ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ケン・グリフィー・ジュニア


ヨミ: ケングリフィージュニア
掲示板をミル!
1カキコ!

ケン・グリフィー・ジュニアとは、アメリカ合衆国出身の元メジャーリーガー(外野手)である。


概要


OB
ケン・グリフィー・ジュニア
Ken Griffey Jr.
基本情報
アメリカ合衆国アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア
生年 1969年11月21日
身長
体重
188cm
104kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 外野手指名打者
プロ入り 1987年
引退 2010年
殿堂入り 2016年
経歴
選手歴
メジャーリーガーテンプレート

シンシナティ・レッズ全盛期(ビッグレッドマシン)の打者であったケン・グリフィー・シニア。ちなみにNPB外国人打者通算最多本塁打記録を持つタフィ・ローズとは幼なじみで、子どもの頃は家族ぐるみの付き合いのある仲だった。

1987年MLBドラフトで1巡全体1位名を受けてシアトル・マリナーズに入団。1989年メジャーに昇格するとマリナーズ不動の中堅手となった。ちなみに1990年にはのシニアマリナーズに移籍してきたため、1991年までの2年間親子で同じチームで同時に現役選手としてプレーすることになった(史上初)。1999年オフに移籍するまでMVP1回、本塁打王4回、打点王1回、ゴールドラブ賞10回とメジャーの5ツールプレイヤーとして名を馳せた。

1999年オフのシニアが在籍していたレッズに移籍。しかし長年人工芝のセーフコ・フィールドプレーしてたことが原因となる慢性的な故障によりマリナーズ時代ほどの活躍はできなくなっていた。

その後2008年シーズン途中にシカゴ・ホワイトソックスに移籍後、オフに古巣マリナーズに復帰。2009年指名打者として活躍する。しかし翌年は不振にあえぎ、シーズン途中の6月引退した。

引退後はマリナーズの特別コンサルタントに就任。2016年1月には当時史上最高となる99.3%の得票率でアメリカ野球殿堂入りを果たした(のちにマリアノ・リベラの得票率100%で記録を更新されている)。


評価・性格


メジャーの5ツールプレイヤーとしてウィリーメイズと並び称されるほどの選手。実のみならず気さくで優しい人柄から絶大な人気を誇る。またこの時代に蔓延していたステロイドその他の物とは一切縁のクリーンな選手(なおその理由がそもそも怠け者でステロイドに手を出してまで成績を伸ばそうとしなかった)ということも彼の評価を更に上げる要因となっている。

またグリフィーに憧れて野球を志した選手は多い。特にアフリカアメリカ人選手からは神様のように尊敬されており、C.C.サバシアアンドリュー・マカッチェンなどがグリフィーに憧れて育ったことを言している。

イチローオリックス時代にテレビ企画でグリフィーと対面しグリフィーを憧れとしている。奇しくもグリフィーのレッズ移籍から2年後にマリナーズに入団することとなり、同じマリナーズスター選手という環境ながら共にプレーすることはなかったが、2009年にグリフィーのマリナーズ復帰によりチームメイトとなる。この2人はやたらと仲が良く、中継ではじゃれ合う2人がよく見られた。


通算成績


通算:22 試合
G
打席
PA
打数
AB
得点
R
安打
H
本塁打
HR
打点
RBI
盗塁
SB
犠打
SH
犠飛
SF
四球
BB
死球
HBP
三振
SO
併殺打
GDP
打率
AVG
出塁率
OBP
MLB 2671 11304 9801 1662 2781 630 1836 184 8 102 1312 81 1779 199 .284 .370

関連動画



■sm303042[ニコ動]

 ■sm10956920[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 19/01/23 23:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ