ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シスターナナ


ヨミ: シスターナナ
掲示板をミル!
64カキコ!

シスターナナとは、ライトノベル魔法少女育成計画』に登場するキャラクターである。無印で初登場。シスター魔法少女

アニメ版のシンボルマークは先のった十字架。

CV:早見沙織

ネタバレ内容が含まれているため、一部記述を反転してあります。閲覧には注意


概要


ステータス
破壊 ★★★
耐久 ★★★
俊敏性
知性 ★★★
自己
野望/欲望 ★★★
魔法ポテンシャル
好きなもの 恋愛小説
イチゴ
焼き
嫌いなもの 乱暴者
体脂肪
不潔な人

教会の修女を模した格好の魔法少女。作中のソーシャルゲーム魔法少女育成計画」に選ばれ本物の魔法少女となった。ヴェス・ウィンタープリズンコンビを組んでおり常に一緒に行動する。

ちなみに、修女の姿をしてはいるが、別にに仕える身でも禁欲義を貫いてるわけでもない。本人に信仰心はく、あくまでも装が修なだけである。さらにその装もセクシャルな方面にカスタマイズされている。

かつてラ・ピュセル魔法少女となった際にレクチャー役を買って出ており、一時期コンビを組んでいた。また、を本物の魔法少女とする際に協を依頼した縁(マジカロイド44からは重要な固定客と見られていた)でマジカロイド44とも友好関係である。

性格は慈悲深く優しい性格。女性である事を強調する仕向が多く、パートナー男性的な面が立つのと対照的。マジカロイド44が売りつける用途不明なマジカルアイテムを悉く購入しているなど、相手を条件に信用してしまう所がある。

理想義者で、どのような状況でも理想的な状況を見続け追いめている。しかし、それは現実的ではなく中身のない文字通りの絵事であり、そういう意味では夢想に近い。

本名は羽二重奈々(はぶたえ なな)という大学生ヴェス・ウィンタープリズン=亜柊雫(あしゅう しずく)とは大学のゼミで出会って以降性別をえた恋愛感情を互いに抱いており、相思相愛の仲。現在は自宅であるマンションの一室にを招き入れ半同棲生活を送っている。

元々は大学で、いわゆる『オタサーの姫』をやっており、外見や的にも優れているの事は嫌っていた。彼女奈々当てでサークル入りし、として持ち上げられなくなった事に対して怒りと嫌悪を覚えていたところで魔法少女となる。容姿が変わることを利用して二人で遊びに誘われた時にシスターナナの姿で『事情があって来られない代理できた友人』と偽って参加。縁を切ろうとするが、外見的には正体とはべようもいほど美しいはずのシスターナナにはもくれず、奈々本人ではなかった事を落胆するを見て、見方を変える。

人であるへの情はかなりなものであり、に「ヒロインを守るステキな王子様」像を押し付け、自らは「王子様に守られるか弱く綺麗なヒロイン」となる事に固執している。自己へのウエイトがかなり大きく、「好きなもの」にの名が挙がっていないのもそうした内面が理由であろう。本人はその事を理解したうえで奈々の望む通りにしようと決意しており、奈々本人も自らの情がんでいる事を自覚している。

ウィンタープリズンに『王子様として自分を守って貰いたい』というんだ理想をえてもらう為に、意図的に危険地帯に足を踏み入れる事がある。カラミティ・メアリの縄りに足を踏み入れ襲われた際に守って貰い、その事を周囲にのろけ話として自慢したことも。この自慢話が後にスイムスイムに、カラミティ・メアリと戦うための前戦としてを付けられる原因になっている。

ゲームが始まって以後も行動概念は変わらず、トップスピードリップル平和を説いて胡散くさく思われている。奇麗事ばかり言うためゲームを差すとしてクラベリーから排除されかかったが、シスターナナの強化魔法を受けたウィンタープリズンが互の勝負をしたことで見逃された。

ルーラ亡き後を継いだスイムスイムの誘いに乗り、ウィンタープリズンと共に王結寺に赴く。そこで自らに化けたユナエルにより、ウィンタープリズンが重症。シスターナナは自ら戦う事はせずに「逃げろ」という言葉に従い、撤退するのだった。

自宅に戻り、がいつまで経っても帰ってこない事から運命を悟る。「戦って報復するのは自分が望んだ理想のヒロイン像ではない」として、自ら命を絶ってゲームから降りた。

善人的な外見、行動とは裏に自己に満ちた人物。リップルからも「奇麗事を言っているが、が自分の母親と同じ濁り方をしている」。トップスピードも「違った歪み方をしている」と分析されている一方で、スノーホワイトからは弱った所に手を差し伸べてくれた人物として感謝と尊敬を受けている。

……が、その後に自殺を図っており、スノーホワイトは手を差し伸べられたまま、助けられる事なく放り出される形になっている。死を選んだ時も、自ら「困った時は助け合おう」と協を申し出たスノーホワイトの事を思い出す事はなかった。


外見


の修を着用している。ただしその修は(にセクシャルな面で)かなりアレンジが入っている。

肩出し・出しなうえに胸部分が別パーツのようになっており、胸を強調しているデザインチャイナ服のようにスリットがかなり深い部分まで入っており美脚をこれでもかと見せ付けている。ニーソックスガーターベルトで留めている。修女らしくベールを被っている。靴は赤色ハイヒール

髪の色はベージュ。に掛かるほど長く伸ばし、先がカールしている。

本来の姿はふっくらとした貌の女性。ふわふわした髪型白色フリル好きで、タイツ柄が入っており、かわいさへの追求が見られる。靴は魔法少女時と同じ赤色魔法少女時の姿が細身なのは自らの容姿へのコンプレックスが反映されているのかもしれない。


装備


『修
シスターナナの名前の元にもなっている修
本来は清楚な格好のはずが、大胆なスリットやそこから見えるガーターベルトや胸元の協調されたデザインなど妙に扇情的。武装の類はないが、彼女の身体スペックはそこらの武闘魔法少女以上なので特に問題はない。
(が、本人が守られることに執着してるため、自ら拳を振るう事はない)


魔法


本人の願望が元となったであろう。対者の身体を大幅に引き上げる。対は視界に収まってなければならず、視界から外れてしまうとは上昇しなくなる。また、自分を対とする事は不可能パートナー必須の、全にコンビを組む前提のサポート向けである。

ちなみに「好きな人」と書かれているが、任意の相手という意味であり、別に恋愛感情を抱いていなくても対に出来る。好きにも色んな意味があるのだ。

その性格や魔法から受ける印に反して、ヴェス・ウィンタープリズンのような戦闘魔法少女と肩を並べるほどの身体を持つ。しかし、本人が「王子様に守られるヒロイン」であることに執着しているため、戦闘では魔法によるサポートに終止し、積極的に戦闘に参加することはまずない。


関連商品


■azB01M0TE587
■azB01LXK6PVR


関連コミュニティ



関連項目


16人の魔法少女

最終更新日: 16/12/10 02:41
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ