ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サッカー


ヨミ: サッカー
掲示板をミル!
474カキコ!

サッカー英:Soccer)とは、足を使いボールを相手チームゴールに入れることを的としたスポーツである。海外ではフットボール蹴球ともいう。

[画像][外部]

概要


サッカーは、身体の手以外の部位を使って、ボールゴールと呼ばれる場所に入れることをす、2チームによる対戦形式のチーム競技である。19世紀イングランドで生まれ、世界中にもっとも広まっている球技の一つであり、200カ以上のサッカー協会があるといわれる。

とりわけ盛んな地区として南ヨーロッパが知られるが、近年は後進地域といわれたアフリカアジアオセアニア、更には不毛の地とまで言われたアメリカにまでサッカー人気は浸透しており、多くの人気No.1スポーツとなっている。

ブラジルアルゼンチンイタリアドイツイングランドフランススペインなどがW杯優勝を経験している強豪国である。その他、過去3回W杯準優勝の実績を持つオランダも強として知られ、数多くの名選手を輩出している。

尚、サッカーは、アメリカでの呼び名Soccerカタカナ表記にしたもの。この名の由来やその他のでの呼び名については後述


特徴


手を使わずにボールゴールへ入れるというシンプルルール。1チームは11人で構成され、1人のゴールキーパーゴール前に配置すれば10人のフィールドプレーヤーの配置は自由。戦術やまた選手の持つ特性に合わせてフォーメーションを決める。

に足を使ってボールを操り、パス、ドリブル、シュートなどプレーの大部分は足で行う。中に浮きあがったボールの処理は頭を使って行う。手を使うと反則となるが、ゴールキーパーのみ相手の蹴ったボールを手で触ることが許される。

オフサイドルールが独特で、このルールがよくも悪くもサッカーというスポーツの特異性を決定づけている。
かつては全員ボールをやみくもに追いかけていたが、長い歴史の中でルールと共に戦術も洗練され、現在ではそれぞれに役割が振り当てられるシステマティックなスポーツとなっている。
とはいえ手を使わないという特性から他のスポーツべると不確実性が立ち、ボール奪取による攻守の入れ替わりしい。また90分の戦いの中で挙げられる得点は両チーム合計3点程度と非常に少ない。導権を握れていないチームラッキーな形で得点したり、誤審で取り返しがつかなくなると言うのもよくある。


歴史


ボールを使ったゲーム世界中に古くからあり、中国から日本へ伝わった蹴もその一つである。

サッカーのもとになったのは、イギリスで行われていたハーリングやドリブリング・ゲームなどである。これらが学校で行われるようになり、他学校との試合が増えると統一したルールを定める必要性が生まれた。1863年に、イングランドフットボール協会(Football Association)がフットボールサッカー)の規則を制定。この際にボールを手で使うこととすねを蹴ることを禁じ、それを許すフットボールの規則と区別するため、アソシエーション・フットボールと呼ばれるようになった。


名称と由来


日本においては「サッカー」(Soccer)という呼称が一般的であるが、これは協会式フットボールAssociation Football)に由来し、アソシエーションの略形アソック(Assoc.)に俗語語尾~アー(-a/-er)が付いたものが更に略され Socca, Socker 等を経て Soccer となったもの。元々は19世紀後半に、英国で文化の最先端にあって社会的影の強い大学生の間で話されていた学生であり、同様の略語にはラグビーフットボールRugby Football)の略称であるラガー(Rugger, アメリカ日本では専ら選手 Rugby Player のこと)などがある。ちなみにここでいうAssociationとは世界で初めて設立されたサッカー協会であるイングランドサッカー協会(Football Association)のことである。

サッカーという呼び名を使っているのは日本以外だと、北オセアニアアイルランドなどの独自のフットボール文化が浸透または混在している旧英国領地域ぐらいで、イギリスでは現在では Association Football または単に Football と呼ばれている。

世界の他の地域では協会の影下で、りや発音を変えながらも英語Football に由来した名称で呼ばれる。たとえばドイツ語圏ではフースバル(Fußball)、カナダ以外のフランス語圏ではフットボールFootball, 外来語として例外的に英語に倣ったりと発音)、スペイン語圏ではフットボル(Fútbol)または翻訳バロンピエ(Balompié/Balón-pie)、ポルトガル語圏ではフーテボウ/フッチボウ(Futebol)。中国語圏では足球(標準でツーチォ zúqiú)で一見 Football 系なのだが、広東ではツォッカウ(zuk1kau4)であり、Soccer の音写でもあることが判る(なお香港サッカー協会は東アジア最古のサッカー協会である)。

イタリアでは伝統的蹴球技にちなみカルチョCalcio)と呼ぶ。サッカー等の競技スポーツの勝敗をネタにした賭博をすトトカルチョtotocalcio)もこれにちなむ。

日本に伝わった際、アソシエーション(式)フットボールなどと呼ばれていたこともあり、大学サッカーではいまだにこの呼称を用いる団体もある(例 早稲田大学ア式蹴球部)。また、韓国語では日本語蹴球が輸入され、チュック(축구 chuk-gu)と呼ぶ。


競技団体・大会


サッカーの競技はFIFA国際サッカー連盟)が統括しており、その下に6つの大陸連盟があって、大陸連盟の下に各・地域のサッカー協会が所属している。「FIFA」の項も参照。

その加盟国際連合より多い。基本的に一について一つの協会であるが、歴史的経緯により内の地域で協会が分かれている場合がある。イギリスにおけるイングランドスコットランド、北アイルランドウェールズの各協会が代表的。

サッカーチームに、スポーツクラブに所属する選手によるチームクラブチーム)と、各・地域に所属する選手からなるチーム(代表チーム)に分けられる。

また、様々な理由でFIFAに加盟していない・地域があり、それらを統括するNF-BoardやconIFAという組織がある。

クラブチームのリーグ

クラブチームリーグは、FIFAの方針により加盟ごとに一協会一体系でトップリーグからアマチュアまでを統括することになっている。
昨今ほとんどので、トップリーグプロ化されてきている。イングランドプレミアリーグスペインリーガ・エスパニョーライタリアセリエAドイツブンデスリーガが特に有名であり、海外や雑誌などでもこれらをヨーロッパ4大リーグと呼ぶ。また、これにフランスリーグ・アンを加えてヨーロッパ5大リーグと呼ぶこともある。
日本では1993年プロリーグとして日本プロサッカーリーグJリーグが発足している。

代表チーム

・地域を代表するチーム(代表チーム)も、各協会によって選出される。義を採っている。複数の籍を持つものは、どの代表チームに入るか選択する権利がある。ただし、一度ある代表チームに選出された後では、それを変更することはできない。上で述べたように内地域ごとに協会がある場合には、その地域ごとに代表チームを組むが、明確な一一代表団制のオリンピック等ではその原則が崩れる場合がある(例:イングランド代表やスコットランド代表ではなく、イギリス代表として出場することになる)。

国際大会

クラブチーム際大会は6つの大陸連盟ごとにあり、ヨーロッパクラブチームで行われるUEFAチャンピオンズリーグと、南クラブチームで行われるコパ・リベルタドーレスが名高い。アジアではAFCチャンピオンズリーグACL)が行われ、日本からはJリーグ上位チーム天皇杯優勝チームが出場する。また、各大陸覇者FIFAクラブワールドカップクラブ世界一の座を争う。

代表チーム際大会といえば、なんといってもFIFAワールドカップである。サッカー界に限らずスポーツ界でもっとも大きな大会であるとされ、視聴者数や放映規模、経済効果はオリンピックかに上回るほどの規模である。また6つの大陸連盟別にも代表チームによる大会が行われており、アジアアジアカップヨーロッパEURO、他大陸からも参加を招待する南コパ・アメリカなどのものもある。
また、大陸連盟の下となる地域を細分化した連盟も代表チームによる大会を行っているところが多い(北サッカー連合のように現在は実施していない連盟もある)。東アジアではE-1サッカー選手権が開催されている。

女子サッカーについては、代表チームについては男子同様に際大会が開催されているものの(FIFA女子ワールドカップなど)、クラブチームによる各から選出されたチームによる際大会を開催しているのは、6つの大陸連盟のうちヨーロッパと南のみである。ただ、日本などではその前段階として招待参加の際大会をいくつか開いており、今後も増えていく可性はある。

オリンピックサッカー競技も非常に注される。ただし歴史的経緯やFIFAワールドカップとの競合を避けることから、現在では男子についてはユース(U-23)の大会となっている。


ルール・ポジション


サッカールールを大まかに紹介する。

フィールド・ゴール

競技は縦90120m、横4590mの長方形のフィールドピッチともいう)で行われる。標準規格は10568mで、要な大会ではこのサイズに統一されている。プロや代表が使うフィールドは、天然芝か人工芝で覆われているのが一般的である(大会によっては人工芝は認められていない)。フィールドの長辺をタッチライン、短辺をゴールラインと呼び、タッチラインの中点同士を結んだ線をハーフウェイラインと呼ぶ。四隅にはコーナーフラッグと呼ばれる旗が立てられる。

ゴールラインの中央に高さ2.44m、幅7.32mのゴールが置かれる。ゴールの支柱をポストといい、梁をクロスバーという。

ゴールを囲う方形の領域をゴールエリアと呼び、その外をさらに囲う方形の領域をペナルティエリアと呼ぶ。

競技者

サッカーは1チーム11人の2チームが対戦する。プレイヤー11人のうち特別に1人だけペナルティエリア内に限りボールを手で扱えるゴールキーパーと呼ばれるポジションにつく。これ以外の10人はフィールドプレイヤーと呼ばれプレー中は手や腕でボールを扱えない。

試合中には、ベンチ入りした選手との交代が3人まで認められる(親善試合の場合はもっと多いこともある)。一度交代して試合から外れた選手が再び交代することはできない。

ベンチ入りできる人数も3人から7人まで(大会による)。

フィールドプレイヤーは、自軍のゴールから近い方から大まかにディフェンダー(DF)、ミッドフィルダー(MF)、フォワード(FW)の三つのポジションに分けられる。さらにその中での位置や役割の性格によって各でいろいろな名前がつけられている。

フィールドプレイヤーを各ポジションにどの割合で配分するかを4-4-2などと数字で表す。これはディフェンスに4人、ミッドフィルダーに4人、フォワードに2人を配置するという意味である。
また、ミッドフィルダーが攻撃的なポジションと守備的なポジションに分けられている場合、4-2-3-1などとさらに細かく数字で表すことがある。これはディフェンダーに4人、守備的ミッドフィルダーに2人、攻撃的ミッドフィルダーに3人、フォワードに1人を配置するという意味である。

チームとしてどう攻め、どう守るかということを戦術やシステムという。もちろん各チームによって異なり、また時代によって変化する。

ボールと競技者の用具

ボールは球形で外周は6870cm、重さは410~450グラム。材質は皮革が一般的。に塗った正六角形と正五形を縫製したボールが有名である。

同時に使うボールは1つだけだが、試合では複数のボールを用意してボールフィールドの外に大きく出た場合には近くに用意したものを使うのが一般的(1つのボールを使っていたときは大きく蹴り出して時間稼ぎ、ということがよくあった)。


次へ»
最終更新日: 18/12/19 20:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社