ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サンドスター


ヨミ: サンドスター
掲示板をミル!
174カキコ!

サンドスターとはフレンズを誕生させる物質である。

概要

サンドスター(砂の)とは、メディアミックス作品「けものフレンズ」に登場するの物質である。その全容は明らかにされていない。

[画像を見る]特徴

ミノフスキー粒子ゲッター線の他、Gストーン、ミール、フォニックゲインなどと並べても違和感のない代物である。もし仮にこれが全制御できるのであれば、人類はフレンズたちとともに何時の日かを渡れるようになる可性すらある。なお、コミックアプリ版ではから降り注いでいたサンドスターであるがアニメ版では火山から噴出しているという差が生じている。世界の根幹設定である為、今後も詳細が明かされることはないと思われる。

[画像を見る]種類

アニメ版1期では下記の二種類のサンドスターが登場した。

このサンドスター・ロウだが、「ロウ」が何を意味するのかは作中で触れられていない。

公式許諾を受けた海外での配信サイトでの表記を確認すると、英語字幕では「Sandstar Low」となっており「低い」「悪い」「下等な」という意味合いの「low」が使われている。一方、簡体中国語字幕では「砂之ρ」となっており、ギリシャ文字の「ρ」(ロー)があてられている。これらの字幕がどれだけ元制作者の意図をんだものかは不明。

フィルター化されていない「未加工の」「生の」と言う意味の英語raw」ではないかという意見を唱える視聴者も居る。それを裏付けるように、2017年5月26日ニコニコ生放送で行われた「たつきおにいさんコメント参加【ライブビューイング同時開催】「けものフレンズ」全12話一挙放送[外部]」ではたつき監督より「いろんな説ありつつ、生、のニュアンス」とのコメント投稿された。修正版 けものフレンズ全12話一挙放送 たつきおにいさんのコメントまとめ[動]」の動画、再生時間06:48時点で確認可

また、アニメ版オフィシャルガイドブックの6巻のパッケージ裏には「サンドスターって、2種類あるの?」という質問が記されている。だがそれに対する答えは「(前略)その時代、その場所によって言い伝えられている呼び方や種類はかわっていきます。(後略)」とあり、2種類に限定しないともとれるぼかした返答となっている。またこの回答で同時に、歴史上「ジャパリパーク」とは異なる時代・場所でもフレンズセルリアンが生み出されていた可性が示唆されたとも言える。

コンセプトデザイン展やガイブックでは「セルリウム」という物質についても触れており、セルリアンを生み出し、フィルターを通すことでサンドスターになると説明されている。この説明からサンドスター・ロウとセルリウムはほぼ同じものをしていると思われる。アニメ版2期ではサンドスター・ロウではなくセルリウムの名前が登場した。変更された理由は不明だが、1期では化してサンドスターになる点を強調したかったのに対して、2期ではセルリアンの素だという点を強調したかったのかもしれない。

[画像を見る]着想元

けものフレンズ』の「コンセプトデザイン」を務める吉崎観音インタビューった内容によれば、サンドスターのビジュアル沖縄で見かけた色に色された「の砂」からヒントを得たとのこと。「けもフレ」沖縄限定グッズが好評 アニメ放送のない沖縄でなぜ? 意外な接点ありました | ウェブマガジンWコラム記事 | 沖縄タイムス+プラス[外部]より

また、アニメけものフレンズ最終回見逃し上映会アニメ制作スタッフからられた内容によれば、アニメ版のサンドスターのビジュアルはビスマスの結晶が元になっているとのこと。少しサンドスターと形状の感じは違うが、ビスマスの結晶も特徴のある幾何学的形をしており、色の光沢を持っている。

[画像を見る]関連動画


■sm30883755[ニコ動]

[画像を見る]関連静画

■im6574982(静画)
■im6617722(静画)
■im6608852(静画)
■im6602408(静画)
■im6612101(静画)
■im6643638(静画)
■im6913873(静画)
■im7064017(静画)

[画像を見る]関連商品

■az4041054443
■az4041054494
■az4041054508
■az4041054516
■az4041054524
■az4041054532

[画像を見る]関連チャンネル

■ch2628354

[画像を見る]関連項目


最終更新日: 19/02/25 22:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ