ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シロサイ(けものフレンズ)


ヨミ: ケモノフレンズノシロサイ
掲示板をミル!
55カキコ!

シロサイ(けものフレンズ)とは、スマートフォンゲームなどの各種メディアミックスプロジェクトけものフレンズ』に登場するアニマルガール又はフレンズ(動物女の子になった擬人化キャラクター)である。

CV:白石涼子(ゲーム版)、丸山美紀(アニメ版)

概要

重厚な皮膚と立が特徴なサイの一種・シロサイフレンズジャパリパーク平和仲間達を守る決意を秘めた姫騎士。従者的存在であるクロサイ名前彼女が付けたらしく、クロサイからは敬意を持たれている。また、スマトラサイシロサイの元従者だったが「もっとしたいことがある」という理由で逐電してしまった。

クロサイからは「お嬢様」、スマトラサイからは「お嬢さま」と呼ばれている。

一人称は「わたくし」。語尾に「~ですわ」が付きお嬢さま口調で喋る、気品があるっぽいけどやっぱりフレンズ。守るための戦いを得意とし、騎士としての責務を果たすためにが身をげる責任感溢れる々しい性格。自らの出自を鼻に掛ける事はく、他者とも分け隔てなく接し呼び捨てで呼ぶ事を許可している。

以上のように高で由緒正しい出自なフレンズのようだ。この設定は元のシロサイが置かれている絶滅危惧種として保護され密猟者などから守られている状況を表現しているのかもしれない(シロサイ亜種であるキタシロサイはかなり数が減っているらしい)。

[画像を見る]外見

サイの強固な皮膚と立から西洋騎士を連想されたのか、ゴツい甲冑を身にった女騎士の外見。アンダーエアを着用。の胸周りを見る限り豊満な胸をお持ちなようだ。下半身は脚以外にどころかスカート的なモノも付けておらず、ブルマ状のを着ているのみ。

髪型ポニーテールで、髪の色クリーム色又は白色がかった色で、シロサイの体色を表現。瞳の色は黒色武器として自身のを模したを持つ。

[画像を見る]ゲームでの扱い

ウマサイ科のシロサイですわ。
ジャパリパーク平和を守るため、粉骨砕身の覚悟で頑りますわ。
クロサイわたくしの事を「」と呼びますけれど、気軽にシロサイとお呼びくださいませ。

アプリ内プロフィール[外部]より

パッション属性()のレアリティレベル3のフレンズとして登場。コスト300・攻撃タイプは中距離サイズはM。パワー自慢の哺乳類が所属する「パワフルっ娘連合」に加盟。専用スキルホワイトホーンランス」は鋭いの一で先頭の敵に対してダメージを与える効果。ダメージ値は自身の攻撃×7倍。

メインストーリーでは第4章で登場。エリアで蔓延している、元のけものの、即ちフレンズ化前の鳴きしか出せなくなる奇病「ガオガオ病」の原因を探るべくクロサイと共に行動していたところ、主人公たちと出会う。シロサイサーバルを見るや、ガオガオ病の原因ではないかと襲い掛かるが、サーバル自身がガオガオ病にっていたことで、誤解を解いた。その後は主人公たちと情報共有の後、ガオガオ病の原因の調犯人――偽サーバル――の捕縛の為に、クロサイと共に主人公たちとエリアを巡る。その後は踏んだり蹴ったりな中を辿りつつも、最終的には通りすがりのヒーラーの助けもあり、直接の原因となっていた巨大セルリアンを撃破。しかしながら肝心の偽サーバルには逃げられてしまう。

偽サーバルを追うため、主人公仲間として同行することを決めた。クロサイにはエリアが落ち着くまでは待って欲しいと伝えるが、その後の台詞から、何だかんだでクロサイのことを信頼していることが伺える。

その後は時には状況に振り回されながらも、時には鑑識眼を発揮し、そして勇ましく体をって窮地を切り抜けていく。その中でシロサイ自身も成長・変化していくことになる。

一方で、美容関係のことも気になっているようで、フィットネスクラブ修行場と思い込んだり、美肌温泉興味を示したりと、姫騎士の「」の部分がついつい出てしまう事もあるようだ。

[画像を見る]アニメでの活躍

[画像を見る] ウマ サイシロサイ
シロサイ
White rhinoceros

第6話「へいげん」で登場。へいげんちほーでぎ合っていた2大勢のうち、ヘラジカ営に組していた。

リーダーヘラジカには及ばないものの自慢で、鉄壁の防御による防衛戦に秀でている。一方で重いため疲れやすくスタミナが少ない。それなのにヘラジカは自からライオン営の本拠地である守閣木造建築物まで走って突っ込んでいくという、戦術もへったくれもシロサイ(あとパンサーカメレオンも)の実駄にする戦法を取り続けていた。結果今まで全く活躍出来ずにライオン営のオーロックスアラビアオリックスのたった2人に敗北ヘラジカ営は51戦全敗という別の意味でかしい戦績を刻んでいた。ヘラジカの突撃シロサイにも伝染しており、戦法は「突撃!あるのみですわ!」と言い切っていた。

そんなヘラジカ営に新たな仲間としてサーバルかばんちゃんが加入。あまりの弱さに見かねたライオンが戦術南役として派遣したとは夢にも思わず迎え入れる。

模擬戦ではサーバルと対戦。機動に優れたサーバルに動き回られ、「サイサイサイサイサイサ~~イ!」「お待ちなサ~~イ!」とサイっぽい(?)掛けを挙げて(※)追い回すが、の重さが災いしてスタミナ切れに追い込まれ、自慢のパワーを活かせず敗北している。ちなみにニコニコ生放送ニコニコ動画での第6話では、この敗北シーンにおいて視聴フレンズらから「くっころ」というコメントが多く書き込まれているが、理由は不明。
(※余談だが、海外放映の際の英字幕では「Rhino, rhino, rhino, rhino...」「Stop right there!(そこに止まれ!などの意)」と翻訳されており、こちらも名前と韻を踏んだ形になっている)

かばんちゃんのおかげで個々に合った戦い方と作戦を身に付けたヘラジカ営。運命の52の戦いごっこでは、シロサイオオアルマジロと一緒に防御にした戦いを見せ、シロサイオーロックスの、オオアルマジロアラビアオリックスの攻撃を確実に防ぎ、ヘラジカ達別動隊が相手本拠地を攻め落とすまでの時間稼ぎに貢献した。

52回戦いごっこはヘラジカライオンの相打ちによる引き分けで決着。試合後は営問わず和気あいあいと次の勝負方法で盛り上がっていた。かばんちゃんヒトだと判明後も特に態度に変化もく、としょかんに向かう一行を見送った。

第12話「ゆうえんち」では援軍として駆け付けたフレンズ達の1人としてオオアルマジロと共に確認出来る。台詞やハッキリとした描写はいが、リーダーであるヘラジカに率いられて参戦したのだろう。

[画像を見る]関連動画


■1487056758[ニコ動]

■sm31074625[ニコ動]

■sm30708947[ニコ動]
■sm30644856[ニコ動]

[画像を見る]関連静画

■im6502541(静画)
■im6561070(静画)
■im6660100(静画)
■im6721997(静画)
■im6761652(静画)
■im6808498(静画)

[画像を見る]関連お絵カキコ

[画像を見る]

[画像を見る]関連立体

[画像を見る]関連商品

■az4041054508
■azB06ZYN2PLP
■azB0009JK7H8

[画像を見る]関連チャンネル

■channel

[画像を見る]関連項目


最終更新日: 17/12/13 22:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ