ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コクリコ坂から


ヨミ: コクリコザカカラ
掲示板をミル!
190カキコ!

コクリコ坂から』とは講談社から出版された少女漫画、及びそれを原作としてスタジオジブリ制作2011年7月16日に全東宝系にて開されたアニメーション映画である。監督宮崎吾朗

宮崎駿く「読書だから映画にしました」

間違っても『ココリコ坂』と読んではいけない。


あらすじ


東京オリンピック前年の昭和38年舞台横浜

生徒クラブハウスとなっている明治時代の建物の取り壊し反対運動をめぐって、主人公男子女子高生が出会い(以下略)の初恋物語


概要


佐山哲郎(原作)、高橋千鶴作画)によって手掛けられた『コクリコ坂から』という講談社少女マンガ誌『なかよし』で連載されていた漫画が基となっている。

宮崎駿く、不発に終った作品を復活させる企画であり、そういった意味では『耳をすませば』に似ている。

宮崎駿鈴木敏夫プロデューサーは、平成20年に3年間で新人監督に2本作らせるという方針を決めており、本作はその第二弾にあたり、監督は『ゲド戦記』で監督デビューをした宮崎駿長男宮崎吾朗が担当した。

鈴木プロデューサーく、宮崎吾朗自らこの作品に関わることを望んだらしい。

開前までは前作『ゲド戦記』が不評だったこともあり、話題性も今ひとつだった。しかしいざ開してみれば、王道青春ラブストーリーと古き良き昭和懐古的作が好評を呼び、映画評論家からネットまで較的好意的な評価が多く、宮崎吾朗は前作の汚名返上を果たすことができたと言っても過言ではないだろう。

原作とは様々な点で大きな変更点がある。ヒロイン血縁関係を巡るドロドロとした展開はなくなっており、ジブリの歴代カップリング同様爽やかなものとなっている(と言うより、原作の話はかなりやばい)。また、男子学生部活で使っている、ホコリとゴミだらけの校内の古い建物「カルチェラタン」とその大掃除シーンはこの映画の見所である。

また、1963年当時の横浜の様子が生き生きと描かれている。挿入歌には、キャッチコピーの「上を向いて歩こう」にもある通り、坂本九の楽曲が使われている。また主題曲さよなら」は元々森山良子が歌ったドラマ主題歌を、『ゲド戦記』で一躍脚を浴びた手嶌葵カバーして歌っている。

ちなみにタイトルの「コクリコ」とはフランス語Coquelicot、「ヒナゲシ(芥子)」「グビジンソウ(虞美人)」を意味する。


声の出演



関連動画



■sm14632961[ニコ動]

■sm15350824[ニコ動]
■sm15025145[ニコ動]


関連商品


■az4048545140
■az4043944454
■azB004U48TQO
■azB004GCJOFA


関連生放送


lv53312110 lv54607783 lv56535164


関連項目



最終更新日: 21/01/20 02:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ