ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ココス


ヨミ: ココス
掲示板をミル!
19カキコ!

ココス(COCO'S)とは、ファミレスチェーンである。


概要


ビッグボーイ」等と同じく、米国発祥のファミレスチェーン
日本では茨城の某変態スーパーマーケットチェーンの関連企業が、米国の「本家」からライセンス供与を受けて展開させた。
その後、親会社であるカスミの経営再建のため、カスミからゼンショーグループへと売却されている。ココスを手に入れたゼンショーはココスをファミレス事業の中核とすることを決定し、同じようにゼンショーに売却されたファミレスCASA」CASA」はココスと違って全店舗がゼンショーに売却された訳ではないため、店舗は一部存続している。をココスに転換したため、一気に店舗網が拡大し、大手ファミレスチェーンの一員となった。

かつての親会社のお膝元である茨城県での勢は絶大である。下手するとガストデニーズロイホの3強よりも(茨城県内だけでの勢なら)上かも知れない。

カスミ時代はメニューなどは全に米国ノリであったが、ゼンショー下になってからは多少"丸くなった"のか、日本流へのアレンジが進んでいると言われている。
ちなみに編集者的には「ビーフハンバーグステーキ」と「和風ソース」の組み合わせは譲れない。

マスコットキャラに「ドラえもん」を起用しており、子供向けのメニュー一覧などにドラえもんキャラクターが登場している。「CASA」時代はきかんしゃトーマスを起用していたため、「CASA」から転換された店舗は事実マスコットキャラクターが変更されたことになる。

どこぞの有名テーマパークのように誕生日サービスが実施されており、来店時に従業員に「今日誕生日だ」と伝えると店内放送などでお祝いしてくれる。ちょっと恥ずかしい

また、多くの店舗ではホテル朝食のような朝食バイキングサービスが行われている。
それと、全展開のファミレスチェーンでの「スープおかわり自由」は恐らくだいたいこいつのせい(ドリンクバー無料で飲めるコンソメスープが用意されている)。

マスコットキャラクタードラえもん以外は特にコラボレーションは行っていないレストランチェーンであったが、2016年に『ラブライブ!』とのコラボを決定している。

更に2020年、ココス40周年のお祝いとしてガールズ&パンツァーとのコラボ3月18日に開始された。
ココス大洗店を特別店舗として装飾するなど、が入っていたのだが、残念ながら新型コロナウィルスの流行と時期が被ってしまった為、あまり話題になっていないようである。


関連動画



■sm3630860[ニコ動]

■sm15387209[ニコ動]


関連静画


■im5534729(静画)


関連項目



最終更新日: 20/04/15 18:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ