ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サイバーショット


ヨミ: サイバーショット
掲示板をミル!
4カキコ!

サイバーショット(Cyber-shot)とは、ソニーデジタルカメラブランド名である。


概要


開発と販売は1996年より行われている。使用できるメモリーカードは長らくにおいてメモリーステック系のみの対応となっていたが、現在は両対応スロットなどでSDメモリーカードとの共存の方向性を模索している。

なお、2006年からはコニカミノルタから事業を引き継ぎデジタル一眼では「αブランドで販売しているが、レンズ一体はサイバーショットブランドで展開している。また、事業を引き継いだ為か2007年頃よりライトユーザー向けのWシリーズの高機化も進んでいる。

古くはソニーレンズ00年代後半は小化に優れたカールツァイスレンズを多用し最広側は35mmフィルム39mm程度のレンズを搭載することが多かったが、近年はαブランドの技術を投入した広タイプソニーGレンズの採用が進んでいる。

ちなみに番の数字は開発く「桁が一つ増えるとかなり進化している事を示す」との事である。


主なシリーズ


 ソニーの『Exmor』CMOSセンサーを搭載しているモデルは『X』がシリーズ名に付加され、GPS内蔵モデル番の数字の後に『V』が付加される。

Tシリーズ

 シリーズ名は「Thin」の頭文字を表す。横長のデザインで一世をしたPシリーズに代わるコンパクトなサイバーショットのシリーズであり、いわゆる屈曲学系を採用した薄な形状で、レンズは全機種飛び出さないのが特徴。現在販売されている機種はタッチネルを採用している。その特徴を活かした防モデルラインナップされている。

■azB00B1M8D6Y
■azB00BQ6VJD4

Wシリーズ

 較的廉価でオートモードでの撮影に特化したライトユーザー向けのシリーズ。前述の通り2007年頃より高機化が進められておりTシリーズ並みの機が搭載されているが、こちらはレンズ伸びるスタンダードスタイルなため、ズーム倍率などはTシリーズよりも大きめ。

■azB00B1M8F4Y
■azB00B1M8ETA
■azB00B1M8DO6
■azB00BQ6VHQI

Hシリーズ

 シリーズ名は「Hi-zoom」の略。その名の通り高倍率ズームを搭載している本格機種である。多種多様な機を搭載しており、現在は強アクティブ手ぶれ補正などで、ビデオカメラ顔負けの高画質動画も撮れるカメラという位置付けになっている。

■azB00CLLQT6K
■azB00BNO9DIM

Qシリーズ

 液晶画面などを持たず、Wi-Fiスマートフォンタブレット等とワイレスで接続することを前提に作られたレンズスタイルカメラバッテリーメモリーカードスロットは内蔵しているため、あてずっぽうな構図でよければ単体でも撮影出来なくはない。

■azB00F4MMF52
■azB00F4MMFQ6

Rシリーズ

 大のセンサを搭載することで、コンパクトながら一眼レフに迫る高画質静止画撮影に特化したフラッグシップモデル。センサが大きいため、ズームの倍率は同程度の大きさの他シリーズべると控えめ、あるいは単焦点レンズとなる。動画高画質に撮れるが、動画撮影時の手ブレ補正はさすがに高倍率ズームのHシリーズのほうが効く模様。

■azB00DNT2D5K
■azB00FXKLL1Y
■azB009O06WY0
■azB00DNSPZRY


現在は販売されていないシリーズ


Gシリーズ

 無線LANに対応したシリーズで、最後の機種となるDSC-G3ではフルブラウザーも搭載していた。現在スマートフォンの普及によりWi-Fiに対応した機種は各シリーズで展開されている。

サイバーショットケータイ

 ソニー・エリクソンが展開しているシリーズ。サイバーショットの技術が使用されており、内ではSO905iCSW61Sなどが該当する。


関連動画



■sm1254166[ニコ動]


関連商品


■azB00BNKA04C
■azB007BU0U0W


関連項目



外部リンク



最終更新日: 13/10/20 22:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ