ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シェンムー


ヨミ: シェンムー
掲示板をミル!
368カキコ!

シェンムーとは、鈴木裕が手掛けたコンピューターゲームシリーズ、またはその一作す。


概要


リアル再現された80年代横須賀の一舞台に、主人公が、青銅鏡を巡って活躍する、オープンワールドアドベンチャーである。

大量のフラグモーションキャプチャーボイス、ロケーションを作りこみ、現代の日本リアル再現している。これは当時、NHKで特集が組まれるほどの画期的な取り組みであった。

現代に近い世界3D再現したオープンワールドゲームの先駆け的存在であり、ファンタジー世界舞台としていたTESシリーズや、2DグラフィックだったGTAシリーズなどのそれまでのオープンワールドゲームとは一線を画す内容で衝撃を与え、2001年発売のGTA3や、その後セガが世に放った龍が如くシリーズなどに多大なを与えた。

当時としては画期的だったその自由度から、新ジャンルFREE』を自称していた。

現在の最新タイトルべると、行動範囲は狭く、グラフィック美麗さでは劣るものの、写真駄菓子の一つ一つを手に取って見られるほどの細部までが作りこまれている。特に、NPCは実に数人いるにも関わらず、それぞれ多種多様な動きがモーションキャプチャー再現されているうえ、フルボイスで会話する。また、一人一人が生活習慣をプログラムされており、非常にリアル再現している。

時間経過との変化の描写も評価が高い。さらには、ゲームセンターSEGAアーケードタイトルをそのままプレイ出来ると言うアイデアも当時としては画期的であった(第一章ではスペースハリアーIIではアフターバーナーなど)。

このように、作りこみという点では、現在ビッグタイトルにも引けを取らない作品である。


開発費


シェンムーの開発には相当な予算がかけられており、1作だけで実に約64億円の製作費がかかっている。これは、MGS455億円)やFF13(36億円)など、現代のHDゲームの予算さえもえる額であった。

製作費については1作しか公式にその額が明かされていないため正確な額は不明だが、2作合計で90億円程度の製作費がかけられたとされている。その一方、販売数は2作合わせて約75万本程度と、どう見積もっても40億円以上の巨額の赤字を出したことになる。

ただし、この開発費の大半はゲームエンジンオープンワールドのノウハウを1からすべて作らなければならないことから生じたものであり、1作べて2作では大幅に製作費が減少している。作られたノウハウの運用やゲームエンジンの販売等、ゲームの売り上げ以外でもかなり大きな収入があったので40億円がそのまま赤字になっていた訳ではない。


シリーズ作品



「シェンムー 一章 横須賀」(1999) / シェンムーII(2001)


鈴木裕はずっとアーケードゲームの開発に携わっていたが、それは「プレイ時間が3分になる」ように設定しなければならない世界だった。"ひとつの長いプレイメッセージを伝える"ということをやってみたくなった鈴木は、まったく新規のRPGいちから作るのではなく、既存のIP(知的財産)である「バーチャファイター」の世界RPGにするという形で開発を進めていたが、新しいゲーム機ドリームキャスト」を出すことになり、新しいハードには新しいタイトルの方がいいだろうということで、新規IPとして「シェンムー」を作ることになった。『シェンムー3』発売記念インタビュー。鈴木裕が語る『シェンムー』という旅路[外部] 2019.12.1

第一作「シェンムー 一章 横須賀」は1999年に発売され、ドリームキャストを擁するセガにとっては大きな販促タイトルであった。鈴木裕は開発とマーケティングに4700万ドルの費用がかかったとっており、また、シェンムーのストーリー完結するまでに少なくとも5本は必要だとも言っていた。People of the Year 2019:鈴木 裕氏[外部] 2019.12.10

「シェンムーII」がまだ開発中であった2001年1月セガハードウェア事業から撤退することを発表した。セガが家庭用ゲームハード事業から撤退。ドリームキャストの製造を終了【今日は何の日?】[外部] 2020.3.31「シェンムーII」は発売されたものの、全11章の内、6章までのストーリーまでしか描かれなかったため、ストーリー完結しなかった。


シェンムーオンライン


2004年MMORPGとして「シェンムーオンライン」を開発することが公式発表されhttp://game.watch.impress.co.jp/docs/20040803/shen.htmクローズベータテストまで実施されたが、その後開発会社が変更、そして2007年にはセガ中国オンラインゲーム市場からの撤退を発表し、事実上の開発停止となっている。

生みの親である鈴木裕は当初「シェンムー3」の制作を熱望していたようで、2006年以降はシェンムーオンラインにてシェンムーの物語完結させる手段も考慮しているという噂が海外メディアによって伝えられていた。


シェンムー街


2010年10月yahoo!モバゲーにて、ソーシャルゲーム「シェンムー」のリリースが正式発表されたが、2011年12月26日サービスを終了した。http://www.ysnet-inc.jp/shenmue-gai/index2.html


シェンムーⅠ&Ⅱ


「シェンムー 一章 横須賀」と「シェンムーII」をカップリング移植したもので、2018年11月セガゲームスから発売された。

英語版ベースSEGA Europe移植作業を行っている。テクスチャは基本的に当時のままで、実在企業とのコラボについてはすべて架企業、製品に変更されている(セガアーケードゲームについてはそのまま残されている)。PS4版とPC版が存在するが、日本ではPS4版のみ販売されている。[TGS 2018]開発者すら諦めかけていた「シェンムーI&II」移植。国内スタッフに制作の裏側を聞いた[外部] 2018.9.26


シェンムーIII


シェンムーIIが発売されてから14年経過した2015年6月16日日本時間)のE3にて鈴木裕氏が登壇し、シェンムーIII製作を発表した。対応機種はPCPlayStation4

開発資を集めるためのクラウドファンディングKickstarterキックスターター)にて同時にスタート、わずか8時間で標額の200万ドル(約2億4000万円)に到達した。

Kickstarterでの募集は2015年7月18日に終了、調達額は633万3296ドル(約7億8千万円)で、延べバッカー数は69,320人、五十嵐氏の『Bloodstained: Ritual of the Night』をえ、ビデオゲームカテゴリにおける最高調達額を記録した。http://www.gamespark.jp/article/2015/07/18/58654.html

発売時期は何度か延期されたものの、2019年11月19日に発売された。

関連リンク


関連動画



■sm4808951[ニコ動]

■sm408057[ニコ動]
■sm619938[ニコ動]
■sm568571[ニコ動]
■sm9213[ニコ動]
■sm7370574[ニコ動]
■sm17574794[ニコ動]
■sm26501627[ニコ動]

■sm593178[ニコ動]
■sm506200[ニコ動]


関連商品


■azB000062YCN
■azB00006LJTA
■azB000058ABB
■azB00005GO72
■azB00005S7DL
■azB07G4Q9XRF


関連リンク



関連項目



最終更新日: 20/06/01 19:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ