ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ザヤックルール


ヨミ: ザヤックルール
掲示板をミル!
15カキコ!

ザヤックルールとは、フィギュアスケートの、ジャンプの回数を制限するルールである。 ざや・・・ ざや・・・

フィギュアスケートジャンプについてはこちらを参照。


概要


ざっくり言えば、得意な種類のジャンプだけを跳んで点数を稼ぐことを抑制するために作られたルールである。 具体的には

  1. 同じ種類の3回転ジャンプは、二度までしか跳んではならない。
  2. 二度跳ぶことが出来るジャンプは、二種類まで。
  3. 同じジャンプを二度跳ぶ場合、少なくとも片方はコンビネーションジャンプ、もしくはジャンプシークエンスにしなければならない(両方でも可)。

このルールにより、選手は多くの種類のジャンプを跳ぶことがめられる。なお、4回転ジャンプについても同じルールが適用される。また、2014-15シーズンより、2回転ジャンプについてもザヤックルールが適用されることになった。
このルールを言葉だけで理解するのはちょっと難しい。

そこで、せっかくのニコニコ大百科なので、ニコニコ動画からザヤックルールに違反した演技を参照しながら、
次項にて、このルールについて解説をしたいと思う。解説に誤りがあったり、不必要と思われる場合は掲示板にてご摘願いたい。


関連動画+解説



■sm14375616[ニコ動]

こちらは織田信成選手。

この演技では、冒頭に4T(4回転トウループ)+3T(3回転トウループ)を跳ぶ予定だったが、うまくいかず
3T+3Tになってしまった。そのため、ザヤックルール(前項の1)により、これ以上トウループは跳べないはずだが、
次のジャンプ3A(アクセル)+3Tを跳んでしまい、違反により、このジャンプ(3A+3T)は0点になってしまった。

■sm6580433[ニコ動]

続いて、織田信成選手。

この演技のジャンプの構成は、4T+3T、3A、3S+3T、3A3Lo、3F+2T+2Lo3Lz、2A である。
(A=アクセル、Lz=ルッツ、F=フリップ、Lo=ループ、S=サルコウ、T=トウループ ジャンプの略記号)

赤字がザヤックルールに違反したジャンプオレンジの部分はその違反のを受けて0点になってしまったジャンプ

この場合、赤字になっている二度3Aは、ザヤックルール(前項の3)によりコンビネーションジャンプジャンプシークエンスにしなければならなかったが、単独のジャンプになっているので、強制的にジャンプシークエンス扱い(3A+SEQ)になってしまう。

そので、オレンジ色の部分のジャンプが4回コンビネーションジャンプをなり、コンビネーションジャンプ(ジャンプシークエンス)は3回までしか跳んではいけないという、フリープログラムルールを違反したことになり、このジャンプ(3F+2T+2Lo)の得点が0点になってしまっている。

また、例えばの話だが最後の2Aがもし3Loだった場合は、ザヤックルール(前項の2)の違反になり、二度3Loはやはり0点になってしまう(ただ、この部分に違反する演技はあまりないように思われる)。

このように、ザヤックルールに違反すると本来貰えるはずだったジャンプの得点が少なくなってしまったり、ひどい場合は0点になってしまうなど大きな損失を被ることになる。

なので、選手は本来予定していた通りにジャンプが跳べなかった場合、ザヤックルールを考慮しつつ、演技をしながらジャンプの構成を考えなければならない。

この他に、実況・解説がザヤックルールについて説明をしている動画を以下に紹介する。

■sm12782348[ニコ動]

まずは織田信成選手。 実況・解説のテンションがすごく下がってしまっている。

■sm14297152[ニコ動]

こちらは織田信成選手。あ、あれ? 普段は落ち着き払った杉田秀男解説員も、驚きを隠せない。


小ネタ等


・なぜ「ザヤック」ルールと呼ぶのかというと、1982年世界選手権で、女子シングルのエレイン・ザヤック選手が4回、3回転トウループを跳んで優勝したことをキッカケに このルールが作られたため。
ただし、同じジャンプを多く跳ぶ選手はザヤックだけではなかった。ザヤックは犠牲になったのだ・・・

織田信成選手はザヤックルールに違反してしまうことが多い。あまりに多いので、その演技の動画は『織田信成ザヤ・コンボ違反シリーズ』というタグが付けられ管理されている。

・ザヤックルールに抵触することを、「ザヤる」と表現することがあるが、上記の理由により「オダる」という言葉が誕生した。


関連項目



最終更新日: 14/12/29 12:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ