ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


シーホース


ヨミ: シーホース
掲示板をミル!
91カキコ!

シーホースとは、

および、上記の生物を元に名付けられた以下のものをす。

  1. Seahorse - 暗号鍵の管理ソフトウェア
  2. USS SeahorseSSN-669)- アメリカ海軍原子力潜水艦
  3. 龍谷大学シーホース - 龍谷大学アメリカンフットボール
  4. アイシンシーホース三河 - アイシン精機が運営するバスケットボールチーム
  5. シーホース - 中国業のモーターオイルブランド
  6. シーホース - 遊戯王OCGモンスターカード

本記事では、6の遊戯王カード《シーホース》を解説する。


概要


■im3243628(静画)

シーホース
通常モンスター
5/地属性/族/攻撃1350/守備1600
ウマサカナの体を持つモンスター中をのように駆け巡る。

1999年発売のBOOSTER3で登場した古参カード。その収録パックは全て生産を終了しており、現在は絶版となっている。

下半身がシー)、上半身がホース)という姿をしており、上述した伝説生物 「ヒッポカムポス」を元にしていると思われる。
しかし、遊戯王オンラインでの英語名は《tatsunootoshigo》である。

当時数多く登場した、低ステータスの上級通常モンスターの一体である。
最も使えないモンスターの代表格である《モリンフェン》と較すると、こちらは《巨大ネズミ》などの攻撃1500以下を対にしたリクルーターに対応している点などにおいて、まだ使いがあると言える。ただし《カオスエンドマスター》に対応する点においては両者とも互である。

のちに《カイザー・シーホース》《サンダー・シーホース》といった似た名前モンスターが登場しているものの、名前以外の関連性はない。

原作アニメでの活躍もなく、かといってネタカードとして扱おうにも《モリンフェン》や《レオ・ウィザード》のに隠れてしまうことから、されることのないカードであったのだが・・・
初登場から13年後、その価を引き出すデュエリストが現れた。


Zirai(福袋)氏との運命の出会い



■sm18178562[ニコ動]

ニコニコ動画ゆっくり実況プレイ動画投稿しているZirai(福袋)氏は、遊戯王5D's主人公不動遊星捨てられたカードを拾い集めてデッキを組んだことに感銘を受け、自身もタッグフォース6において同様の方法でデッキを組もうと企画した(右の動画を参照)。

ゲームシステム上、現実ではそのへんに落ちているとは考えられないような良カードを拾うこともあったものの、そういった中で1枚のシーホースを拾った。
企画である以上、不本意ながら当然ながらシーホースも含めたデッキ遊星デュエルすることに。

すると最初の手札にシーホースが来てしまい、以降使いもなく手札の中で腐り続けた・・・

・・・かに思われたが、終盤でまさかの活躍を見せ、最後にはダイレクトアタックを決めて勝利を収めた。 詳しくは動画を見てほしい。

もが見落としていたシーホースの可性に、Zirai(福袋)氏は「私の魂のカード」と認め、一部の視聴者はシーホースの制限リスト入りを覚悟した。

これ以降、Zirai(福袋)氏はシーホースをマスコットキャラクターのように扱っており、ときどき数合わせのためにデッキにシーホースを投入するようになった。時には他の上級モンスターを差し置いてシーホースをアドバンス召喚するという、並のデュエリストには理解しがたいプレイを見せているものの、これは汎用カード奈落の落とし穴》を警するなどの立な戦術であると思われる。

出た!ジライさんの奈落読みシーホースだ!


まさかの公式バレ


タッグフォース6では様々なデッキレシピが配信されているのだが、そこに「人は特殊勝利だけで決闘できるか?」というタイトルデッキレシピが登場した。

特殊勝利を達成するカードを全て投入したファンデッキなのだが、問題なのはその中に関連性の薄い《シーホース》が投入されていることである。一応、通常モンスターであることを利用して《究極封印神エクゾディオス》の攻撃を上げる、という使いはあるものの、それならば他に優先すべき通常モンスターが山ほどあるだろうという話になる。

■sm21227620[ニコ動]

これはシナジー以外に投入する理由があったとしか考えられず、それはZirai(福袋)氏が投稿した動画シリーズくらいしか思い当たる節がない。

つまり一般人ネット上で開したゲーム実況動画公式側が見て、それを公式企画に取り入れた、ということになる。
まさかの事態にZirai(福袋)氏は驚き、法廷でデュエルとならないよう動画内で謝罪をした。

ともかく、公式側が《シーホース》の活躍を見届けてくれたことは喜ばしいことなのだろう。

関連マイリスト

■mylist/32652388


関連静画


■im3243628(静画)
■im3243673(静画)


関連商品


■azB004W5BCCY


関連項目



外部リンク



最終更新日: 13/09/01 00:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ