ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゲームボーイカラー


ヨミ: ゲームボーイカラー
掲示板をミル!
42カキコ!

ゲームボーイカラーとは任天堂が発売した携帯ゲーム機である。略称GBC
任天堂ゲームボーイシリーズの最終形態であり、ゲームボーイシリーズ全てのソフトプレイできる。


概要


任天堂1989年4月21日から9年もの間現役を続けてきたゲームボーイシリーズがついにカラーとなったもの。
カラー化した液晶は反射ではあるがTFT液晶が採用されており、明るい場所での使用であれば同時期の携帯ゲーム機べてやたら綺麗に見える。また、スーパーゲームボーイのようにこれまでのゲームボーイゲームでも4~16色のカラーになる。

通信はこれまでどおりの通信ケーブルに加えて赤外線通信がサポートされているものの、赤外線ケーブルの通信のように大規模に使用するソフトはあまり多くなかった。
しかしながら、この機は本体同士の通信にとどまらず、「怪人ゾナー」のようにテレビエアコンのリモコン信号を読み取るもの、「ぞくぞくヒーローズ」のように別添の変身アイテムの動きを読み取るものなど、ユニークな使い方をしているものもあった。
ちなみにこの赤外線通信機GBシリーズと99%の互換性を持たされているGBAには受け継がれることはなく、またDSではかに範囲が広いワイレス通信が実現したたためもう過去のものに・・・なったと思われたが、ワイレス通信と長所短所が丁度逆であるため(ポケモンBWの記事参照)3DSに再び実装された。

価格は8900円(後に6800円に値下げ)とカラー化したにもかかわらず他のゲームボーイシリーズと同等で、
最近の携帯ゲーム較するとあまりにも安い、というか日本全体の富裕化を差し引いても安すぎる。

もともと任天堂GBの次世代機にGBAを想定していたらしいが、その前に急遽GBCを出したとされている。
そのため、カラー化という大きな変化にも係わらずゲームボーイカラー専用ソフトはあまり存在せず、 ポケモン金・銀版のようにゲームボーイカラー対応という形で出されるゲームがかなり多かった。

一部例外もあるが、ゲームボーイカラー「対応」ソフト(すべてのGAMEBOY対応、と銘打たれた)は「」、「専用」ソフトスケルトンカートリッジになっている。
「専用」ソフトの一部は初代ゲームボーイの電が入らないよう、隅上部の切り欠きがなくなっているが、中の基には切り欠きが見える。

また、他社(セガゲームギアNECPCエンジンGTPCエンジンLT・バンダイワンダースワンカラーなど)が四苦八苦していた、カラー液晶によるスタミナ不足を見事に解消しており、単三電池2本で約20時間という驚異的なスタミナを持つ。

2001年3月21日に『GBシリーズと互換性を持つ』次世代機のゲームボーイアドバンスの発売を以って、12年というとてつもなく長かったゲームボーイの世代は好評のうちに幕を閉じることとなった。


関連動画



■sm17221687[ニコ動]

■sm2034178[ニコ動]


関連商品


■azB0001PW55W


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/11/11 09:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社