ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サイバー・エンド・ドラゴン


ヨミ: サイバーエンドドラゴン
掲示板をミル!
48カキコ!

サイバー・エンド・ドラゴンとは、アニメ遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」に登場するカードである。


概要


カイザーこと丸藤亮が使用する「サイバー・ドラゴン」3体の融合体。みもふたもい言い方をすれば「青眼の究極竜ポジションカード
守備表示モンスターを攻撃したとき、このカードの攻撃が相手の守備を上回っていれば、その数値分ダメージを与える効果を持つ。

初登場はVS十代戦(1回)。
サイバー・ツイン・ドラゴン」を「融合解除」したうえで「パワー・ボンド」で3体を融合して召喚。の「E・HERO マッドボールマン」を戦闘破壊して貫通ダメージを与え、フィニッシャーとなった。
このときの攻撃8000。まだ8話の出来事である。


その後もカイザーの使用カードとしてたびたび登場している。1ターンに「融合」と「サイバー・ドラゴン」がっているなんてこともしばしばあり、サイバー流積み込みを徴するカードとなっている。

VSカミューラ戦では、後攻1ターンに「パワー・ボンド」と「サイバー・ドラゴン」3枚を手札にそろえ融合召喚、「ヴァンパイアレディ」に攻撃を行ったが、「妖かしの紅月」に妨され勝負を決められなかったため、「パワー・ボンド」(アニメ版)のデメリット回避のために「融合解除」された。
その後、「サイバー・バリアドラゴン」、「サイバーレーザードラゴン」を巧みに操りカミューラを追い詰めるカイザーであったが、カミューラが「幻魔の」を発動、の魂を生け贄にこのカードカミューラのフィールドに特殊召喚された。
そしてカイザーダイレクトアタック。対抗手段はあったものの、に取られたカイザーは自ら敗北を選んだ。
攻撃のときのサイバーエンドの鳴きがどこか悲しげに聞こえなくもい。


VS十代戦(2回)ではまず「融合」で融合召喚、その後「融合解除」され素材を「リターンソウル」でデッキに戻し、「未来融合-フューチャー・フュージョン」(アニメ版)で2回融合召喚。また「融合解除」され、今度は「パワー・ボンド」で3度融合召喚。このときは「サイバージラフ」で「パワー・ボンド」のデメリットを回避していた。
その後、「エレメンタルバースト」で破壊されたが「時間融合タイムフュージョン」で復活。
最終的に、「パワー・ボンド」で融合召喚され、さらに「リミッター解除」で攻撃16000として十代の「E・HERO シャイニングフレアウィングマン」を攻撃する。十代は「決闘融合バトルフュージョン」でシャイニングフレアウィングマンの攻撃20900とするが、一方のカイザーもまた決闘融合を発動、なんと攻撃36900となった。そして十代の「決戦融合ファイナルフュージョン」で互いに57800のダメージを受けて、引き分けとなった。

を除けば、このときの攻撃36900は、当時としては歴代最高の攻撃であった。この記録は長いこと破られなかったが、ZEXALに至って、「CNo.39 希望皇ホープレイV」と「No.104 仮面魔踏士シャイニング」が記録を更新した。現在は「No.39 希望皇ホープ」の204000が最高記録。


VS鮫島師範戦では「未来融合-フューチャー・フュージョン」(アニメ版)で融合召喚。しかし、「サイバーシャドー・ガードナー」を呼び出されたためにすぐ「融合解除」された。
その後、鮫島が「スクラップフュージョン」でカイザー墓地の「サイバー・ドラゴン」3体を除外してこのカード融合召喚カイザーはこのカードリスペクトしていると考える鮫島カイザーが「強制転移」を発動すると読んで、「トロボム」をセットしていたのだが……。

このとき、ヘルカイザーは「サイバー・エンド・ドラゴン」と決別するようなことを言っていたが、実際はこの後もこのカードを使用し続けている。


VSヨハン(悪い人)戦でも登場。
パワー・ボンド」で融合召喚され、「究極宝玉 レインボーダークドラゴン」に攻撃を仕掛けたが、「カウンタージェム」とレインボーダークの効果で攻撃がこのカードを上回ったため、「サイバネティック・ゾーン」で戦闘を回避。その後エンドフェイズに特殊召喚され、攻撃16000となった。これにはさすがのヨハンユベル)も驚いていた。
その後、「パワー・ボンド」の代償としてダメージを受け、ヘルカイザーライフは0となった。


VS戦では「フュージョンガード」で墓地へ送られ、「輪廻独断」を利用することで「サイバー・ダークドラゴン」の装備カードとなった。
また、がこのカード(を含むサイバー流)を使用したときも、同じようにして墓地へ送られ装備カードとなった。


漫画GXでもパソコンで見ているニュース写真カイザーと共に写っている。実際のデュエルでの登場はかったが、「サイバー・ドラゴン」は使用しているので、きっと漫画世界でもこのカードカイザーエースなのだろう。

映画超融合!時空を越えた絆」ではパラドックスが使用。実体化されて十代に襲い掛かった。
その後(時系列的には前)のデュエルではエクストラデッキから墓地へ送られ、「Sin サイバー・エンド・ドラゴン」(映画版)を特殊召喚した。

攻撃名は「エターナル・エヴォリューション・バースト」。
3つの口から線を出して攻撃する。映画では火球を吐いて攻撃していた。


OCG版


CYBERNETIC REVOLUTION」(2005年5月26日発売)でOCGに登場。

融合・効果モンスター
10/属性/機械族/ATK 4000/DEF2800
サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン
このカード融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備を攻撃えた分だけ戦闘ダメージを与える。

※「THE RARITY COLLECTION」収録のカードTRC1-JP028)による

アニメ版とほぼ同じままである。

4000という高い攻撃と、貫通効果を持つ強モンスター。「パワー・ボンド」で融合召喚すれば攻撃8000となり1ショットキルが成立、さらに「リミッター解除」を使えばオーバーキル級の攻撃が得られる。

しかし、同じ「サイバー・ドラゴン」をこちらより少ない2体で融合できる「サイバー・ツイン・ドラゴン」の方が2回攻撃効果を持つため総ダメージ量では多くなる。そのため、こちらよりツインが優先される状況も多いが、貫通効果や攻撃の高さなど、こちらにも利点はあるので、「サイバー・ドラゴンデッキなら1枚は入れておきたい。
最近は「サイバー・ドラゴン」と同名カードとして扱うカードが大量に登場しているため、素材をそろえやすくなった。ライフ消費は大きいが、「サイバネティック・フュージョンサポート」を使用すれば相当出しやすくなる。

まともな融合召喚素材消費から敬遠されがちだが、素材のいらない「デビル・フランケン」や「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」による特殊召喚先としては非常に優秀なカードである。

当然ながら、特殊召喚にこのカードを要する「Sin サイバー・エンド・ドラゴン」を用いる場合はこのカードは必須となる。この場合はただのコスト要員として運用することになる。

突然変異」が現役だったころは、レベル10融合モンスターとしてお呼びがかかった。現在突然変異」は禁止カードだが、「デビル・フランケン」が復帰しているので、その特殊召喚先の一つとしてありだろう。


現在禁止カードだが、「星守の騎士 プトレマイオス」が現役だったころは、「サイバー・ドラゴン」と関係ないデッキでも「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」を採用できるため、【サイバー・ドラゴン】以外のデッキでこのカードを使うこともできた。プトレマイオスが全体除去を受けそうになった際にプトレマイオスの効果でノヴァエクシーズ召喚すれば、直後にノヴァが相手の全体除去で破壊されるために、すぐにこのカードを出せた。

過去遊戯王OCGで猛威を振るったデッキ、【サイエンカタパ】とは基本的に関係ない。【サイエンカタパ】の「サイエン」は「魔導サイエンティスト」の略称
ネタとして、このカードを「カタパルト・タートル」で射出するデッキや戦術のことを「サイエンカタパ」と呼ぶことはある。

収録パックについて

ACADEMY DUEL DISK スペシャルセット」、「THE RARITY COLLECTION」では装甲のイラストのこのカードが入手できる。「サイバーシャドー・ガードナー」をイメージしたのだろうか。

モンスターフィギュアコレクション Volume.2」のラインナップの中にこのカードもある。DUEL TERMINAL対応のフィギュアカードセットで手に入り、フィギュアカードも両方DTスキャンできる。
DUEL TERMINALヴァイロン降臨!!-」以降に対応している。スキャンすると隠しデッキエターナル・エヴォリューション・バースト」が使用可になる。

サイバー・ドラゴン」がフィーチャーされた「ストラクチャデッキ-機-」では、「サイバー・ツイン・ドラゴン」は再録されたがこのカードはされなかった。


関連動画


 
■sm7995406[ニコ動]

■sm14783832[ニコ動]
■sm11423538[ニコ動]
■sm3469801[ニコ動]
■sm4082005[ニコ動]


関連商品


 ■azB0044VMQ44
■azB001O30MFA
■azB001QEM6ZG
■azB004PFGSQQ


カード以外のグッズ


 ■azB000N3ALGC
■azB003TSM0NA

 右はカードも同梱


関連項目



最終更新日: 15/10/24 18:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ