ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シルバーホーク


ヨミ: シルバーホーク
掲示板をミル!
45カキコ!

シルバーホークとは、

  1. STGダライアスシリーズに登場する戦闘機
  2. 香港SFアクションヒロイン映画
  3. 1981年デビューしたアメリカまれの競走馬日本競馬ではグラスワンダーとして知られる。
  4. 中国軍向け通信中継用UAV。正式な漢字名称は「銀鷹」。

ここでは1の項について説明する。


概要


ダライアスシリーズ役機。1号機(1P機)は赤色2号機(2P機)は青色量産型黄色カラーリングとなっている。機体の外見はそのものをイメージした鋭的なデザインが特徴。特に機体上部のカッターと機体先端部はそれぞれの鉤、嘴のように見える。コクピットはキャノピーの露出を可な限り抑えたものだが、エースコンバットシリーズのコフィンシステムのようなものが採用されているようで、全方位を見渡すことができる(Gのエピローグで確認可)。搭乗はコクピット下部の乗降口から行う(初代のエピローグで確認可)。

武装は各作品で大きく異なるが、多くの作品で搭載されているのは、対兵器ミサイルレーザー、ウェーブ、対地兵器で最大4方向に発射できるボム、全方位からの敵の攻撃を防御するシールドのアームなどである。各作品での細かい設定や武装に関しては下記参照。全てのシルバーホークには共通で、亜空間を利用した支援設備による補給機が採用されており、これにより長期かつ大規模な戦闘が可となっている。

横STG御三家の1つであるダライアスシリーズの機体ということもあり、STG界ではビックバイパーR-9と並ぶ知名度を持ち、シューターの間では知らぬ者はいない名機。

名前の「シルバーホーク」は、惑星ダライアスに残る伝説の名である。そのは、戦う者のオーラを吸収し成長するを持っていて、かつてはの使いとなり、「アムネリア」と呼ばれた男を導いて、戦いに明け暮れる人類に平和をもたらしたと言う。機体としてのシルバーホークは、人類にとって脅威であるベルサーシーマの魔の手から逃れ、2人の男女による「種の保存」を行うための希望となった。シリーズを通して、1号機には男性2号機には女性が搭乗している(バーストのみ例外)。


バリエーション


記事がある作品の基本システムの詳細は、その作品の記事を参照。


ダライアス


惑星ダライアスの人々が最初に開発したシルバーホークは、惑星ダライアス最古のデータに残っていた戦闘機、恐らくは惑星アムネリア製のシルバーホークを模して、小輸送機改造した急造機であった。にもかかわらず、エネルギー粒子タキオンを動に使用したことで、亜空間航行を可とし、パルスレーザーバイオニックウェーブと言った強な攻撃を持ち、対流化タキオン粒子を装甲に固着させてエネルギーシールドを展開できるなど、通常の機体ではありえない高性戦闘機に仕上がった。「オリジナルのシルバーホーク」と言った場合は惑星アムネリア製の機体よりも、本機をすことが多い。

ゲーム中では、画面が広大な上にショットの連射は3~5発程度であるため、弾切れが起きやすい。ミサイルは貫通性がないので問題ないが、レーザーは攻撃範囲が狭くて敵に攻撃を当てづらく、貫通性が災いして弾切れもしいため、使い勝手が悪い。特にファティグラトン戦での相性は最悪なので、旧バージョンではミサイルパワーアップを止めていたプレイヤーが多かった。ウェーブはパワーアップしても連射性は上がらないが、攻撃が高く、地形を貫通でき、攻撃範囲が広いため強

バーストではオリジンシルバーホークの名で登場。PSP版にも登場している一の旧作機体である。PSP版ではレジェンドの下位互換としか言えないようなものだったが、アナザークロニクルでは再調整された。ショットボムの威が純に高いため、バーストやその他の特殊がなくても火力は高い。ウェーブは原作通りほぼ全ての敵を貫通する。ただし、旧作機体全てに言えることだが、バースト機とべて防御性は低いので上級者向けである。


ダライアスⅡ


太陽系の人々をベルサーから守るため、惑星オルガオリジナルのシルバーホークのタキオンドライブの研究を行い、強化を行った。その結果、惑星アムネリア反物質エネルギー機関と同等の出を得ることに成功、オリジナル駕する性となった。新兵器としてパルスキャノン(ナパーム弾、エナジーレーザーとも言われる)、プラズマレーザーを装備する。

ショットパワーアップしても貫通性が付加されず、貫通性があっても補助武器のレーザーでは敵を捌ききれないため、場所によっては思わぬ苦戦を強いられることがある。近距離での攻撃は高いが、連射は4発なので、前作同様遠距離からだと弾切れしやすい。ボムは下2方向のみに発射され、パワーアップすると地面を這って進むようになる。ミスするとアーム以外の全てのパワーアップが最弱状態になってしまうので、まともにクリアしたければノーミスを心がける必要がある。

バーストではセカンドシルバーホークの名で登場。原作との違いには、ボムパワーアップが異なることが挙げられ、最終的には4方向に高速で射出される直進ボムとなっている。また、補助レーザーの発射本数が増えている。原作と同様、密着時の火力は高いが、ショットに貫通性がないために、雑魚敵の物量進行には弱い。


ダライアスツイン


惑星オルガ製のシルバーホーク。と同じくオリジナルを強化したものと思われる。

1人プレイでは緑色のシルバーホークが使用できる。ショットは通常はナパームショットとしてパワーアップするが、途中で特定アイテムを取るとパワーアップ方式が変わり、ウェーブになる。ウェーブは貫通性を持ち、持続的にダメージを与えるので、ウェーブの方が強い。ボムは実弾→レーザーエネルギー弾の順でパワーアップする。


ダライアスフォース


3種類のシルバーホークを選択可ショットは8段階あり、4、7段階で攻撃が変化する。ショットボムを同時発射すると、互いにパワーダウンした状態で発射されるが、それを利用して使い勝手の悪いショットを使わないでプレイすることも可。基本的に連射は2発のみなので、他作品とべると爽快プレイができるとは言えない。ゲームボムレーザーに切り替えることができるが、レーザーは攻撃がまるでないので、あまり使われない。

1号機

初代で使用された機体。カラーリングノーマルショットレーザー→ウェーブの順で強化。レーザーは連射性がとても低いため、非常に使いづらい。ウェーブは強

2号機

で使用された機体。カラーリングノーマルショットを経た後はそのままナパームショットとして強化。連射性が低いショットがないので、使い勝手は他の機体とべるといい。貫通性はない。

3号機

新たに登場した機体。カラーリングノーマルショット拡散レーザー→高圧縮レーザーの順で強化。拡散レーザーは前方をなぎ払うように発射される。雑魚の掃討には向いているが、決まった場所を攻撃できないのが大きな欠点。高圧縮レーザーは長時間攻撃できるが、照射後のき時間が長め。


ダライアス外伝


惑星ヴァディスで独自に開発されたシルバーホークを使用。動惑星アムネリアで開発されたA.N.の技術を応用した縮退炉エンジン。消費されたエネルギーが循環してそれを回収し再び動にでき、燃料は物質の種類を選ばないので、少量の燃料で可動する。武装面では、同じくA.N.技術を応用して、キャプチャーシステムブラックホールボンバーを採用。キャプチャーシステムは敵にウィルス弾を撃ち込み、コントロール部を剥離させ、それを回収することでキャプチャーができるようになる。ただし、惑星アムネリアのものとべると技術が発達していないため、性能面では劣っている。

一度に発射されるショットの数が多く、連射がしやすいため、連射装置があるととても爽快プレイができる。また、ボンバーを使用できるので、咄嗟の緊急回避がしやすい。

バーストでは外伝シルバーホークの名で登場。パワーアップ原作とほぼ同じ。公式側でも原作ネタは意識されているようで、クロニクルモードで装備固定条件だと、必ずウェーブ+白玉(ゲーム中では赤色)×2+オプション×2の状態で始まる。常に隙のない攻撃ができるが、火力の低さが欠点。バーストゲージ満タンだと、ブラックホールボンバーを使用可ボンバー原作より弱体化しているが、低威ショットの補助と防御性の底上げとして重要な役割を担っている。


Gダライアス


惑星アムネリアシーマに対抗するべく、かつての戦争で造り上げられた全てをにする悪魔All Nothing(A.N.)」と、鹵獲したシーマ機動兵器融合させて開発された高性戦闘機。対兵器と対地兵器の他にキャプチャーシステムが搭載されており、亜空間通信技術を使用して敵のコンピューターにハッキングを行い、その機握、僚機として使役し、その攻撃を利用することができる。さらにはキャプチャーした敵をエネルギーに変換してボンバーαビームに変換することが可。最古のシルバーホークであるが、歴代シルバーホークの中でも極めて高性で、特にαビームにより絶大な戦闘力と破壊を持つ。

基本的なパワーアップシステムは最も初代に近い。ショット外伝と同じく連射がしやすく、弾切れになることはあまりない。キャプチャーボールによる敵のキャプチャーがこのゲーム醍醐味であり、様々な雑魚敵、中ボスの攻撃を利用した攻略が楽しめる。αビームは極めて強で、その威ボスや一部の特殊な敵を除けば全ての敵を一あぶっただけで撃破できるほど。設定的にもゲーム的にも非常に強なシルバーホークである。

バーストではジェネシスシルバーホークの名で登場。他の旧作機体とは違って独自の設定があり、バースト機関を応用してかつてのアムネリア製シルバーホークを再現したものとなっている。そのため、本機もバースト機体の1つという見方もある。αビームαバーストビームで、搭載できなかったキャプチャーシステムは2機のサポートユニット疑似的に再現された。

αバーストビームは威の高さと敵弾消去に加えて、簡単に敵バーストを撃ち返せるため、正面に対する火力は絶大。エネルギーの回収率の高さ故、撃ち終わっても較的短時間でビームを照射することが可。さらに、耐久性のあるサポートユニットとそれによるミサイル属性ショット、3つのフォーメーションの切り替えにより、防御面でも隙がない。機に関しては原作にも負けず劣らないが、弱点が全くない訳ではない。ショットそのものの威はそれほど高くないこと、αバーストビーム照射中は正面以外が隙だらけな上に中断・機体反転不可能であること、サポートユニットを使った防御には設置バースト以上にテクニックが要ることなどを考えて操作する必要があり、過信は禁物。αバーストチャージ中断を用いたサポートユニット無敵殴打という、高威かつ大倍率の近接高等テクニックを使いこなせるかが、スコアアタックの鍵となる。


ダライアスバースト


最新鋭のシルバーホークで、ベルサーの捕虜となっていたアムネリア人が開発したバースト機関を搭載。αビーム級のビームを発射可で、さらにバーストパーツを操作することで全方位を攻撃することも可。また、バースト機関にはコンピューターウィルスに対する免疫があり、ベルサーネットワーク攻撃の回避に成功している。開発されたのはそれぞれ形状が異なるレジェンドネクストの2機のみだけだったが、6年後を描いたアナザークロニクルでは、新がいくつか開発された他、バースト機関の量産にも成功。量産型シルバーホークバーストによるベルサーへの一大反攻作戦が展開されている。

バーストは単に発射するだけでなく、設置発射することで防御的な使い方ができたり、二手に分かれて攻撃したりと、かなり戦略的なシステムとなっている。バースト機のウェーブはこれまでの作品とは違い、敵に対しての貫通性はほぼなく、その代わり連射しやすくなっている。また、機体ごとにウェーブの性微妙に違う。アナザークロニクルでは、筺体の座席位置ごとに機体のカラーリングが決められていて、1Pから順にとなっている。

シルバーホークバースト1号機 レジェンド


次へ»
最終更新日: 17/01/01 16:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ