ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴジラ(1954年)


ヨミ: ゴジラ
掲示板をミル!
86カキコ!

ゴジラとは、1954年開されたゴジラ映画第1作である。


概要


1954年11月3日開。
日本を代表するスター怪獣ゴジラがはじめてスクリーンに姿を現した作品で、以後のゴジラの逆襲1955年開)からゴジラ FINAL WARS2004年開)までのゴジラ映画はこの第1作を起点としている。
シン・ゴジラ2016年開)は本作品のゴジラを起点としてはおらず、ゴジラとしては初めて1954年に最初のゴジラが出現していないという設定である。

水爆実験放射能で変異を遂げ覚醒した怪獣ゴジラが、東京へ上陸し人々を恐怖の渦へ陥れるというパニック映画
当時の日本広島長崎への原爆投下からわずか9年しか経っておらず、くわえて開年3月にはビキニ環礁の水爆実験で第五福丸が被爆する事件が起こったばかりと、核兵器放射能への関心や恐怖が高い中での開となった。

キングコング」以来続いていたコマ撮りストップモーション)撮からさらに一歩進んだ、着ぐるみミニチュア撮の手法が今作で確立された。円谷英二をはじめとする東宝スタッフが全を注いだ「特撮」は、巨大怪獣ゴジラの迫を見事に描き切り、敗戦国が作り上げた映画とは思えない完成度だとして世界中を驚かせた。
評論家筋からはゲテモノ扱いを受けたものの、行としては大成功を収め、次作「ゴジラの逆襲」の製作がすぐに決まる事となった。
現在は、60年経っても色あせない特撮なども去ることながら、終戦直後の時代性を色濃く映した内容が、シリーズでも二のものとして評価されている。ファンからの評価・人気トップクラスに高い。

ちなみに、ストーリー元ネタは、前年に開されたアメリカ映画「原子怪獣現る」。これを下敷きとして、生みの親である田中友幸が企画した「海底二万里からきた大怪獣」(仮題)が原案であった。

登場怪獣ゴジラのみ。このゴジラは最終的に芹沢大助博士オキシジェン・デストロイヤーにより葬られるが、オキシジェン・デストロイヤー悪用を危惧した博士も自ら命を絶っている。しかし後年その博士ゲーム巨大化して復活している。

何故か新聞が映るシーンで「エロ本」という文字が2箇所も確認できる(リマスター版だとわかりやすい)。


ストーリー


大戸島で異変が起こっていた。
の長老でも驚くほどのひどい時化が起こり、さらにはの発と共に船が失踪するようになったのだ。
そしてあるの日、何か巨大なものがに現れ、々を踏みつぶして村を壊滅させた。

すぐに調隊が結成され、古生物学者の山根もそのひとりとしてを訪れた。
そこにあったのは、何かの足跡としか思えない巨大な、そしてその中に残る、今や絶滅したはずの三葉虫死骸と強い放射能だった。

混乱する山根達の前に、凄まじい足音と共に、とうとうその跡のが姿を現す。
それは、どう見ても50メートルはある巨体を持った、ジュラ紀の生物だった。
度重なる水爆実験によって、太古の爬虫類覚醒したのだった。

大戸島伝説に従ってゴジラと命名された巨大怪獣は、なんと首都東京へと向かっていた。
日本政府は直ちに迎撃するものの、水爆すら耐え抜いたゴジラの進撃を止めることはできず、とうとう東京への上陸を許してしまう……。


他作品との関連


続編で1955年開の「ゴジラの逆襲」、1995年の「ゴジラVSデストロイア」などとはシリーズ作品の中でも関連が深い。

特に「VSデストロイア」は、シリーズ完結編として今作を強く意識して作られたため、敵怪獣デストロイアオキシジェン・デストロイヤーによって生み出されるなど、今作との結びつきが非常に強い。本作のヒロインである山根恵美子が40年越しに再登場(演者も同一人物)している他、本作に登場した人物のその後もられている。

また、1984年の「ゴジラ」やミレニアムシリーズなど、それまでの設定をリセットして作られたシリーズ作品は、今作との繋がりが深い傾向にある。
ミレニアムシリーズでは、本作の設定を一部変更して継承していることが多い。2001年の「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」ではオキシジェン・デストロイヤーが使用された事は一般には知られていない他、翌年の「ゴジラ×メカゴジラ」ではが溶けていない設定になっている。


ゴジラ


今からおよそ二万年前、このブロントサウルスや恐竜が全盛を極めた時代、(中略)極めてまれに生息していた、爬虫類から陸上爬虫類進化しようとする、中間生物であったとみて、差し支えないと思われます。
仮にこれを大戸島伝説に従って、呉爾羅ゴジラと呼称します。

――山根

身長:50メートル
体重:20,000トン

海底で現代まで生き延びていたジュラ紀の生物が、水爆実験によって住処を追われ、さらには放射能突然変異を遂げて生まれた巨大怪獣
ティラノサウルスなどの盤類が逞しくなったかのような、どっしりとした形のな体をしている。

水爆被害からも生き延びる強な生命耐久を持ち、劇中では、既存の兵器では撃退不可能と推測されている。
また、強な肺活量でもって、放射能を大量に含んだブレスを吐きつけることができ、これを浴びた物質はすべて溶解・発火してしまう。

覚醒後、大戸島周辺で活動を開始し、通りがかる船を片っ端から沈めて回り、ついにはへ上陸。全高50メートルの巨大を人類の前に現して衝撃を与えた。
ついには東京へ到達すると、人類側の攻撃もむなしく2度にわたって上陸。国会議事堂や日本橋三越など当時の東京ランドマークをことごとく破壊し、東京を火のにした。
その後、東京海底に潜んでいたが、芹沢博士によってオキシジェン・デストロイヤーの攻撃を受け、討伐された(周囲の酸素分子を破壊され溺死したのか、それとも体内の酸素分子を破壊されたことで・あるいは微小化した酸素分子が体を構成する分子を破壊したために死亡したのかは不明。少なくとも、まで残らず溶解した)。

後の作品のゴジラべると、どっしりとした体つきと、ギョロリとしたつきが特徴的。
着ぐるみは、タイヤゴムつなぎ合わせたかのようなとんでもなくごつい代物で、90100キロもあったと言われる。
また、鳴きが、コントラバスの弦をこすって発した音を加工して作られたというのは有名な話だが、今作は後の作品とべるとかなり雰囲気の違うものとなっている。


主な出演者



関連動画



■sm4548370[ニコ動]

■sm8427238[ニコ動]


関連商品


■azB000XFZMBE
■azB002DUH7FG


関連項目



最終更新日: 16/08/14 20:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ