ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ケルト


ヨミ: ケルト
掲示板をミル!
85カキコ!

ケルト (Celt) とは、ケルトに属する諸言の話者となる人々の文化、言ルーツとなった古代の人々およびその文化をす用である。現存するケルトとしてアイルランド語スコットランド・ゲール (スコットランドとは別)、ウェールズブルトンがある。マン島コーンウォールは一時的に消滅したが人為的に復活、保存の動きが進められている。

ニコニコ動画ではケルト音楽に関する動画タグ付けされることが多い。 →ケルト音楽


概要


紀元前600年ごろに古代ギリシア人が西方ヨーロッパに住む異文化集団 (人種による区分ではない) を「ケルトイ (よそ者)」と呼んだことに由来する。紀元前400年ごろにはケルト人が西方ヨーロッパに広く分布していたと考えられるが、共通する民族意識を抱いていたわけではなく、地域ごとにそれぞれの文化を発展させてきた。そのうえ、ケルト人の秘的、幻想的なイメージ近代以降、合理批判ロマン義、ナショナリズム等と結びつき、学術的な範囲をえて様々な脚色や曲解が加えられてきた経緯があるため、その実体はつかみにくく、何をもって「ケルト文化」と呼ぶかは曖昧なところがある。


大陸のケルト


かつてヨーロッパ各地に広く分布したケルトのうち、ブリテン諸を除く地域、即ちヨーロッパ大陸ケルト人およびその文化を大陸ケルト(Continental Celts)と呼ぶ。

ケルトインド・ヨーロッパ語族に属する言だが、その祖の発生や波及の過程についてはっきりとしたことはわかっていない。通説では器時代の後期から器時代にかけて中央ヨーロッパに広まったハルシュタット文化と呼ばれる文化様式がその発端であると考えられている。これが後にラ・テーヌ文化へ移行する頃には、ケルト人は西はイベリア半島ブリテン諸、東は小アジアまでその分布を広げていた。しかし、ブリテン諸の一部を除き、これらの地域はやがて古代ローマローマ帝国)の拡大により征され、ケルト人は次第にローマ人と同化していった。


ケルト語が残存する国家・地域


一般名 ケルト
スコットランド Alba(アルバ
アイルランド Éire(エーラ)
マン島 Ellan Vannin(エラン・ヴァニン)
ウェールズ Cymruカムリ
コーンウォール( Kernow(ケルノウ)
ブルターニュ( Breizh(ブレイス)

関連動画



■sm7168661[ニコ動]

■sm7178000[ニコ動]
■sm7777368[ニコ動]
■sm7797239[ニコ動]
■sm8509540[ニコ動]
■sm8509644[ニコ動]

作業用BGM

■sm4360379[ニコ動]
■sm830485[ニコ動]
■sm4898788[ニコ動]
■sm2968775[ニコ動]


関連商品


■az4480023925
■az4309726143
■az4797354445
■azB0009RPD1A
■azB00006BGOS
■azB00005F6M2
■azB00005FD9R
■azB0000BHKAI


関連コミュニティ


■co9158


関連項目



最終更新日: 18/02/04 02:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社