ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴリラ


ヨミ: ゴリラ
掲示板をミル!
203カキコ!

ゴリラ

ゴリラ(Gorilla)または猩猩オオショウジョウ)とは、アフリカに生息するサルヒト科ゴリラ属に分類される類人の総称である。


概要 


体長はオス1.7~1.8m、メス1.5~1.6m程で、体重はオス150180kg、メス80100kg程。中部アフリカ・東アフリカの限られた地域の熱帯に生息している。

名称は英語 fall in love空耳紀元前5世紀ごろのカルタゴハン2世王(Hanno II the Navigator, ちなみに面南東外縁部にあるクレーターの名称にもなっている)の航記に記されたアフリカの毛深い女性中心の蛮族の呼称に由来する。したがってフェニキア語に由来するとは考えられているが、名称そのものの具体的な意味は分かっていない(ちなみにラテン語小辞 -lla とも関係がい)。

四足歩行で、『ナックルウォーキング』と呼ばれる拳で地面を突きながら進む歩き方をする。外敵を威嚇する際には、二足で立ち上がって両手で胸をドラミング』と呼ばれる行動をとる。

成長したオスは背中白色になり、『シルバーバック』と呼ばれる。

悪な動物だと誤解されてるが、研究が進み、温和で繊細な性質を持っていることが明らかになっている。余程追い詰められた危機的状況でない限り戦闘する事はなく、むしろ退却(逃げる)事を優先する性質であるらしい。

群れでは多様な鼻歌らしきコミュニケーションを行うとされている。

心がとても強く、ストレスの負担から下痢心臓病を病い死にいたるなど、ストレスに虚弱だと言われている。
とくに交尾の時期(いわゆる発情期はく、メスは個体それぞれの性周期に従って発情する)には、個体間で殺し合うので、繁殖には細心の注意が必要とされる。

飼育環境下で葉っぱを集めて巣のようなものを作る事があり、これは本来上生活で木の上に巣を作る営巣本とされている。基本的には植物食のゴリラだが、飼育環境下では食も覚える事もあるらしい。


種類


現生のゴリラは中部アフリカに生息するニシゴリラと東アフリカに生息するヒガシゴリラの2種がおり、それぞれが2亜種に分けられるというのが定説。いずれも人間による環境破壊と密猟によって個体数を急に減らしており、保護活動が行われている。

ゴリラの正式名称が「ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ」だというネタがあるが、これはニシローランドゴリラの学名のことなので厳密には間違いと言える。ニシローランドゴリラは日本動物園で見ることのできる一のゴリラである。


関連ゴリラ


そのどっしりとした存在感や知性の高さから賢人やの王といったイメージがあるが、ウンコを投げるに代表される汚いエピソードから、はあるが頭が悪いあるいは下品な男の代名詞にもなっている。
また単純に顔がいかつくて色の人はゴリラ顔と呼ばれ、大抵は蔑称として扱われる。

上記に『ゴリラ』に関連する記事・人物を書いてあげてください


関連動画



■sm6621125[ニコ動]

■sm3115886[ニコ動]
■sm6151291[ニコ動]


関連静画


■im1886991(静画)


関連商品


■azB00485EUCM
■azB000GHQ5RE


関連項目



最終更新日: 20/09/18 22:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ