ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コジロウ


ヨミ: コジロウ
掲示板をミル!
49カキコ!
ポケットモンスター > ロケット団 > コジロウ

コジロウとは、アニメポケットモンスターに登場するロケット団員である。

基礎データ
名前 ササキ・コジロウ? 性別 男性
英語 James 年齢 25歳?
一人称 オレ、 性格 キザ、気弱、優しい
使用タイプ くさエスパー 特徴 ポケモンされやすい
声優 三木眞一郎 職業 ロケット団チームメンバー
王冠コレクター


概要


ロケット団としてサトシのピカチュウを追い続けている。ムサシニャースチームを組む。
団員制服は支給品のではなくを着用するが、理由はムサシと合わせるためだと思われる。

一見するとかなりの容姿端麗な青年だが、気弱で乗せられやすい・どうでもいいことに熱くなる・王冠集め女装趣味などの性格のため、どことなくヘタレ臭が漂う。

実は大財閥の御曹司。各地に別荘を有し、幼少のころは英才教育も受けていた。現在でも当時のスキルのいくつかは健在で、ポケモンバトルの知識、テーブルマナー楽器演奏などはかなりのもの。詐欺を見破る教育も受けていれば・・・

DP編第140話で、トサキントすくいのプロに圧勝。他にもポケリンガの大会で準優勝を収めるなど、ムサシと違って繊細かつ状況判断に長けている。

同様の立場にコサンジコサブロウがいる。ライバル意識は薄いものの、鉢合わせたときは互いにり合うこともある。

自分のポケモンを溺愛している。特にくさタイプかわいい系のポケモンとは相思相愛である。そのためサボネアを手放す際は、時間をかけ熟考したうえでの決断であった。


ロケット団・コジロウ



生い立ち 窮屈な幼少期から悪の道へ・・・


世界有数の大財閥の一人息子として生まれる。跡取りにふさわしい人間となるためのしつけや英才教育に追われ、自由のない生活に嫌気がさしていた。その折、持ちの子供トレーナーして入塾する「ポケモンゼミナール」の受験に落ち、さらに以前から苦手だったルミカとの結婚を強制されたコジロウは、ついに出してしまう。

出後の経緯は明らかでないものの、ムサシ同様「チャリンコ暴走族」に入る(ただし、ムサシとは出会っていないようである)。チャリンコ暴走族では「補助輪のコジロウ」として暴れまわった。

その後、悪の秘密結社「ロケット団」の存在を知り、悪のを突き進むと決意する。


ロケット団へ入団 将来は幹部を期待されるも・・・


ロケット団員養成学校を経て、同期でやや実の勝るムサシと、人を喋るニャースと共にチームを結成し、各地のポケモン強奪に暴れまわる。当時はロケット団の若きエースとして期待されており、サカキからお歳暮としてドガースを貰っていた。

アニメ本編はここから始まる。


ピカチュウを追い求めてはや十数年・・・


トキワシティポケモンセンターを襲撃した際、偶然出会ったサトシのピカチュウ敗北。このとき、あのピカチュウはただ者ではないと思い込み、以後サトシを襲撃し続けている。

ピカチュウにかまけすぎた結果、ロケット団の出世コースから外れ、クビを経験し、挙句はサカキに忘れられるなど転落のを辿る。しかしながら、したっぱ扱いの現在でも一定の成果をあげ、資・装備の援助があるなど、それなりの評価を受けているのも事実である。


イッシュ制圧計画「オペレーションテンペスト」


BW編にて、サカキの密命を受けイッシュ地方派遣される。コミカルな面がなくなり、サトシたちに吹っ飛ばされる前に逃げるなど悪役らしさが増した。計画失敗後も戦闘や計画性の高さは継続され、サトシたちの前に立ちはだかる。

初期のみい団員制服を着用していた。


ジャリボーイを追いかけて悪の組織を壊滅


カロス地方に上陸してマーイーカゲットし、ピカチュウをはじめ様々なポケモンを狙うロケット団。解散の危機を乗り越え、よりも悪に生きることを選び、より結束が高まった。

また、対峙した悪の組織をことごとく潰してきたロケット団は、フレア団の壊滅をも手土産カントーへと帰っていった。


アローラでも・・・


まだ見ぬポケモンめてアローラ地方に赴任し、コジロウを「初恋の人に似ている、イケメン」と評してバトルに加勢してくれたヒドイデゲット

しかし、サトシを追いながらキテルグマに追いかけられるという「何この感じ~?」な展開に…。そのキテルグマ捕まえたら?


王冠コレクター・コジロウ


瓶の王冠を集め、コレクションにしている。いつ頃から収集しているか分からないが、相当なレア物をいくつか持っている。をいくらつぎ込んだかはっていないが。

王冠の知識も半端なものではなく、拾った王冠の絵柄を見るだけで即座に年代や生産状況を言い当てられる。


ポケモンコーディネーター・コジロウ?


ムサシホウエンカントーシンオウの各地方ポケモンコンテストに出場するとき、コジロウはニャース共々、常にサポート役にしていた。

そんな中、DP編第146話のポケモンコンテストスイレン大会直前にムサシ風邪をひきダウン。しかしムサシは、「アタシの辞書に『諦める』なんて文字いの!!」と言いり、コジロウに女装して出場するよう示した。

かつては女装趣味であったコジロウも、この案には当初乗り気ではなかった。しかし1次審での拍手・援に気分を良くし、素人同然のコジロウが快進撃を続ける。

セミファイナルにてヒカリマンムー勝。続くファイナルでもポイントアウトを奪う活躍で見事にリボンを獲得した。

期待に応えたコジロウをムサシも手放しで褒めたが、自分の時より援が大きかったことに関しては不満を抱いた。
 「『シット』って漢字、書ける?」


出場記録(キャンディ・ムサリーナ名義)


通算成績


コジロウの技



コジロウに関連するポケモン



手持ち


現在

本部預かり

過去


実家



関連動画



■nm3716646[ニコ動]

■sm20967514[ニコ動]


関連商品


■azB00CHXDQOA
■azB001E5HK8U


関連コミュニティ


■co40812


関連項目



最終更新日: 17/05/16 23:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ