ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ザクⅡ改


ヨミ: ザクツーカイ
掲示板をミル!
23カキコ!

この頃は思い出す。
初めてザクを見た日の事を。

ザクⅡ改(MS-06FZ ザクⅡFZザクⅡ最終生産、ザク改、ザクFZ)とは、OVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場するモビルスーツ

バーニィことバーナード・ワイズマン伍長の乗機として知られる。


概要


ZAKUFZ
ザクⅡ改(ザクⅡFZ)
MS-06FZ
頭頂高 17.5m
重量 56.2t(本体) / 74.5t(全備)
976KW
79,500kg
搭乗者 バーナード・ワイズマン
アルフレッド・イズルハ 他
装甲 チタンセラミック複合材
武装

統合整備計画」以降に開発された最終生産ザクⅡ一年戦争で最も生産されたFベースとしている。

な変更点はスラスターの増強と第2期生産コックピットへの刷新となっているものの、統合整備計画全に反映した事により、機体の基本構造も最新鋭の技術への修が行われ、最別の機体と呼べるほど大幅な変更が行われている(新規生産説と全面修説がある)。その性ベース機のFやそのマイナーチェンジを大きく上回り、スラスター増強の結果、スペック上の総推は「MS-14A 量産型ゲルググ」すら駕するにまで至った(RX-78-2 ガンダムよりも高い)。
しかも操作性はF準拠の為、複雑な操縦を搭乗者に強いる事もなく、学徒兵・新兵にも扱い易い配慮がなされていた。

だがプロペラントの採用は見送られており、増強された推に対して推進材消費が悪化し、作戦行動時間はベース機の半分にまで低下。また統合整備計画に準じた最新鋭の規格を搭載しているとはいえ、ジェネレーター自体は従来のザクⅡ同様の物を搭載しているため、ビーム兵器ドライブ不可能であった。

本格的な量産に入る前に一年戦争終戦を迎えた為、その生産数は極僅かに留まったという。

頭部を特殊な意メット状装甲でカバーしたフリッツヘルタイプ(B型)と呼ばれるFZも作中で確認されている。これは旧ドイツ軍のシュタールヘルムを模した物で、フリッツとはアメリカにおけるドイツ軍の別称をす。フリッツヘルタイプは『0080』劇中には登場しないが、漫画ギレン暗殺計画』やアニメ機動戦士ガンダムUC』でも登場する。

本機は初めて「ガンダムタイプと引き分けたザク」として広く知られている。
この他互以上に持ちこんだザクとしては
・ゲラート・シュマイザーの「旧ザクVSガンダム6号機
・ダリル・ローレンツの「サイコ・ザクVSフルアーマーガンダム(サンダーボルト)
ジョニー・ライデンの「フルバレットザクVSフルアーマーガンダム
…などが挙がる。
それらの先達として『0080』にて強敵ガンダムと引き分けたザクこそが、このFZである。

配備されたFZの内、サイクロプス隊所属のバーナード・ワイズマン伍長(バーニィ)の乗機が有名である。しかし厳密には彼がサイクロプスへ編入される前の乗機であり、作中ではそれをバーニィが修復して最後の出撃の機として使用する。

設定の変更

元々ザクⅡFの「デザインだけ」をリファインしたものという位置づけで、後に他のガンダムとの整合性を図るべく統合整備計画が設定され、この機体もザクⅡの新という設定に変更された、という経緯を辿っている。

ポケ戦に登場するジオンMSは全て統合整備計画を反映した全面修機(もしくは新規設計機)である。如何に性が高くとも、FZが誇るスラスター推すら普通に上回っている機種がどである。


統合整備計画


統合整備計画とは、マ・クベが立案したモビルスーツの規格をパーツ設計レベルで統合する開発計画の事で、部品の共有化、MS生産ライン簡略、操縦系統の統一を的としている。
これにより、他企業の機種・兵装との互換性を確保出来た為、ジオン兵器開発にとって重要な計画となった。

統合整備計画を織り込んで開発されたモビルスーツは第2期生産、もしくは後期生産とも呼ばれる。これらの特徴としは、第2期生産コックピットへの統一(操縦方法の共通化)が図られた事と、機構・内部フレームの変更などが挙がる。 また機体自体のリファインも行われ、第2期生産スペック統合整備計画以前の原機から向上し、ほぼ別物と呼べるくらいになった機体まである。

各資料を見る限り未だに統合整備計画の全容を把握出来ているわけではないようだが…。


ポケットの中の戦争


第1話「戦場までは何マイル?」
U.C.0079 12月1日。中立コロニー「リボー」に住む、戦争ヒロイズムを抱く少年アルフレッド・イズルハ(アル)はその日、ジオンの新兵バーナード・ワイズマンと出会う。コロニー内の戦闘で被弾したザクⅡFZが制御不可能なまま森林公園に落ちたのだ。戦争にあこがれるアルは初めて戦闘空気を間近で感じた。もはや動かないザク。だがそこから一人のジオン兵がコックピットから出て、アル口を向ける…。
[画像を見る]
第2話「色の瞳に映るもの」
バーニィは、破損したザクを出て興味深そうなアル気を抜かれ、コミュニケーションをとる事にした。その最中、ふとアルの持っていたビデオカメラをふざけ半分に取り上げて、撮影されていた画像データを確認するバーニィだったが、その中に不審に感じたデータ(コンテナ)があることを見逃さなかった。バーニィアル興味を示した自分の階級章と引き換えに、そのデータの入ったメモリーディスクを譲って貰う事にした。この時のバーニィには知る由もないが、彼のに映ったデータには、当時ジオン軍が血眼になって探し回っていた“ある重要機密”が隠されていたのだった。
その後友軍のザクに救助されデータを持ち帰ったバーニィは、特殊工作部隊(特務隊)「サイクロプス」に配備され、その重要機密…すなわちアムロ・レイ用に調整されたNT対応MSガンダムNT-1(アレックス)」の破壊に身を投じる事となる。(この時、破損したザクコロニーに放置されたままであったが、物語の最後に再び使われる)。
コロニーに再度潜入した後、バーニィアルと再び出会う事となる。隊長であるシュタイナーはアルたっての「仲間に入れて」との希望を他言用を条件に聞き入れ、アルから情報を聞き出した。
アルに関してはバーニィ付け役を命じる。それは子守りに他ならなかった。しかしアルバーニィは、共に“任務”をこなしていくうちに、次第に“友情”が芽生え始めたのも事実である。
しかしそんな平和アルにとっては冒険心に満ちた時間も、そう長くは続かなかった。
第5話「嘘だと言ってよ、バーニィ
バーニィにとって多くの仲間が死ぬ事となった。
潜入工作で彼の不用意な失敗のせいでもあるが、やはりガンダムNT-1の“脅威”も確かだった。もはやサイクロプス隊正規メンバーは新人である彼のみとなる。
その彼にとって追い打ちをかけるように、コロニー・サイド6は核によるガンダムの爆破が予定されていた。彼はこのコロニーに住むアルに友情を感じていた。そこで、彼はアルに脱出を薦める。すかさずアルは「ならバーニィが倒せばいい」と言う。しかし、アルにとってヒーローそのものだったバーニィの口から出た言葉は「はな、モビルスーツなんて一機も落とした事はないんだ」という、アルには信じ難い言葉だった。
突き放すようにアルと離別したバーニィ。不意に彼のにある言葉が入ってくる。「を付きとおす根性がい」…それは今の彼にとってはが痛い言葉だった。
その頃、アルクリスマスが帰ってくると知る。しかし24日に核ミサイルコロニーを焼くという作戦を既に知っていたアルは1人言葉を反していた。だが脱出を踏みとどまったバーニィアルに連絡し二人は和解。コロニーを救う為二人は再び行動を開始する。
第6話「ポケットの中の戦争
彼等はガンダムに再び破壊すべく、放置されていたザクⅡFZ修理に取りかかった(修理にはジム・コマンドパーツも使用された)。そして遂に彼等自身のザクの稼働に成功する。期限間近、クリスマス前日の事であった。
だが皮なことに、核ミサイル発射作戦は彼等の預かり知らぬところで既に阻止されていた。作戦決行当日にそれを空港父親から聞いたアルは、既にガンダム撃破の為に出撃していたバーニィを追った。
バーニィは既にザクで出撃しており、森林公園ガンダムNT-1を誘いだしていた。そこで仕掛けた“(イベント用の大風船を使用したダミーバルーン、発煙筒を使用した煙幕)”を駆使し、コクピット直撃の致命傷を負いながらもガンダム相手に善戦する。互いにしい近接戦にもつれ込むものの、損傷した両機には余・余裕などく、遂に戦いはっ向からの剣戟となる。
アレックスビームサーベルを、FZヒートホークを構える。
[画像を見る] [画像を見る]
「もう戦わなくていいんだ!」
その一部始終を追いながら、何度もザクに向かって叫び続けるアル。しかしアルの言葉はバーニィに届かず、FZヒートホークガンダムNT-1ヘッド(センサー)を薙ぎ払い、そしてガンダムNT-1ビームサーベルFZのコックピットを貫通する。

関連動画



■sm2366873[ニコ動]

■sm120731[ニコ動]


関連静画


■im2143398(静画)
■im3658796(静画)


関連商品


■azB001BDPURI
■azB078K3MBTM
■azB00171JH82
■azB01N90Z1EY

プラモデルは当時発売された旧キットやHGUCが発売中(B-Clubからは1/100ザク用の改造パーツも発売されている)。ただしHGUCは四肢の細さや胴体の形状などから造形には賛否両論あり、較的出渕氏のデザインしたずんぐりした設定画に近い体の旧キットの人気も根強く、こちらを選択するモデラーも多い。

■azB00OKGNE6C
■azB004JQP6QE
■az4063301109
■az4575464589


関連項目



最終更新日: 19/04/27 19:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社