ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴウラム


ヨミ: ゴウラム
掲示板をミル!
17カキコ!

ゴウラムとは、仮面ライダークウガに登場するである。


概要


古代グロンギと戦う戦士クウガ支援するためにリントが開発したクワガタ機械クウガが用いる乗り物古代では)に装着しのような役割を果たした事から「」と言われる。ゴウラムがくっ付いた乗り物は性が向上する。
中を時速500キロで移動し、クウガの呼びかけによって現れてとなる。

現代ではの代わりにバイクにくっ付き、グロンギの追跡や運搬に使われたり必殺技を放ったりしている。しかしゴウラムにはエネルギーが存在し、エネルギー金属片。長時間として使用したり必殺技を放ったりすると体内のエネルギーが枯渇し、ゴウラム自身が複数の金属片に分かれてしまう。アークルと同じようにゴウラムには霊石アダマムが埋め込まれており、必殺技などを使用してゴウラムのエネルギーが尽きた時は、クウガがそのアダマムに触ることで周りの金属片を自動で収集してエネルギーを再チャージする。またクウガをぶら下げて運ぶ事が出来るが、その時は時速250キロにまで速度が低下する。
また独自のAIを搭載しているらしく、古代リンを喋る(五代雄介を演じたオダギリジョーを加工したもの)。ちなみに古代リン英語モチーフにしている。

と言われるだけにゴウラムは非常に硬く、メ・ギャリド・ギの駆る大トラックに轢かれても傷だった。

作中では物語中盤で九郎ヶ岳遺跡から発掘される。その時はまだ複数の金属片に分かれていたが、ゴウラムを東京へ運ぶ途中で立ち寄った長野諏訪インターチェンジで一つの体に戻り、トラックから脱走。単身でクウガのいる東京に向かった。その後はクウガと合流し、グロンギとの戦闘活用されていった。

その一方で、万が一クウガ古代破壊者として恐れられていたアルティメットフォームへと変化した場合、ゴウラムもまた殺戮の具として使われないよう自動的に砂となって消滅するようにセットされていたが、五代は自を保ったままアルティメットフォームに進化したため、その安全装置は働く事はなかった。


トライゴウラム


トライチェイサー2000にゴウラムが融合した形態で、オフロードバイクに近かったトライチェイサーだがこの形態だと厳つい装甲車のようなシルエットとなり、前方に突き出すの牙のような2本の衝が特徴となる。

最高時速は約400km/hにまで上がり、も自身よりも巨大なトラックを横転させるほどのものを叩き出し、そしてその牙に封印エネルギーを集束させてグロンギに突撃する「トライゴウラムアタック」を必殺技とする。

なお、トライチェイサーの合体の際にはクウガの武器変化と同じ要領でトライチェイサーのシャーシを大きく変化させるのだが、そのため合体時にはトライチェイサーに大きな機体への負担を掛ける事となり、それが元で後のゴ・バダー・バ戦にてトライチェイサーは大破してしまった


ビートゴウラム


トライチェイサー2000の後継機であるビートチェイサー2000にゴウラムが融合した形態。
全体的なシルエットトライゴウラムとほとんど変わらないが、最高速度は570km/hまで向上した。

ビートチェイサー自体がゴウラムとの合体を想定した設計になっており、連続での合体が可となっている。
しかし、この頃では“ゴ”のグロンギが倒される際に発生する大爆発がさらなる二次災害として問題となっていたため、ビートゴウラムは人気のない地下洞や採石場などにグロンギ拘束して運ぶのに使われる事が多くなった。


ライジングビートゴウラム


ビートゴウラムがクウガが新たに発揮したライジングフォーム”に対応して誕生した形態。
フロントカウルやマフラー部に色の装甲が追加されているのが特徴で、その最高時速は700km/hにまで達している。

ゴウラムアタックに至ってはさらに強大なエネルギーも付与され、ゴの中でも上位に位置する戦士であるゴ・バベル・ダを一撃で粉砕する威を得るに至ったが、ライジンビートゴウラムの使用もこの時の戦闘のみである。

また、このライジング化に伴ってゴウラムはクウガが“凄まじき戦士=アルティメットフォーム”へと変化しつつある事を感知してか、バベルとの戦闘の後、ゴウラムの体色が色褪せる現が起こっている。


クウガゴウラム


仮面ライダーディケイド』にて小野寺ユウスケ変身するクウガディケイドちょっとくすぐったいファイナルフォームライド”によってゴウラムそのものへと変化した姿。

バイクとの合体はないが、中を高速で疾駆する高い飛行を発揮し、劇中ではディケイドとの連携技「ディケイドアサルト」を持ってン・ガミオ・ゼダを撃破した。


小話


実は、当時に出版された児童書にはバイクにくっついた状態で水中に潜行しようとするスチル写真があった。「水の中や土の中を潜れる」という記述もあり、本編で披露されなかっただけで水中や地中への潜行を秘めている可性が高い。また別の児童書では「トライゴウラムアタック」という本編には必殺技を披露しており(何故か相手は飛行メ・ギイガ・ギである)、バイクにくっついた状態でも飛行していた。


関連動画


ゴウラムに関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


■azB001M1GD48
■azB008ZXSEYI
■azB00HQXJNNO
■azB00EID10DQ


関連コミュニティ


■co7510


関連項目



最終更新日: 16/01/01 19:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ