ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サンダナパレスアグリアス


ヨミ: サンダナパレスアグリアス
掲示板をミル!
18カキコ!

サンダナパレスアグリアスとは、テレビアニメチャージマン研!」に登場する架生物である。
「サンダラパレスアグリアス」は聞キチガイ・誤表記。


概要


第3話蝶の大群が舞う」に登場する

原産地はペルーで、美しい見事なの翅を持つ。
の中で一番速く飛ぶことが出来るのが特徴。
劇中(100年後、2074年?)から50年前(2024年?)に自然絶滅していた。 

しかし実はジュラル星人に保護されており、改造されて生物兵器として増殖されていた。
人間を襲い食べるようにされており、見たも変化している。
言い換えるとジュラル星人に捕らえられた時期に自然から姿を消し、改造された挙げ句に「救い出し」たと言いられた形ではある。それでいて「かわいい」等と言うジュラル星人の身勝手さは否めない。

郊外で人を襲っているのをバリカンに発見され、その存在が地球人類に知られた。
その後東京のビルで大襲撃を仕掛け結構な被害を出させたが、チャージマン研の活躍で殲滅された。


呼称


前述の通り、この生き物名前は「サンダパレスアグリアス」である。アニメ本編でもそう言っている模様だが、明瞭とは言い難い音の状態故か「サンダパレスアグリアス」に間違えられる事が稀によくある。だが、絵コンテには「サンダパレスアグリアス」と明記されている。

同様に、「アトスミヒ」として知られる泉博の持つ治療用の特殊線も絵コンテでは「アトスヒ」なのだが、こちらは割とはっきり「アトスヒ」に聞こえる為かすっかり「アトスヒ」で定着している。そんな中でもセガチュウニズムコラボでは「アトスヒ」表記が用いられており、セガ公式側としての丁寧な取り組みが伺える。


生態


原種については現存していないらいく、詳しい生態はられていない。
しかしの多くは食である事、絵コンテでは人間に群がる時に「に止ってない」事が特筆されている事を考えると元々は食の生物であったと思われる。

ジュラル星人く「良」されたサンダナパレスアグリアスは食になっていて、人間を襲う。
人間細胞を食べる」と表現されているが、どのように食べているのか詳細は不明。
細胞と言うとドクターフィッシュ的なようにも解釈できるが、「ついばむ」と書かれていて、口がくちばしのようになっている事を考えると結構ガッツリいくのかもしれない。

襲われた人々は外傷らしいものは描写されていないが、人々はバタバタ倒れているので割とダメージは大きいようである。


見分け方


元々生息していたサンダナパレスアグリアスとジュラル星人が放ったサンダナパレスアグリアスは、会見での昆虫学者の発言によれば随分と似ているらしく、まるで見分けが付かないように説明されている。

ところが、ジュラルが放った方は口がのように変化しており、そこを見れば見分けが付く。

また、絵を見る限りでも翅の形に模様と色、触覚の形、 頭・胸・の形状や色の違いが描かれているので々でも何とか見分ける事は可だろうと思われる。


関連動画



■sm13329973[ニコ動]

■sm14395618[ニコ動]
■sm15897171[ニコ動]
■sm16685394[ニコ動]


関連商品


■azB075KZC466
■azB00HQYS0QY


関連コミュニティ・チャンネル


■community

■channel
■channel


関連項目



最終更新日: 20/10/27 16:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ