願だったIWGPヘビー級のベルトを獲得。
オカダの防衛記録を12でストップさせ、第66代王者となった。


エピソード



得意技



次へ»
最終更新日: 18/12/05 21:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ