ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サポート(列車)


ヨミ: サポート
掲示板をミル!
1カキコ!

サポートとは、小田急箱根登山鉄道で運行されていた列車名である。


概要


サポートは、1999年7月17日小田急3100形(通称NSE)引退に伴うダイヤ正で、従来の特急さがみあしがらを統合して誕生した特急列車である。ただし全てのさがみあしがらを統合した訳ではく、新宿駅18時以降に発する列車については同じダイヤ正で誕生したホームウェイの名称が与えられていた。

サポート(とホームウェイ)の誕生で小田急小田原線(以下:小田急線と称す)の特急列車スーパーはこねはこねサポートホームウェイが運行されるようになった。ホームウェイは前述の通り新宿駅18時以降に発する列車スーパーはこね小田急線内ノンストップはこね小田急線内は町田駅のみ停と定義づけられていたので、サポートはそれ以外のにも停する列車であった。

具体的には小田急線を全線走破する列車については本厚木駅向ヶ丘遊園駅町田駅相模大野駅秦野駅新松田駅の内の1~3に停していた。本厚木駅については町田駅相模大野駅始発を除く全てが停しており、町田駅相模大野駅の両方を通過する列車も停する列車かった。

2002年3月23日からは町田駅を通過し新宿駅相模大野駅の間をノンストップで結んでいたサポート新百合ヶ丘駅にも停するようになった。2000年12月から新百合ヶ丘駅で分岐する小田急多摩線にもホームウェイが運行されており多摩線を経由する特急は停していたが、小田原線のみを経由する特急新百合ヶ丘駅に停するようになるのはこの時が初めてであった。

ところが2004年12月11日梅ヶ丘喜多見間の複々線化に伴い梅ヶ丘和泉多摩間が複々線化されたのでダイヤ正が行われた。これに伴い小田急線特急は停別から行き先別へ変更が行われた結果、サポートの名称は止されてしまった。従来の小田急線内ノンストップスーパーはこねはそのままで、はこねは停に関わらず箱根湯本駅まで運行されるもの、新しく誕生した(復活ともいえる)さがみ小田急線内発着の列車とされた。


廃止直前の運行状況



運行本数


下りの新宿駅18時以降はホームウェイとして運行される関係から上りの方が本数が多い。日中サポート新宿駅毎時10分発と休日は毎時40分発も運行されていたので、全体の本数は土休日の方が多くなっている。

下り

小田原行を除き箱根湯本行

上り

全て新宿


停車パターン


参考としてはこねスーパーはこねの停も記載。便宜上サポートにはABCと名付ける。日中は1時間にはこね2本と小田原駅発着サポートA1本(土休日は2本)を運行する事が多かった。また、日中サポート片瀬江ノ島駅発着のえのしまと併結している事が多かった。


宿































サポートA
サポートB
サポートC
はこね
スーパーはこね

列車名の由来


沿線住民の暮らしをサポートする列車といった意味合いから。


関連動画



■sm7372843[ニコ動]

■sm8264085[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/01/22 00:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ