ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ショーン・コネリー


ヨミ: ショーンコネリー
掲示板をミル!
19カキコ!

ショーン・コネリーSean Connery)とは、スコットランド俳優である。


概要


ショーン・コネリー

本名、トーマス・ショーン・コネリー。1930年8月25日生まれ。

 1954年から俳優としての活動を開始、それまでは牛乳配達だの、ロイヤルネイビーだの、ボディビルだの職を転々としながら生計を立てていた。

 1962年007シリーズの初代ジェームズ・ボンド役に抜されて世界的に有名な俳優となる。007には計6作出演した。

 降以降も、1987年アンタッチャブル』でアカデミー助演男優賞、ゴールデングローブ賞を受賞するなど、名優として名高い。

 2006年俳優引退を宣言。顔出しでの映画出演は、2003年の『リーグオブレジェンド』が最後。以来、何度かカムバックオファーされているがすべて断っている。

 若いころから抜け毛が多く、ジェームズ・ボンド役に抜された時点でかつらを着用していたが、当人としては役のためとは言え、かつらをつけるのは嫌だったようである。007を降して以降はかつらをほとんど被っていない。
 一方で体毛がやたらと濃く、ジェームズ・ボンド役に起用されたときは「こんな胸毛ボーボーのマッチョボンドやらせるのか!」という批判が起こったほど。

 ちなみに、極真空手初段だったりする。

ジェームズ・ボンド

 第1作『ドクター・ノオ』でデビューし、第5作『007は二度死ぬ』まで出演。
 その後、第6作で交代したジョージレーゼンビーの評判が(当時)非常に悪かったため、第7作『ダイヤモンド永遠に』で一度だけ復帰した。
 また、さらにその12年後には、シリーズ制作権をめぐるゴタゴタの最中に生まれた半公式番外編『ネバーセイ・ネバーゲイン』(第4作『サンダーボール作戦』のリメイク)にもボンド役で復帰している。

 コネリーの演じた初期007作品は、今でも非常に人気が高く、いわば正調007としてファンされている。特に第2作『ロシアよりをこめて』から『サンダーボール作戦』にかけての3作は、シリーズ最高傑作補にも挙がる。
 後年のボンドべると、あまり人間的な側面が描かれず、冷エージェントとしての姿ばかりが描かれている。たまに美女ハントしてジョークかます以外には、ひたすら任務に励むだけのボンドで、敵を殺す際のあっけなさや冷たさはシリーズ随一。

 現在でこそボンド役――ひいては「英国紳士」の代名詞として浮かぶコネリーだが、ボンド役への起用が発表されたときにはいろいろ批判を浴びた。労働階級出身のマッチョな大男であるコネリーは、原作者やファンイメージするボンドとはかけはなれていたからである。
 しかし、当時のプロデューサーハリーサルツマンとアルバート・ブロッコリ)は、そんなマッチョなコネリーを気に入って起用した。そこで、当時の007シリーズ監督だったテレンスヤングは、自らの行きつけのテーラーレストランにコネリーを連れていき、マンツーマンで、紳士としてのふるまいを叩き込んだ。おかげで、田舎者の肉体労働者だったコネリーは、撮影開始時には立英国紳士と化していたという。

大百科に記事のある出演作品

関連動画


■sm1483703[ニコ動]


関連商品


■azB0001WGM04
■azB000S5K4N0


関連項目



最終更新日: 18/10/12 22:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ