ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


サンフレッチェ広島


ヨミ: サンフレッチェヒロシマ
掲示板をミル!
71カキコ!

サンフレッチェ広島とは、広島県広島市を本拠地とするJリーグ所属のプロサッカーチームである。


概要


日本プロサッカーリーグ
サンフレッチェ広島
基本情報
創設年 1938年
クラブカラー
ホーム
スタジアム
エディオンスタジアム広島広島広域公園陸上競技場「広島ビックアーチ」)[広島市安佐南区]
ホームタウン 広島県広島市
前身 マツダSC[旧](※エピソード参照)
優勝回数
J1リーグ 3回 ACL 0回
天皇杯 3回 CWC 0回
ナビスコ杯 0回 スルガ杯 0回
スーパー 3回 J2リーグ 1回
プロサッカークラブテンプレート

Jリーグ創設時から存在したいわゆる「オリジナル10」のうちの1チーム

前身は1938年に設立した東洋工業蹴球部。後に「東洋工業サッカー部」(※1971年)~「マツダスポーツクラブマツダSC)東洋工業サッカー部」(※1981年)~「マツダスポーツクラブサッカー部」(※1984年)~「マツダサッカークラブマツダSC)」(※1986年)と4度も名称を変更している。1991年Jリーグ加盟に伴いプロ化し、現在の名称になった。

称の『サンフレッチェ』の由来は、地元の戦国大名である毛利元就の「三本の矢」の故事にちなんで、「サン」は日本語の「三」、「フレッチェ」はイタリア語で「矢」を意味している。

ユニフォームは、2017年ホーム(厳密には)、ビジターが黄色

ホームスタジアムは広島ビッグアーチ過去には広島スタジアムを使っていた時もあった。

マスコットは、ツキノワグマのサンチェ君とフレッチェちゃん。サンチェ君はJリーグ創設時から存在し、Jリーグをあまり知らない人でも姿だけは見たことがある、という人が多いのではなかろうか。ただしサンチェは2013年整形しており、さらにマスコット大賞を受賞するなど昔の不細工&不人気っぷりからは考えられないことになっており、昔を知る人からすると隔世の感になっている。


Jリーグ創設当初のネタチーム


1994年に前期(サントリーシリーズ)優勝を果たすが、その際にテンションが上がったチームトレーナークリスタル製のチェアマン杯を粉々に粉砕してしまう事件が発生し、それ以降のチェアマン杯が金属製になったきっかけを作った。

また懲りずに翌年には、今度はユニフォームを忘れてサポーターからレプリカユニフォームを借りて試合をするというとんでもない伝説を打ち立てた(これは横浜フリューゲルスホームとなる試合で、サンフレッチェはアウェイということで当時の2ndユニフォームであるを持ってきてしまったが、当時のフリューゲルスチームカラーなので、本来であれば1stユニフォームであるを持ってこなければならなかった。後日、Jリーグから制裁が課せられたのは言うまでもない)。


2000年代以降


天皇杯では準優勝を4度(東洋工業サッカー部時代を除く)経験するなど健闘しているが、優勝経験はい。一方でリーグ戦では1994年以降は成績は芳しくなく、J2降格を2度経験している。だが、J2ではの様な強さを見せており、数々の記録を残している。

近年は2011年まで監督として揮を執っていたミハイロ・ペトロヴィッチのサッカースタイルが浸透し、二度J1昇格以降は毎年ランキング上位に位置するまでになった。また、そのサッカースタイル監督保一に交代しても受け継がれている。

2012年には、ベガルタ仙台との首位争いを制し、悲願のJ1リーグ戦初優勝を果たした。9月15日の首位対決で勝利を収め首位に立つと、終盤勝ち切れない試合が続いたものの、11月24日ホームC大阪を4-1で下し、オリジナル10としては最も遅い3大タイトルの1つを獲得とした。1ステージ制となった2005年以降で、最終節を待たずに優勝を決めたのは10年の名古屋以来2クラブ。また、西日本クラブが年間王者となったのは05年のG大阪に次いで2クラブとなった。なお、この試合での観客数は32,724人であり、3万人以上を動員したのは実に18年ぶりの事である。12月にはCWCに開催として初出場し、初戦のオークランド・シティに1-0で勝利。準々決勝でアルハリに1-2で敗れたものの、5位決定戦でアジア王者の蔚山(韓国)に3-2で勝利し、世界5位となった。

2013年浦和レッズへ移籍した森脇良太以外はほぼ昨年度のメンバーで臨むシーズン2月23日に行われたゼロックス杯で柏レイソルを1-0で下し、5年ぶり2度の優勝。2013年タイトルを獲得した。さらに12月7日の最終節、鹿島アントラーズを2-0で下し、1位であった横浜Fマリノス川崎フロンターレ敗北した為、二年連続優勝を果たした。

2015年シャドーのポジションで連覇を支えた高萩洋次郎石原直樹の二人がって退団し、前評判は非常に低かった。しかしレンタルで獲得したドウグラスボランチからシャドーにコンバートされた柴崎が前任者のを埋めて余りある大活躍。さらに後半15分前後に佐藤寿人から浅野拓磨バトンタッチして相手に止めを刺すという必殺パターン確立し、1stステージで3位という好成績を残す。
 2ndステージでもその勢いは止まらず、第3節でそれまで敗だった浦和レッズを敵地で撃破、第16節ではガンバ大阪勝、最終節は湘南ベルマーレを5-0の圧勝で下して、見事年間1位2ndステージ優勝の座を獲得。さらにはチャンピオンシップ決勝でも後半アディショナルタイムに劇的な逆転劇を演じるなど、圧巻の勝負強さで年間王者となり、この年のCWCへの挑戦権を得ることになった。
 CWCでは、初戦のオークランド戦で野津田柴崎が負傷交代するという事態に陥り、この二人を欠いたまま、かつ2二日の試合の連続という過酷な状況に置かれながらも、アフリカ王者マゼンベを撃破、南王者リーベル・プレートに惜敗、アジア王者広州恒大に逆転勝ち。リーグ戦で出番の少なかった若手を何人も起用しつつ、3位という見事な成績を残した。


有名な在籍選手・在籍経験がある選手



エピソード



関連動画



■sm993552[ニコ動]

■sm5180443[ニコ動]
■sm3597922[ニコ動]
■sm9940681[ニコ動]


関連商品


■azB01N7UJ75E
■az4522434332
■azB00ZR63NGA
■azB001F8ROHI


関連コミュニティ


■co1263
■co1816564


関連項目



クラブ公式リンク



最終更新日: 17/01/24 11:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ