ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サンスクリット


ヨミ: サンスクリット
掲示板をミル!
22カキコ!

サンスクリット(: संस्कृत 、saṃskṛta)とは、古代から中世にかけてインドを中心に使われた印欧語族インドイランに属する言葉である。日本では、「サンスクリット」とも呼ばれる。古くは、とも言われた。トカラ語ヒッタイト語が見つかった現代においてもはやインド・ヨーロッパ語族の最古の姿と考える者はいないが、ラテン語の記事に曲用まかせろー、と書かれてある通りグループ内でも語尾の変化はやたらと多い


概要


狭義には、紀元前五世紀から四世紀にかけてパーニニがその文法を規定した古典サンスクリットのことをす。広義には、リグ=ヴェーダ(最も古い物で前十五世紀)から、後の典に書かれたものまでを含む。これはミケーネを除けば、ギリシア語が書かれ始めるよりも数い。

インドでは、釈迦の時代にはすでに、パーリ語などの口(プラークリット、prakrita)との乖離が存在したが、サンスクリットは使われ続けた。むしろ、口への分化が進んだために共通理解できるサンスクリットが使われ続けたという面もある。結局、サンスクリットがその地位から全に追われるのは十三世紀、イスラーム系王が北インドに侵入してからになる。

この歴史の古さと長さ、後述の他言への影によって、ラテン語古典ギリシャ語とともに「三大古典印欧」とも呼ばれることもある。同じくインドイラン古典であるアヴェスター語とは、文法やの形態が酷似している。

ヒンドゥー教仏教、ジャイナ教、シーク教の礼拝用言である。特に、仏教がサンスクリットで示されていたことから、これを通じて、東南アジア東アジア中央アジアの各言に大小の影を与えることとなった。特に、南インドドラヴィダ諸に対しては多大な影を与えた。このため、に相当する北インドで使われなくなった言葉が、かえってドラヴィダ諸に残っているようなことも多々ある。また、東南アジアの言れとは別に、交易を通じての影も受けた。

また、北インドイスラーム化した影アラビア語ペルシア語彙を借入した一方、科学においてオリエント地域に先んじていたインドが逆に中東方面に彙を送り出した例もある。この典例として英語zeroがあり(サンスクリットsunya-m→アラビア語sifr→中世ラテン語zephirum→イタリア語zeroフランス語zéro→英語zero)、サンスクリットの影を示す一例と言える。

子孫の言には、五億をえる話者を擁するヒンドゥスターニーヒンディー語ウルドゥー語)を筆頭に、ベンガル語(二億二千万人)、パンジャー(九千万人)、タミル語(七千四万人)、ウルドゥー語(六千万人)などの数千万人の話者を誇る大言が並ぶ。サンスクリットもインド憲法で示された二二の公用語のひとつであり、極めつけに、サンスクリットには話者が未だに存在する。これはラテン語古典ギリシャ語と大きく違う点である。

日本へは、隋唐代に仏教を通して影があった。当時、中国では仏教が盛んに信仰されており、先進国だった中国の影から日本にも仏教を通じてサンスクリットのが流入した。僧、檀那(旦那)、瓦、卒婆、阿修羅断末魔魔羅叉、などなど。また、五十音図はサンスクリットの音韻表に影を受けている。

近代に入って、その影かに落としたかに思われたサンスクリットであったが、イギリスインド統治時代に入って、また別の面から注されることとなる。イギリス人の判事で、インド学者でもあったウィリアムジョーンズが、サンスクリットの勉強中に英語ラテン語古典ギリシャ語、サンスクリットを較したときその彙の著しい類似性に気がついたのである。さらにジョーンズを驚かせたのが、高級な言と思っていたラテン語ギリシャ語より、古典サンスクリットは格の数が多かったことであった(英語は三格、ドイツ語、ゴートは四格、古典ギリシャ語は五格、ラテン語は最大七格だがサンスクリットは全ての名詞に八格を有する)。ジョーンズはこの成果をめて、発表。西欧言語学会は衝撃を受けた。と同時に、言の系統関係について研究する「比較言語学」がはじまった。しばらく後に、ヤーコプ・グリムグリムの法則を発表し、もはやこれらが共通の祖、印欧祖から分岐したというのは揺るぎない事実となった。以後、サンスクリットの古く且つ膨大な文献は印欧祖の解明に大いに役立っている。


文字


サンスクリットは基本的にデーヴァナーガリーで記されているが、多くの場合学習はラテン文字に音写した形で行われている(それぞれの文字について詳しくはデーヴァナーガリーの記事で)。

PCの場合問題はないがスマートフォンで見る場合は一部の特殊文字が表示されないこともあるので注意


文法



絶対語尾


そもそもサンスクリットにおいて単末に来ることができるのはすべての音を除くと子音のk、ṭ、t、p、n、m(他にも理論上はṅ、ṇ、lもなのだが見かけることはあまりない)、そしてヴィサルガ(ḥ)のみとなっておりそれ以外の子音が最後に来た場合は強制的に変化させられるのである。多くの場合それは子音幹名詞の格の時である。

この表を見てお気づきの方はいないだろうか・・・
実は法則性があるようで、よく見ると部分部分がランダムなのだ。
そのため実は1個1個覚える必要があるのだ・・・

なお付け加えると後ろに来る屈折語尾が有音の場合(曲用の場合は両数と複数の具格、為格、対格)、ここで変化させた音をさらに有化する必要がある。


連声(サンディー)


サンスクリットの細かい文法に入っていく前に、まず初学者が最初に躓くのがこの連である。
簡単にどういうことか説明すると、ある単の最後が音でその次の単の最初が音の場合、またはある単の最後が子音でその次の単の最初が子音の場合の2通りにおいて、その両者の音が影しあって多くの場合においては結合するのである。この規則のためにデーヴァナーガリー上では一見一つの塊に見えても実は何単が連でくっついた状態である場合が非常に多い。

そしてこれの最大級に面倒くさい点がここまで説明した単同士の外連のみならず、単曲用活用の時にも幹と語尾の間に全く同じ現が内連として起きる点にある。

母音

  • a/ā+a/ā=ā
  • i/ī+i/ī=ī
  • u/ū+u/ū=ū
  • a/ā+i/ī=e
  • a/ā+u/ū=o
  • a/ā+ṛ=ar
  • a/ā+e/aiai
  • a/ā+o/au=au
  • i/ī+他の音=y+他の
  • u/ū+他の音=v+他の
  • ṛ/ṝ+他のの音=r+他の
  • e/o+a以外の音=a+a以外の
  • e/o+a=e+’(アヴァグラハ
  • ai音=ā+
  • au音=ār+

子音

その他 j-/jh- ḍ-/ḍh- l- n-/m- その他 c-/ch- ṭ-/ṭh- ś-
-t -d -j -ḍ -l -n そのまま -c -ṭ -c+ch-
-k/-ṭ/-p -g/-ḍ/-b -ṅ/-ṇ/-m そのまま

その他 j-/jh- ḍ-/ḍh- l- その他 c-/ch- ṭ-/ṭh- t-/th- ś-
-n そのまま(例外有り) そのまま -ṇ -ṃlこのアヌスヴァーラをチャンドラビンドゥと呼ぶ そのまま -ṃś -ṃṣ -ṃs -ñ+ch-
-m -m ヌスヴァーラ化

通常
その他 その他 r- c-/ch- ṭ-/ṭh- t-/th- k-/kh-/p-/ph-/ś/-ṣ/-s
-s - -r -(長音) -ś - -s -
-as -aḥ -a -o+’ -o -aś -aṣ そのまま -aḥ
-ās -āḥ -āś -āṣ そのまま -āḥ
-ar -aḥ そのまま -aś -aṣ -as -aḥ

はa/ā以外の

内連声

内連についても上に挙げたとおりのことがおおよそ起きるのだが、若干の例外がある。

いちいち列挙すると長くなるのであげないが、子音に至っては上に挙げた絶対語尾の変化に加えてさらにこまごまとした規則がある。


階次


ある程度インド・ヨーロッパ語族(特に古)について勉強した人にはおなじみの、要するに音交替のことである。
サンスクリットにおいてはこの音交替が極めて規則正しく行われていたので下のように理論的にまとめられている。
とりあえず上から下に変化していくと覚えておいてほしい。

弱音階(基礎音) - i/ī u/ū ṛ/ṝ
標準階(グナ) a e(ay) o(av) ar al
長音階(ヴリッディ) ā ai(āy) au(āv) ār (āl)

曲用


一例として-a男性名詞の「仏陀」のとなったサンスクリットでを表すबुद्धःの曲用を示してみよう(知識がない人のために一応ラテン文字音写で行う・・・ていうかぶっちゃけデーヴァナーガリーで解説していく文法書ほとんどないからめんどくさいし

単数 双数 複数
buddhaḥ buddhau buddhāḥ
呼格 buddha buddhau buddhāḥ
対格 buddham buddhau buddhān
具格 buddhena buddhābhyām buddhai
為格 buddhāya buddhābhyām buddhebhyaḥ
奪格 buddhāt buddhābhyām buddhebhyaḥ
属格 buddhasya buddhayoḥ buddhānām
処格 buddhe buddhayoḥ buddheṣu

さて、数が3つ格が8つで系24種類の曲用、数字にしてみると多いけれども上の表を見ては結構かぶっているものも多く思っていたよりも(それでも十分多いけど)そこまで・・・と思ったものも結構いたのではないだろうか・・・
話はここで終わらないのである。

そう・・・種類がこれだけあるのである。
さらに形容詞や分詞にしか出てこない幹もあり、そちらに至っては上述の階次が存在し、曲用ごとに幹が強幹/中幹/弱幹に変化するのである。

確かに屈折語尾はせいぜい性ごとに分かれている程度なので大雑把には3種類覚えればいい程度なのだが、ここでもう一度上に戻ってほしい。そう、である。
上にもあるとおり連は単同士だけではなく幹と屈折語尾の間にも発生するのでそれぞれの幹ごとに従来のパターンから外れてくる例外の曲用がどこかしら出てくるのである

ちなみに形容詞には当然較級(-tara/-īyas)、最上級(-tama/-iṣṭha)も存在している。

またその他にも1・2人称の代名詞、3人称に使われる示代名詞のtad、所有代名詞、近称示代名詞(これ)のidam、遠称示代名詞(あれ)のadaḥ、関係代名詞のyad、疑問代名詞のkimなどが存在し、こちらは語尾はともかく幹は曲用の際に相当複雑に変化するのだ。


活用



次へ»
最終更新日: 19/06/08 23:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ