ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シュガー・ラッシュ


ヨミ: シュガーラッシュ
掲示板をミル!
204カキコ!

シュガー・ラッシュ(原題:Wreck-It Ralph)とは、リッチ・ムーア監督によるディズニーCGアニメ映画。および、作中に登場する架レースゲーム

アメリカでは2012年11月2日日本では2013年3月23日開。短編アニメ映画ひこうき」が同時上映。
2018年、続編となる「シュガー・ラッシュ:オンライン(原題:Ralph Breaks the Internet)」も開された。(アメリカ2018年11月21日日本2018年12月21日


あらすじ


とあるゲームセンター。そこで稼働するゲームキャラクターたちは、実はそれぞれが意志を持ち、閉店後にコンセントを辿って交流を深めていた。

稼働から30周年を迎える人気レトロアーケードゲーム『フィックス・イット・フェリックス』の悪役ラルフCV山寺宏一)は、自分の立場に不満を抱えて毎日を過ごしていた。共演するゲームキャラたちからものけ者にされるラルフは、悪役ではなくヒーローになりたいという夢を抱いていた。そんな中、ラルフはある日ふとしたことから共演するキャラたちと諍いになり、ヒーローになるためメダルを獲得するという賭けをしてしまう。

ガンシューティングゲームヒーローズデューティー』の世界に潜り込んだラルフは、紆余曲折の末メダルゲットするものの、その世界モンスターであるサイバグを孵化させてしまい、サイバグの幼生とともに脱出ポッドで『ヒーローズデューティー』の世界を飛び出し、お菓子世界レースゲーム『シュガー・ラッシュ』の世界に迷い込む。

そこでラルフが出会ったのは、レースに出場することを夢見る少女ヴァネロCV諸星すみれ)。だが、ヴァネロペには不具合があり、他のキャラクターたちはヴァネロペをレースに出場させるまいと妨を繰り返す。メダルをヴァネロペに勝手に使われてしまったラルフは、メダルを返してもらうことを条件に、ヴァネロペに協することになる。

一方、ラルフの消えた『フィックス・イット・フェリックス』は故障とみなされ撤去の危機に陥る。主人公フェリックスCV花輪英司)は、ラルフを追いかける中で、サイバグを追う『ヒーローズデューティー』のカルホーン軍曹CV田村子)と出会う。フェリックスはラルフを連れ戻すため、カルホーン軍曹ゲーム世界を食い荒らすサイバグを殲滅するため、ともに『シュガー・ラッシュ』の世界を訪れるが……。


概要


ゲーム世界舞台にした、ファンタジーアドベンチャー映画。『トイ・ストーリーシリーズゲーム版、と言えば雰囲気は伝わりやすい。

舞台となる『シュガー・ラッシュ』『フィックス・イット・フェリックス』『ヒーローズデューティー』の3作品はいずれも本作オリジナルの架ゲームだが、『スーパーマリオシリーズクッパ、『ストリートファイターII』のリュウケンベガザンギエフ、『ソニックシリーズソニック・ザ・ヘッジホッグ、『パックマン』のグズタなどなど、実在するゲームキャラクターたちも作中に脇役として多数出演している。

日本では吹き替え版のみが2D/3D2013年3月23日開。

余談だが、この開日から遡ること5日、東京ディズニーリゾート30周年イベントを先行スタートさせている。よくよく考えれば『フィックス・イット・フェリックス』、なぜわざわざ30周年という設定にしたのだろうか。まるで、「12月開されたディズニーアニメは、日本では翌年開される」ことを知っているかのようだ……。さらに登場するゲームキャラクターの多くが日本生まれなのは言うまでもなく、『シュガー・ラッシュ』も日本製という設定である。

これだけ日本ラブコールを送り、日本でもヒットした作品にも関わらず、東京ディズニーリゾートからは30周年期間のみならず2015年現在に至るまで、同じくジャパニーズテイストの作品『ベイマックス』ともどもガン視されている。他のディズニーパークには居るのに、何故だ……


登場するゲーム


登場する3作品はいずれも、日本ディズニーゲーム公式にて実際にプレイすることができた。こちら[外部]現在アクセス不能

現在こちら[外部]英語)でプレイプレイにはUnityの導入が必要。

シュガー・ラッシュ

90年代リリースされた、お菓子舞台にしたレースゲーム

アイテムによる妨も可な『マリオカート』的なシステムで、監督のリッチ・ムーア氏もマリオカートインスパイアされた旨の内容をインタビューっている。レインボーロードもあるし

日ごとにゲームに登場するキャラクターが違うという特色があり、ゲーム世界では翌日の出場者を閉店後の予選レースで決定しているという設定になっている。

フィックス・イット・フェリックス

1982年リリース8bitレトロゲーム

悪役ラルフが破壊するアパートビルを、主人公フェリックスを操作して、ラルフの落とすレンガを避けながら全ての修理すればクリア
ゲーム性としては『ドンキーコング』から影を受けており、ラルフのずんぐりしたデザインもそれらしい。

ヒーローズ・デューティー

カルホーン軍曹の部下となり、昆虫の機会生命体サイバグと戦う現代FPSガンシューティングゲーム
その内容とタイトルから、『HALO』や『Call of Duty』などのFPSゲーム元ネタと考えられる。

作中に潜り込んだラルフは「なんでゲームはこんなに暴力的で恐ろしいものになったんだ」と言っている。


関連動画



■1347517715[ニコ動]

■sm19206982[ニコ動]


関連商品


■azB00CR63YVW
■azB00CR63Z0W
■azB009BYLLVS
■azB00CRSN366
■azB00AU5R6QQ
■az4037919508


関連項目



最終更新日: 18/12/24 20:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ