ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ザイリン・ド・ザルツ


ヨミ: ウッカリザイリン
掲示板をミル!
20カキコ!

ザイリン・ド・ザルツとは、『ZOIDSシリーズアニメゾイドジェネシス』に登場するキャラクターである。
CV松本保典


概要


ゾイドジェネシス』の主人公ルージ・ファミロンライバル
乗機はバイオメガラプトル、後半からバイオヴォルケーノとなる。

ルージ達と敵対する軍事国家ディガルド少将(後の中将に昇格する)。
かつてディガルドに占領されたザルツ村の出身で、高いバイオゾイド適性を示してそのままディガルドに徴兵されたという過去を持ち、その際後にディガルド帝王となるジーンと出会い、友情を深めた。
(なお、彼の親友の姓も同じド・ザルツである事から彼の村の人間は全て統一された姓を持つものと推測される)

性格は基本的にクールで生指揮官としても働いているが、一方でゾイド乗りとしてのプライドも極めて高く、ナパーム弾など一部の中火器を除いて純に己の操縦技術だけで敵を倒す事こそゾイド乗りの本懐と考えており、後にバイオヴォルケーノが勝手にバイオ粒子を撃とうとした際には「やめろ!」と叫んでいる。
(この点、すぐ荷電粒子砲ぶっぱなしてオーバーキルまそうとするレイヴンブレードとは大違いである)

ある日、はぐれた先遣隊を探してルージ・ファミロンの住むミロード村に来訪し、そこには当時ディガルド追っていた元キダラ・カンが居たため彼を仕留めるべく村に潜入、自身は村へ攻撃する気はかったが、合流してきた後続部隊の乱入により戦闘に突入する事になり、そして後のライバルとなるルージとムラサメライガーと初交戦した。
かしこの時の戦いで誤って村のジェネレーターを破壊してしまい、ルージ達がに出る原因を作った。

その後は各占領地を転々としながらルージ達を追跡していったが、ルージ達によるディガルド討伐軍が結成された後のの河における戦いにて遂に敗北。自身は一命をとりとめ、さらにジーンより最新鋭バイオゾイドバイオヴォルケーノを渡される。

それ以降は自分のプライドを傷つけた相手としてさらにルージへの執着を強めていき、ヨークでの再戦からトラフ奪還戦までルージのムラサメライガーと幾度も渡り合ったが、バイオヴォルケーノのある秘密からザイリン自身が実を発揮する事が出来ずギルドラゴン上での戦いにてまたしても敗北、ヴォルケーノと共にソラティへと運ばれて治療を受ける羽になってしまった。

地上に戻ってからはヴォルケーノの件でジーンに不信感を抱くようになり、さらにバイオゾイドの適性がなかったはずの友人が自分の部隊に配属される事が書かれた書類を見つけた事から機械兵の真実を知る。怒りと悲しみに燃えながらバイオゾイド工場の破壊、そこに現れたジーンに対してディガルドへの決別を宣言し、そして彼もまたディガルド討伐軍へと加わり、彼とルージの和解は討伐軍の士気と戦をさらに高めるのに一役買う事になった。

自由の丘での最終決戦ではヴォルケーノのバイオ粒子バイオティラノバイオ粒子を使用不能にするという活躍を見せるも、やはりっ向勝負では敵わず戦闘不能になったかと思われたが、負傷しつつも再起しデッドリーコングと共にバイオティラノ拘束バイオティラノゾイドコアを剥き出しにし、ムラサメライガー勝利するチャンスを作っている。

終戦後には英雄として讃えられるルージの姿を見届けつつ何処かへと去っていった。

とまぁ、字面で書くと普通カッコいいキャラなのだが、劇中序盤にて誤って確保対であるジェネレーターに攻撃をぶち当てて壊しちゃったり、真似をするルージをそうと気づかずやり過ごしちゃったりと妙に抜けてるシーン立った事からファンの間では“うっかりザイリン”と呼ばれてネタにされており、なおかつ歳の差のあるルージを君付けで呼んで病的に執着していく様(イラスト参照)からショタコンっぽく見える事もあった。

デザインも2枚ながらある沐浴シーンではなぜか周りにバラが散りばめられるというイミフな演出がなされたり、敵役であるにも関わらずロンとミィのゾイド講座乱入したりと公式で弄られている節もあったりする。

それでも物語中盤、全ての真実の知ってジーンに自分の名を叫びながら啖呵を切るシーンは作中屈の燃えシーンとして名高い。


関連動画



■sm9370344[ニコ動]


関連商品


■azB0007URRH2
■azB000ALAGAS
■azB000AY1SNO
■azB000EIF5WQ


関連コミュニティ


■co4591


関連項目



最終更新日: 15/12/31 20:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ