ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ゴールデンバウム朝銀河帝国


ヨミ: ゴールデンバウムチョウギンガテイコク
掲示板をミル!
133カキコ!

ゴールデンバウム朝銀河帝国とは、小説OVA銀河英雄伝説」に登場する架国家
始祖はルドルフ・フォン・ゴールデンバウム首都はヴァルハラ惑星オーディン


名称について


作中では、ローエンラム成立までは両共に銀河帝国または帝国と呼称。新王成立後は区別する意味で旧王と称される。本稿では歴史的な観点からゴールデンバウム朝銀河帝国とした。以下、特に断りがない限りは銀河帝国または帝国と記す。 


歴史・成立前


西暦2801年、世界初の脱地球的統一政体として成立した銀河連邦はこの年を宇宙元年とし、人類の生存圏拡大に着手。初期から中期にかけて飛躍的な拡大を遂げ、のちに人類の黄金時代と呼ばれる繁栄を謳歌した。しかし、長すぎる平和ワープ航法の技術的限界、さらに宗教を中心とした精文化の消滅と言った要因も重なり、末期には中世的停滞と称されるほど退化してしまう。

宇宙268年に銀河連邦の軍人庭に生まれたルドルフ・フォン・ゴールデンバウムはこの状態を憂慮。軍人として宇宙海賊との戦闘で活躍し、宇宙296年には少将に昇進。そのまま退役し政界に進出。若手代議員を結集した国家革新連盟を率いて革に辣腕を振るう。熱な大衆の支持を得ることに成功したルドルフはさらに権握すべく、不文によって禁じられていた銀河連邦首相国家元首職を兼任。のちに終身執政官を名乗り、さらには宇宙310年(帝国元年)に至って自らにして不可侵たる」銀河帝国皇帝ルドルフ1世を称し皇帝に即位。歴史上初の人類統一王を成立させた。


成立後~自由惑星同盟まで


皇帝即位まで大衆の支持を得ていたルドルフであったが、即位後は反体制の弾圧を強化。社会秩序維持局を通じ、拷問・流刑・裁判によらない殺など非人的な政策を推し進める。やがてその狂気は一般民衆へも向けられることとなった。帝国9年には劣悪遺伝子排除法[外部]を制定。身体障者・精異常者とみなした人間安楽死・断種・ロボトミー手術で廃人にする、福政策の撤など圧政を敷く。一方、建の功臣に対しては優れた遺伝子を持つ者として優遇し、爵位や免税特権を与えるなどのちに帝国を支える貴族制度の礎を築くこととなった。

これら一連の悪法や弾圧には大衆も鼻み、帝国議会に一部残っていた共和勢が巻き返しを図るが、これに対しルドルフは議会の解散を宣言。名実ともに専制君となり、もはや反対勢皆無となった。ルドルフ生存中、一説によれば全人類の十分の一がその圧政により命を失ったと言われる。

帝国42年、ルドルフが崩御すると共和義者の残党は一斉起するが、後をついだルドルフの長女の子ジギスムント1世である帝国宰相ヨアヒム・フォン・ノイエ・シュタウフェン公爵の活躍、さらにルドルフが半世紀に渡り築いた常備軍と官僚組織の強固さの前に反乱は鎮圧される。共和義者およびその縁者は基本的人権をはく奪され、辺域に農として送られ、ここに帝国の荘園制・貴族社会確立した。


自由惑星同盟からラインハルト台頭まで


帝国の支配はもはや揺るぎないものに思えた。しかし、長い平和と飼いならされた領民が増えすぎたため、官も相対的に低下。 帝国164年、奴隷階級としてアルタイル系において強制労働に就かされていたアーレ・ハイネセンらが系を離脱、未知の宇宙して逃亡すると言う事件が起きる。帝国側は当初、全くこの事件に関心を示さなかったが、帝国218年に居住可惑星を持つ安定した恒星群へと到達。宇宙を復活させ自由惑星同盟の建を宣言する。帝国331年、ついに帝国に発見されダゴン域で大規模な艦隊戦が発生。帝国側の油断と揮系統の混乱自由惑星同盟側の士気の高さと将兵の優秀さもあり、帝国歴史的な大敗北を喫する。

混乱の中で位についた第23皇帝マクシミリアン・ヨーゼフ2世帝国の立て直しに着手。民政を重視し、劣悪遺伝子排除法を有名実化するなど一定の成果を挙げる。これにより同盟と帝国民衆が手を組む最悪の事態は避けられたが、同時に内政を優先せざるを得ず大規模な遠征は行えなかった。後をついだ第24代皇帝コルネリアス1世は逆に大規模親征を挙行。一時は同盟首都ハイネセンへと迫る勢いだったが、帝国で宮廷クーデターが発生したために撤退を余儀なくされる。この撤退戦は厳しいものとなり、以降の親征は行われなかった。

一方の同盟も帝国からの流入者の増大で量的な膨を遂げたが、彼らの中には宮廷闘争に敗れた貴族犯罪者も混じっており、質的な変遷は避けられなかった。しだいに建の精は忘れられ、ただ反帝国のみをよりどころとした政治的紐帯をもとに戦闘が行われる事態が常態化して行く。この間隙をつき、帝国373年には地球出身の商人レオポルド・ラープが賄賂と計略をもってフェザーン系の第二惑星に自治領を建設。帝国フェザーン自治領を名乗る。彼らは帝国と同盟の交易を独占し、その権益を守るために裏に表に現状維持政策を追求。巧みに軍事の均衡を維持し、宇宙は三立の趣さえ帯びはじめていた。


ラインハルト台頭~滅亡まで


この永遠に続くかと思われた戦乱の終結には一人の時代の寵児誕生を待たねばならなかった。帝国4673月14日帝国首都オーディンに下級貴族セバスティアン・フォン・ミューゼル長男として生まれたラインハルト・フォン・ミューゼルは、を第36代皇帝フリードリヒ4世に奪われたことから皇帝ひいては帝国とその貴族制度を憎み打倒を決意。軍人として大きな戦果を挙げ、帝国487年には元帥に昇進。同年にフリードリヒ4世が崩御すると、クラウス・フォン・リヒテンラーデと共にエルウィン・ヨーゼフ2世を擁立。不満を抱いたオットー・フォン・ブラウンシュヴァイク帝国貴族はリップシュタット貴族連合を結成するも、民衆の支持を得たラインハルト営の前に惨敗を喫する。戦後、中央政界から貴族は追放され、荘園や免税特権は解体・はく奪された。同時に彼ら貴族によっていた皇帝の権も急速に衰えて行き、ゴールデンバウム王はその権を実質的に失うこととなった。

帝国489年、エルウィン・ヨーゼフ2世フェザーンに亡命していた貴族の手により同盟へと亡命。ほどなく位され、第38代皇帝に生後8かカザリン・ケートヘン1世が女として即位した。同年、ラインハルトラグナロック作戦と呼ばれる同盟への大侵攻を挙行、同盟を併する。オーディンに帰還したラインハルトは満を持してカザリン・ケートヘン1世の親権者ペクニッツ公爵を通じて退位を強制させ、自らに位を譲渡させた。

これにより38代490年に渡ったゴールデンバウム王は、その終焉を迎えたのである。


社会と軍事制度


言うまでもなく専制君主制ルドルフ時代は皇帝による親政が行われていた。各庁のリーダーが尚書として皇帝に直接仕える方式もその名残である。もっとも、第2代皇帝ジギスムント1世の時代には帝国宰相が置かれ、その後は親政が行われるかどうかはその皇帝と性格によっていたようである。ただし、歴史が下るにつれ帝国宰相は「歴代皇帝オトフリート3世の項に後述する理由によって位の事が多くなり、務尚書が実際の政を導するようになった。

これら帝国組織の他にも、後述する各帝国貴族には領地において広範な自治権が与えられており、ブラウンシュヴァイクやリッテンハイム侯のように私兵を持つ者、アルテミスの首飾りをフェザーンから購入した(OVA版)カストロなどの例が存在する。このため地方反乱も頻発しており、必ずしもその権威は一枚岩とは言えなかった。

軍事については同盟と技術的な差はほとんどなく、あったとしても直ぐに対抗手段が取られていたとする描写が存在する。ただし、末期からローエンラム期までしい争奪戦が行われたイゼルローン要塞、それよりやや旧式小とされるものの貴族連合の拠点となりワープによりイゼルローン戦に導入されたガイエスブルク要塞など、静的な兵器については明らかに同盟を上回っていた節もある。その理由としては、同盟がアッシュビーを中心とした機動戦論者が幅を利かせていたことと、第2次ティアマト会戦での大敗により帝国が防衛戦を志向したことが大きく、またその体制故に的にも潤沢であったことが挙げられる。また、向性ゼッフル粒子の開発は帝国が同盟に技術的に先んじた例といえるだろう。

その他同盟との違いについては階級に上級大将が設けられている点が挙げられる。これは開祖ルドルフがかつてのドイツ軍を模したとも考えられるが(ただし、旧ドイツ軍には准将が存在せず将官は少将から上級大将までの4階級だったのに対し、銀河帝国軍には准将が置かれ将官は5階級制という違いがある)、軍組織が巨大過ぎる故に大将率が大きく、かと言って全軍の最高指揮官である元帥を増やす訳には行かないと言う旧ドイツ軍と同様の理由もあったものと推測される。

社会機構そのものが身分制度を前提としており、当然ながら軍隊でもその傾向が顕著である。ただし、ダゴン域会戦や第2次ティアマト会戦の大敗から同盟との対抗上、多少の実義的気や人事傾向は存在しており、こと第2次ティアマト会戦における「軍務にとって涙すべき40分間」の影から、その末期民出身の将官もそれほどしいものではなくなっていた。彼ら民と下級貴族の支持を集めたのがラインハルトであり、そう言った意味で帝国軍こそ新王体であったと言えなくもない。

社会風俗に関しては押しなべて古ゲルマン調の文化であり、これは貴族から民の姓名と習慣まで同様である。こう言ったもともと中近世的な生活様式と低福・高税率(!)のためか、または人的資については潤沢なためか、末期の同盟ほどの極端なインフラ衰退は見られない。もっとも第5次イゼルローン要塞攻略戦に見られた味方殺しや捕虜になることを忌避する価値観もあり、戦死率は同盟とそれほど変わらなかったようだ。

宗教については西暦でほぼ潰えたとする同盟側の歴史観も存在するが、帝国においては北欧神話をもとにした死生観や信仰が存在している(宗教と称しえる程度に組織化されたものではいようである)。また、地球がその版図にあるためか、地球教の浸食も同盟以上に進んでいるとされる。

社会そのものは戦争と関係なく衰退期を迎えており、銀河連邦当時3000億を数えた人口も、現在では250億ほどに低下している。


門閥貴族


帝国を支えていた身分制度の中心を担っていたのが門閥貴族と呼ばれる特権階級である。特権の具体的な内容は定かではないが、領地を持ち租税などで一定の免除が受けられる。また、麻薬を除いては刑事・民事において裁判を優位に進められるなどの特典があった模様。当然、兵役も免除されていたが、元帥位にあったオットー・フォン・ブラウンシュヴァイクのように貴族の特権として軍人ないし軍での階級を持つことは多かった。

始まりは上述のようにルドルフが建の功臣に与えたものだが、戦争による武勲、次男以下が独立した際の叙任、時の皇帝の寵臣・寵妃に与えた例など暫時増加し、王末期には数千を数えたと言う。また、ゴールデンバウム王そのものが特に男系にこだわらなかったためか、女性でもを継ぐことは(異端ではあったが)問題なく、ヴェストパーレ男爵夫人やマリーンドルフ伯爵ヒルガルド(相続前に婚姻)ら有能な人物を輩出している。

初期こそは有能な者・働き者の遺伝子をよりよく保存すると言う大義が存在したが、徐々に腐敗・退化して行く。生業は自領における農民への租税(事実上の収奪)や辺の鉱山開発利権の奪い合い、売官や賄賂であり、下級貴族の出身でありながらラインハルト営についたロイエンタールは「制度化された盗賊」と揶揄している。

当然、議会は存在しないため中央政界は彼ら門閥貴族と官僚によって占められていた。に園遊会やパーティーと言った場で政策はもちろん皇帝補まで取り決められており、直系子孫でも有外戚なしに即位はできず、また即位しても逆らうことができない状態が慢性化していた。

ただし、これら門閥貴族を中心とした身分制度が帝国の礎であり、厳しい統制が500年に渡る王を曲がりなりにも維持した側面があることは事実である。

末期に至るまでその権勢は衰えることはなかったが、ラインハルトの台頭に危惧を覚えたブラウンシュヴァイクらがリップシュタットの盟約を結びこれに対抗。しかし、折からの搾取とヴェスターラントの虐殺で民心が離れたことが決定的となり、貴族連合は敗北し特権のはく奪・財産没収・税制の化により凋落の一途をたどる。彼らの支持に基礎を置いていたゴールデンバウム王にとって、これが致命傷になったのである。

残党はその後、フェザーンや同盟に逃亡。伯爵ヨッフェン・フォン・レムシャイドやアルフレット・フォン・ランズベルクを中心とした銀河帝国正統政府に糾合されるが、後ろとなるはずだった同盟の低下と民心の離反からもはや脅威とはならなかった。


次へ»
最終更新日: 19/04/30 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ