ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴジラ


ヨミ: ゴジラ
掲示板をミル!
4698カキコ!

ゴジラ」とは東宝製作怪獣映画シリーズの通称、またはその役の怪獣である。その高い知名度故に、ゴジラとあだ名される人物もいくつか存在する。そちらについても当記事下部にて解説する。

シリーズ全体の解説については「ゴジラシリーズ」を参照。


概要


ゴジラは、世界で最も多くの作品が作られた大人怪獣であり、キングコングと並び、おそらく世界で最も有名な怪獣

別名は「水爆大怪獣」。しかし、今となってはその類の存在感から「怪獣王」と呼ばれている。

50mから100mに及ぶ巨体、い体、長い尾と大きな背びれ等が特徴。人間の住むに現れては強い放射能放射熱線を撒き散らして暴れまわり、ミサイルロケットなど現実的な火器はおろか、メーサーおよびビーム兵器といった架の武器すらほぼ通用しない。

映画製作のきっかけは日本の漁船が米国水爆実験に巻き込まれて被曝した第五福丸事件とされ、第1作ではどこかのが行った核実験の影海底に潜んでいた古代生物突然変異を起こしてゴジラが誕生したと言われる等、その影が色濃く現れている。

トレードマークとも言えるい(初期はい、たまにい)放射能熱線は、勢い良く吐く息に多量の放射能が含まれたものである。また特徴的な鳴きコントラバス松ヤニを塗って出したとも音を逆再生して作ったとも回しして作ったとも言われている。


怪獣としてのゴジラ



昭和シリーズ


名前の由来は日本で最初に上陸した大戸の伝承にある海神「呉爾羅」の名から。

身長50mほどのジュラ紀に生息していたという爬虫類と陸生哺乳類の中間的な巨大生物で、ビキニなど南太平洋海底洞窟で生きていたが、同域で水爆実験が行われた結果住処としていた洞窟が崩壊、さらに撒き散らされた放射能を取り込んだ事で性質も変化し、口より極めて高温かつ放射能も含んだ火炎のような=放射熱線を吐くを獲得するにまで至った(発射の際には背びれが発する)。

性格は獰猛で、さらに水爆実験の経験から“しく強いに反応して敵意を示す(一説には「自分の住処を奪った人間を憎んでいる」とも)”という性質があるとされ、人間の住む環境である都市部に現れてはしい破壊活動を行う。

この一番最初に現れた個体は博士の開発した酸素破壊剤「オキシジェン・デストロイヤー」を浴びて討伐されたが、『ゴジラの逆襲』にて二頭の個体が新種の古代生物であるアンギラスと共に確認された。この二頭は当初こそ初代と同様に暴で、人間はおろか他の怪獣とも幾度なく突していたものの、『怪獣大戦争』以降は割りと大人しくかつ知性的な性格へと変貌し、最終的には宇宙からの侵略者などから地球を守る守護獣的な存在となっていった。

他にも“宇宙シェーをする”、“息子を育てる”、“熱線を後ろ向きに吹いてを飛ぶ”、“怪獣同士でフキダシで会話する”など時代の需要に合わせたコミカル人間臭い仕や行動を取る事も大きな特徴で、ゴジラのデザインも作品を経るに連れて怖いと言うよりどこか可げのある姿へと変化していった。


平成シリーズ


84年版より始まった平成シリーズにおいては設定が大幅にリファインされ、身長は約80mに変更された。顔付きは当初こそまだ昭和世代の面影を残したずんぐりとした身体に大きな頭という感じだったが、『VSビオランテ』からは微妙に体全体のバランスが修正され、顔もやや小顔でも鼻が長いものになった。以降のシリーズではこの形態がスタンダードとなる。

口からの放射熱線も一撃で巨大建造物を粉砕するほどの威を持つビームのような武器として描かれており、また口だけでなく体全体から熱線のエネルギー拡散放射するも獲得し、平成後期においてはさらにその出が高まると熱線の色はから紅になって破壊が飛躍的に向上、それがトドメとして使用されるようになる。

他にも“原発の放射性物質をエネルギーとして取り込む”、“火山の火口に落ちても生きていられる”、“その細胞は他の生物怪獣化させてしまう特殊な遺伝子を持つ”など、昭和とは別の意味で常識外れな性質を数多く有する。

VSキングギドラ』ではそのルーツはかつてあるに生息していたゴジラザウルスという恐竜が核実験の影怪獣へと進化を遂げたものであるとされ、このゴジラザウルス未来人の策略で核実験に遭わない場所に移されたが、そこにも放射性物質が放置されていた事から結局ゴジラザウルスはゴジラに成長、さらにその身長100m台にまで巨大化してしまう事となる。

性質はとにかく暴かつ獰猛で、常に人類とは敵対関係にあるなど昭和期のようなコミカルさは一切いが、一方で強い同族意識を持っており、『VSメカゴジラ』や『VSスペースゴジラ』では前身のゴジラザウルスの生き残りであるベビーゴジラを己の命を賭して守ろうとする面が描かれ、そのベビーゴジラと一緒にいる際には総じて大人しくなる傾向も見られた。

しかし、『VSデストロイア』にてそのベビーゴジラ(が成長したゴジラJr)と一緒に住んでいたが消滅すると体内の核分裂る器官が暴走地球全土を焼く尽くす核爆発しいてはメルトダウン寸前の状態に陥ってしまい、最終的にゴジラはその熱によって身体が溶解して滅び去るが、ゴジラJrがその際に飛び散った放射能を取り込んで新たなゴジラへと進化を遂げた事が示唆されている。


ミレニアムシリーズ


シリーズとされているものの作品ごとに世界観が違っており、ゴジラの生態や姿形もそれぞれで大きな差異がある。熱線の色も作品によってだったりだったりする他、だいたいの個体の身長設定も基本的には約50mから60mだが、『GFW』のみ100mとなっているなど作品ごとの変遷がしくなっている。

2000』と『×メガギラス』に登場する個体はより爬虫類的なデザインラインで、背びれも燃え盛る炎のような形状となっているなどvsシリーズとは大幅なイメージの変更が成されている。両者とも似てはいても作品的には別個体なのだが、共通して人間の生み出すエネルギーを憎み、発電所やそのエネルギーを開発する研究施設を狙って破壊するという設定になっている。

GMK』では全体的にvsシリーズのゴジラのバランスめたような恰幅の良い体をしているが、何よりもは瞳のない白目という不気味な顔付きが特徴で、さらに太平洋戦争で死んだ数の人間念が生み出した概念的な怪物として人類そのものに直接的に牙を剥いているなど、今までの個体以上に悪な存在として描かれている。

×メカゴジラ』および『東京SOS』は一の連作で、全体的なゴジラの形態は『2000』や『×メガギラス』のものに近いが、細部の特徴には大幅な変更が加えられている。同シリーズでは昭和平成期で描かれていた強い同族意識が全面に押し出されており、機の素体に使われた先代ゴジラの格を取り戻そうとして再び日本に上陸し、その機と二度に渡り突する事になる。

『GFW』においてはボディラインはよりシャープかつスタイリッシュな何よりも“動き”を重視した姿が特徴で、その機動性と戦闘は大幅に向上、熱線も複数の怪獣をまとめて焼き払える威を誇り、射程も衛星に近い位置まで届くほど伸びている。性格もやはり好戦的でかつて自分を破った号を執拗に追跡し、その中でも立ちはだかる侵略者の操る怪獣達をことごとくねじ伏せていくが、最終的には同族であるミニラとの再会により戦意を放棄しへと去るというラストとなった。


2010年以降


そして約12年ぶりに日本での復活となった『シン・ゴジラ』の個体は最終的な身長が118.5mと今まで最高とされた2014年版ゴジラを軽くサイズになっている。

その体付きは下半身こそずんぐりとしていて尻尾は身体より長大であるが、一方の上半身はやや細身で両腕もかなり小振りなという過去の個体とべても異質な形態を持ち、全身も冷えて固まりかけた溶岩の如くいがが漏れる表面が焼け爛れて筋繊維が剥き出しになったような漆黒の表皮に覆われているという『vsデストロイア』での状態の個体を思わせる痛々しい見たが特徴。
何よりその頭部に至ってはどことなく初代のものに近い造形でありながら極端に小さい死んだのような感情の感じられない、不いの小さな数に生えた大きく裂けた口と凄まじく恐ろしい顔つきであるという、ある意味で初代どころか上記の2001年版のゴジラ以上に禍々しい存在感を放っている。

ビジュアルだけではなくその基本設定においても従来にはなかった大胆な設定がいくつも加えられており、1950年代の核実験ではなく、それ以降に生み出された核廃棄物の影による海洋生物の変異体が起という全く新しい出自に加えて、さらに劇中で両生類のような第1形態から第2形態、そして爬虫類のような第3形態および第4形態への直接的な変化が描かれるなどの新なゴジラ像を作り出した事でファン内外でも大きな話題を呼んだ。

2017年から2018年にかけて全3部作として連続開されているアニメ映画版『GODZILLA』でのゴジラは本編における身長設定が驚動地の300mに達しているという第1章の開前に宣伝された通りの歴代最大級のスケールを誇っている。

デザイン2016年版の個体とべると割とスタンダードとも言えるスタイルだが、筋肉質でマッシブな体付きのボディに較的細めの四肢という独特なプロポーションを持ち、一方の頭部は割と小さめで、には牙も生えてなければ両もどこか穏やかそうな眼差しだったりと、むしろそれほど暴そうには見えない顔立ちをしているのも大きな特徴である。

明確な誕生経緯はまだられていないが、生物的な分類においてもそのルーツ動物ではなく“植物”にあるというこれまた過去シリーズの個体とは一線を画すコンセプトに基づいて作られており、それだけでなく作品の歴史設定では初出現から十数年の間に世界規模での破壊活動を展開して人類を滅亡寸前の事態にまで追いやり、その後も2万年もの歳の中で成長を続け、最終的には人類をえる地球の支配者「ゴジラ・アース」として地上に君臨したとされている。


その他


他にも1973年東宝制作したヒーロー物のTV番組『流星人間ゾーン』においては主人公ゾーンファイターに味方するゲスト怪獣として何度かゾーンファイターと共演している。

ゴジラ座

2018年10月NASA世界の研究機関からなるフェルミ・ガンマ宇宙望遠研究チームが、観測衛星打ち上げ10周年を記念して星座「ゴジラ座」を決定した。これはガンマバーストを起こす体を結んだ星座で、ガンマバーストがゴジラの熱線をイメージすることから選出されたという。他にもハルク座や王子様座なんてものもあるらしい。

なお天文学連合の定める88星座とは異なるので、89に加えられることはないと思われる。


登場作品



昭和シリーズ



平成vsシリーズ



ミレニアムシリーズ



2010年以降のシリーズ



海外作品



音楽



ゴジラのテーマ


作者伊福部昭


次へ»
最終更新日: 19/06/11 06:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ