ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゲルググ


ヨミ: ゲルググ
掲示板をミル!
234カキコ!

ゲルググMS-14 GELGOOG)とはアニメ機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍のモビルスーツである。


機体解説


一年戦争末期に登場した高性量産型モビルスーツ。19mと大で、ドムのようなボリュームある体と、後頭部の「トサカ」が特徴的。後、ブタバナ。
コミックボンボンで連載していた漫画サイボーグクロちゃんでも、ゲルググのブタバナ。とネタにされており、トニーたけざきのガンダム漫画二巻でも、シャアにゲルググを紹介したジオン兵が、「ブタ鼻以外は最高です!!」とネタにされてしまっている。

一年戦争当時、ジオン軍においてそれまで戦艦モビルアーマーモビルスーツでも一部の陸両用モビルスーツに内装という形でしか搭載されていなかったビーム兵器を、初めて携帯武器のビームライフルとして標準で搭載した量産型モビルスーツ
ゲルググの装備する両式のビームナギナタはかなり特徴的な武器である(しかし両式な分慣れないパイロットが扱うと自機の頭や腕をり落としかねないなどかえって扱いが難しく、一般の兵士に片の状態で使用した。後の時代のモビルスーツにもほとんど受け継がれていないことから、やはり扱いやすさに問題がある装備だったと思われる)。

機体自体はザクグフを開発したジオニック社製だが、部や脚部のスラスター関連はヅダドムを開発したツィマッド社の、ビームライフルやゲルググキャノンビームキャノンといったビーム兵器関連はビグロザクレロといったモビルアーマーズゴックを開発したMIP社の技術が活かされている。その機体性はあのガンダムを上回るとされる。

劇中ではシャア・アズナブルの乗るシャア専用ゲルググが先に登場し、一般兵士用の量産型ゲルググが登場したのは最終回直前の第42話からである。ちなみに作中ではシャア専用ゲルググは量産型の3倍のスピードかどうかは明言されていない。

バックパックを装備しないというモビルスーツでもしい外見を持つ機体だが、これは換装による戦場適応を見越しての設計である。宇宙用高機動B型ビームキャノンを装備した遠距離支援のCが代表的で、これらはバックパックと一部のパーツを換装するだけで即時に戦闘に投入できる利点があった。

戦場宇宙であったが重力下での稼働も考慮に入れており、両腕に装備した熱核ジェットエンジン推進補助器はそういった環境での運用を視野に入れていた。

開発が遅れに遅れ(特にビームライフル)生産機数も少なめで実戦投入の時期も遅い。一応オデッサ戦のあたりには開発をしていたようだがIGLOOでの艦長のセリフからして開発の難航がうかがえる。ちなみにもともとゲルググの番はMS-11を予定していたが、開発の遅れによってこの番号はアクト・ザクに譲られることとなった。なお初期の1/144ケールプラモデルには「モビルスーツ-11 ゲルググ」とハッキリ書かれている。


ゲルググ系MSの一覧


ここではゲルググの試作機・後継機などを説明します。他にもあったらどんどん追加・訂正お願いします。


次へ»
最終更新日: 19/05/06 18:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社