ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コズミックウォーズ


ヨミ: コズミックウォーズ
掲示板をミル!
2カキコ!

『コズミックウォーズ』とは、コナミファミリーコンピューターシミュレーションゲームである。


概要


989(平成元)年8月4日コナミよりファミコンシミュレーションゲームとして発売された。
当時のキャッチコピーグラディウス局地戦に過ぎなかった!』のとおり、人類側の戦闘機ビックバイパー」やバクテリアン側の艦艇「ビッグコア」「ゼロス要塞」といったアイコンが登場し、同社のシューティングゲームグラディウスシリーズ世界観をモチーフとする。このため宇宙空間舞台とした、スペースオペラ的な恒星間・異文明間戦争を題材としている。

上記のとおりグラディウス世界モチーフとしているものの、地球リーダーローマ帝国色彩や、ヴェノム博士似のバクテリアン種族が登場するなど、アーケード版1やその各移植版作品世界よりも、どちらかといえばMSX版『グラディウス2(に)』の色彩が強い(ヘヴィメタル的要素はない)。
ただ本作における設定がその後のアーケードや、MSXなどの後継グラディウス世界にフィードバックされた形跡もないため、「グラディウス色彩を帯びた独自作品」と扱うのがよさそうである。


ストーリー


プロキオン系に、人類初めての恒星国家が築かれた。
宇宙歴はここに始まる。

最初の恒星国家立から約100年後、(宇宙106年)トライアングル国家が新たに誕生。その後数々の宇宙開発の発展と共に、人類は次々に新国家を成立していった。

宇宙
 230年、ダイヤモンド国家誕生。
 382年、カシオペア国家誕生。
 418年、ウサギ国家誕生。
 532年、オリオン国家誕生。
 604年、アンドロメダ国家誕生。

そして、宇宙639年、人類はケンタウル系の開発に着手した。しかし、同恒星シセインの第3惑星を調中の一行からの連絡が突然途絶えた。
緊急追跡調の結果、巨大隕石の衝突による事故と断定。翌年、本格的な原因調のため、多くの人探船が同惑星に向かった。

宇宙645年、帰還した人探船はわずかに一機。しかし、そこにもたらされた情報に人々は戦慄した。恒星シセインの第3惑星事故は、隕石の衝突などではなかった。何者かによる故意の攻撃で、調隊は全滅したのである。
人類は、未知の生命体と、最も悲劇的な出会いをしてしまったのだ。

宇宙649年、各系は未知の生命体からの攻撃を受けた。これに対し、全恒星国家は強団結のもと応戦。

ここに、いまだかつて人類が体験しえなかった壮大な宇宙大戦“コズミックウォーズ”が開始された。


ゲームとしての特色


これまでにも述べられたとおり、本来シューティングゲームである「グラディウス」の作品世界をもとにしたシミュレーションゲームであるが、このほかゲーム上の特色としては

  1. 相互ターン制をとっており、そのターンのなかでも艦隊建造や恒星間移動(ワープ)、占領惑星への投資などの行動フェイズを一巡して作戦行動をする
  2. 艦隊を構成するユニットに「フラグシップ」「空母」があり、前者はユニットを破壊された場合、こちらが優勢であってもその揮下の全艦艇が消失し、逆転されてしまう。後者空母は「ビックバイパー」や「バトルスーツ(人戦闘ロボット)」といった艦載機のワープの際に必要となり、空母ユニットが撃破された状態で艦隊がワープすると、艦隊揮下の艦載機が時かなた消失する。
    フラグシップは本来、艦隊官と幕僚の乗る「旗艦」の意味であり、現在水上艦隊においてそういった専門・専用の艦種があるわけではない。このため、海外版では「ワープベースWARP BASE)」という艦種となっている。
  3. 惑星攻撃・占領はどのユニットでも可なわけではなく、大ミサイルを用いた惑星攻撃用の艦艇が存在する。敵首都攻略勝利条件のため、必ず必要となる。
  4. エンディングムービーで愕然とする

関連動画


コズミックウォーズに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


■sm1459310[ニコ動]

■sm15136026[ニコ動]

2次創作動画もある

■sm10878591[ニコ動]
■sm11933841[ニコ動]


ちょっといいはなし


商業的には本作の前年に発売された任天堂ファミコンウォーズ』ほどの成功はなかったものの、宇宙艦隊を運用して戦うゲームということで銀河かまど伝説 『銀河英雄伝説ファンの注もおおく集まり、当時のゲーム雑誌『ファミコン必勝本』においても「余はこの系を欲する!」などといった台詞の登場する「どう読んでも銀英伝」といった感じの小説記事が掲載された。

フェイズ制や一発逆転も可フラグシップ制などの工夫の甲斐あって、ゲーム自体も初心者からボードSLGファンまで幅広く楽しめるものであり、思考ルーチン強化と処理高速化を施した続編・リメイクを待望するも根強い。


余はこの関連商品を欲する!


あまり関連のないものもある。

■azB000068HXX
■az488658148X
■azB003NURTQW
■azB007AG06AQ


関連項目



最終更新日: 14/01/25 19:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ