ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


コンプリートガチャ


ヨミ: コンプリートガチャ
掲示板をミル!
322カキコ!

概要


コンプリートガチャとは、かつて日本国内の特定オンラインゲームタイトルで運用されていたマイクロトランザクション課金サービス)の一種。略称として「コンプガチャ」という表記がメディア等も含めて用いられている。

各種ガイドライン文書上では、"ランダムで購入できる特定の2つ以上の異なるアイテムを全てえることを条件とした"等と定義される。品表示の法律に抵触していたため、2012年6月を以て全ての運用が終了した。


定義


有償サービスを通じてランダム提供されるアイテム(有償のガチャルートボックスと呼ばれるサービス品)

2つ以上の異なった該当アイテムえるという条件をクリアする。または、ゲーム内で合成や進化等といった組み合わせを行う。

先の条件を満たした場合のみ提供される品。

このようなサービスの仕組み全体や最後に提供される専用の品で利益を得るマイクロトランザクションが「コンプリートガチャ」と定義される。

有償サービスを通じてランダム提供される品をえることが前提であり、償で提供されるランダムアイテム無料ガチャ)のみの場合や、消費者が選択して購入できるアイテム等はこれに該当されない。また、本記事掲示板上でも散見される(>>3などの)誤解で、上記の専用の品を的としたものではいこと、つまり、単にランダム提供される(一般的に"ガチャ"と呼ばれているサービス単体の)品を集めること自体はプレイヤー個人のゲームプレイスタイルに過ぎず全くの関係である。

より具体的な例や詳細な定義等は消費者庁ウェブサイトと各種ガイドライン文書を参照してください。


評価


確率の話や心理効果の話に基づいた考察評価は人によって大分変ってくるので置いといて、ひとつだけ明確なのは結局のところ"品表示の法律に抵触していた"ということだ。これは「不当品類及び不当表示防止法」で禁止されている「カード合わせ」という手法であると消費者庁に判断されたためである。以下は先に紹介した消費者庁ウェブサイトより一部引用して掲載する。

カード合わせ」とは、どのようなものか教えてください。

カード合わせ」とは、2以上の種類の文字、絵、符号等を表示した符票のうち、異なる種類の符票の特定の組合せを提示させる方法を用いた懸賞による品類の提供のことをいいます(懸賞品制限告示第5項)。

例えば、事業者が菓子パッケージの中に絵柄の異なる任意のカードを1枚入れた上で消費者からはどの絵柄のカードが入っているかが分からない状態で販売したり、複数の形状の商品を用意した上で商品のパッケージ中にどの形状の商品が入っているのかが分からない状態で販売したりして、それら異なる絵柄のカードや異なる形状の商品のうち特定の2以上の異なる絵柄のカード又は異なる形状の商品をそろえた消費者に対して品を提供するような場合がこれに当たります。

なお、こうした方法は、「カード合わせ」のほか、「絵合わせ」、「字合わせ」などとも呼ばれることがあります。


オンラインゲーム上のひとつのサービスに対して細かい定義があったり、ガイドライン文書が存在しているのも、こうした事情のためである。次の項ではコンプリートガチャが問題視され終了するまでの当時の様子を時系列の形で記述する。なお、全面訂を行う前の本記事の初版はその当時に投稿されたもので、に時事的なものを扱う内容でもあった。バズワードのような扱いで、肝心の"コンプリートガチャとは何か"という説明文がメチャクチャでほぼデタラメの状態だった)


当時の様子


2012年4月24日

消費者庁長官記者会見において、読売新聞記者からソーシャルゲームについての質問があり、品表示法において問題があると発言。ソーシャルゲームラットフォーム連絡協議会において、ガイドライン作成についての話し合いがなされる。

2012年5月5日

コンプリートガチャに対して消費者庁が「品表示法(不当品類及び不当表示防止法)違反」として、各ゲーム会社に注意喚起する予定との報道があった。

2012年5月7日

東京市場で関連会社のが軒並み下落し、各種メディア上で「コンプガチャショック」と報道された。

2012年5月8日

松原内閣府特命大臣(当時)の記者会見にて「一般論だが、品表示法で禁止されている『カード合わせ』という手法に該当する可性がある」と述べる。

同日、グリー田中良和社長決算説明会の冒頭で「当社および関連企業による6社連絡協議会において、様々なご摘やご意見等があった場合には、摯にを傾け、利用環境向上という的に対して適切に反映させていきたいと考えております」と説明した。

2012年5月9日

NHN Japanグリーサイバーエージェントディー・エヌ・エードワンゴミクシィの6社が、コンプガチャを5月末までにサービス停止すると決定との報道

以降、バンダイナムコゲームスおよびバンダイナムコオンライン等、ソーシャルゲーム以外の他プラットフォーム事業者からも続いて該当するサービスの運用を5月をもって終了すると発表された。

2012年5月18日

消費者庁が「コンプガチャは品表示法で禁止されている『カード合わせ』という手法に該当する」との見解を正式に示し、運用基準の正案を発表。

2012年5月25日

ソーシャルゲームラットフォーム連絡協議会が自主規制的とした「コンプガチャガイドライン」を策定、発表。同ガイドライン6月1日から運用開始し、各プラットフォームで提供されるゲーム(自社製、他社製を問わず)におけるコンプガチャを6月末日までに全に止することを決定。

2012年6月

コンプリートガチャと定義される該当サービスは全て終了した。以降は新たに運用されることもなく存在していない。


関連記事



関連リンク


任意の当選確率を入することで該当サービス利用のシミュレーションができるウェブサイト。専用の当選には実際どれぐらいの額が必要になるのか、当時の利用者がどれぐらいの料を支払っていたか参考になるだろう。


最終更新日: 18/08/08 17:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ