ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジェノザウラー


ヨミ: ジェノザウラー
掲示板をミル!
48カキコ!
ゾイド > ジェノザウラー

ジェノザウラーとは、『ZOIDSシリーズに登場するティラノサウルス戦闘ゾイドである。

全な新規モデルで、同じティラノサウルスでもゴジュラスデスザウラーとは違って最近の恐竜の姿勢考に基づいたに近い姿勢を持ち、そしてサラマンダー以来の尻尾を引きずらずに歩行が可なキットになっている。


機体解説


ジェノザウラー
GENO SAURER
基本情報
EZ-026
所属 ガイロス帝国
ネオゼネバス帝国
モチーフ ティラノサウルス
スペック
全長 23.0m
全高 11.7m
全幅 不明
重量 112.8t
最高速 260.0km/h
武装
ゾイドテンプレート

ガイロス帝国が開発したティラノサウルス戦闘ゾイド
古代オーバーテクノロジーオーガノイドシステムOS”組み込んで制作した世界初のOS搭載ゾイドであり、それによって現在使われているあらゆるゾイドえる性を獲得、また、頭部形状がEZ-21デスザウラーに酷似しており、文字通り“デスザウラー”と言うに相応しい存在となっている。

OSによって機体性そのものが大幅に引き上げられており、高められた装甲剛性と再生から来る強な防御、より俊敏になった反応速度運動と言った機動、そして狂おしいまでのしい闘争本に基づいた凄まじい攻撃が両立された機体となり、当時においては従来の同クラスゾイドが勝つ事はまず不可能とまで言われていた。

武装も最新鋭のものを採用しており、背部には武器である強パルスレーザーライフルや頭部のレーザーガンを装備する事で高い火力を有し、格闘性においてもその鋭利な牙とを用いた攻撃はOSで強化されたパワースピードと相まって絶大な威を発揮する。

何より最強の武器は口腔内の集束荷電粒子砲で、機体そのものを台にして放つその威は小~中ゾイドならば一で消し飛び、たとえ大ゾイドでさえもまともに食らえば致命的なダメージは免れないほどのものを誇っている。
ただし、発射の際には脚部をアンカーで固定せねばならないため、エネルギー充填中および発射中には動く事が出来ず、撃てる方向は一方のみになっている。
発射後は尻尾に展開した放熱フィンから余剰熱を排出する。

このように極めて強ゾイドであったが、OSの問題点を一番最初に露呈したのもこのゾイドであり、OSによってコアの性質そのものが暴化しているため操縦性が極端に悪くなっており、一部の実パイロットでなければ乗りこなせない上に、その暴化したゾイドの闘争本パイロットの精にも悪影を与える事など様々な弊が出るようになり、このジェノザウラーのパイロットは心身ともに大きな負担を強いられてしまう事となってしまう。

そのため、量産を行うにはOSレベルを引き下げる他なかったが、それでも操縦性と量産性はあまり善されず、こちらも少数がある程度生産されるにとどまっている。

登場当初は同じくOSが組み込まれたEZ-27レブラプターと共に従来のゾイドの在り方を変える存在として帝国軍の勝利を決定づけるかと思われたが、共和軍も同時期にRZ-28ブレードライガーを始めとするOS搭載ゾイドの開発に成功したため優位性を発揮する事は出来ず、さらに時を経るに連れジェノザウラー以上の性を持ったゾイドが続々と登場するようになり、本機も旧式化の波に飲まれていった。

ただし、その中で極一部の機体はよりその戦闘を高めたEZ-34ジェノブレイカーへの強化が図られている。

とは言え、その優れた性からか、ガイロス帝国はおろか後のネオゼネバス帝国でも使用され続けており、そしてこれ以降登場するほとんどのティラノサウルスゾイドはこのジェノザウラーの思想を踏襲したような設計になっている。


劇中での活躍


バトルストーリー

ZAC2100年ロールアウト。帝国技術部が古代遺跡より入手したOSを組み込んで開発した実験機として初登場。
今後のゾイドの座を巡ってリッツ・ルンシュテッド中尉テストパイロットにして既存機種の良系ゾイドとの模擬戦に挑み、結果はジェノザウラーの全圧勝に終わり、そのままこの第1号機が実戦配備された。

その後は西エウロペ大陸になる新たな遺跡の制圧のためレブラプター部隊を率いて進軍、侵攻を阻止しようとした共和軍1個大隊を蹴散らして遺跡へと侵入を果たし、そこで未知のゾイドコアらしき物体を発見する。
しかし、そこに遅れてやってきたアーサー・ボーグマン操縦のブレードライガーが現れた事で両機はそのゾイドコアを巡って交戦、ジェノザウラーはブレードライガーの高い格闘戦により苦戦を強いられるものの、ゾイドコアの奪取には成功しそのまま逃走した。

この時の戦闘データからジェノザウラーではブレードライガーの特化された格闘に対して遅れを取ってしまうという欠点が発覚し、リッツ機はジェノブレイカーへと改造される事になる。

それ以降はOSレベルを引き下げた量産型および改造機が一部の戦線で見られたが、第2次会戦撤退の際に護衛として使用された改造ジェノザウラー隊は暴走したデススティンガーの手で壊滅させられ、さらに本土防衛隊配備の機体もまた“騎兵団”の奇襲により部隊もろとも撃破されている。

ただし、ガイロス帝国だけでなく後に誕生したネオゼネバス帝国でも量産型が配備されており、共和軍残党基地の捜索や拠点の防衛戦において使用が確認されている。

アニメ

ゾイド -ZOIDS-』から『ゾイドフューザーズ』まで登場。

ゾイド -ZOIDS-』では主人公バン・フライハイトライバルであるレイヴンセイバータイガーに代わる新たな乗機として初登場。
デスザウラークローニング過程で生まれた副産物的なゾイドとされる。

プロイツェンからレイヴンに与えられてデスザウラー育成のためのゾイドコア確保に従事していたが、遂に因縁の相手であるバンと再会。その時はバン達と一緒にいたルドルフを守ろうとしたロッソ等が乗るアイアンコングの妨で取り逃がすも、2戦では荷電粒子砲でバンのシールドライガーを撃ち抜き、全に破壊した。

そして3戦帝国首都ガイガロスへ向かうバン及びブレードライガーの前にまたしても立ちはだかり、その圧倒的な戦闘で追い詰めるものの、レーザーブレード荷電粒子砲は防げるという点を突かれて荷電粒子砲発射中に口腔にレーザーブレードを突き立てられて爆散してしまった。

第2部の『GF編』では自失状態から立ち直ったレイヴンダークカイザーが与えたというフレーム2号機が登場。
レイヴンの操縦技術の向上も相まって以前とは較にならない戦闘を見せつけてバン達を苦しめるが、突如として戦線離脱、名もない渓谷地に降り立つやそこでシャドーと共にエボリューションコクーンを形成して自己進化を開始し、後にジェノブレイカーへと変化する。

他にも中盤にはリーゼが操るサイコジェノザウラーが登場し、さらに終盤ではダークカイザーを護衛する人のジェノザウラー3機が出現、連携攻撃でジェノブレイカーを翻弄するもの如きレイヴンの猛攻で全滅させられた。


/ZERO』ではバックドラフト団所属のチーム・フーマの乗機として登場。

正式な選手機ではなく組織内の閥間内紛で使用され、ロイヤルカップで快進撃を続けるバーサークフューラーを倒そうとするアルタイルの差で3機編成でバーサークフューラーを襲撃したが、バーサークフューラーの圧倒的なの前に手も足も出ずに3機ともあえなく敗北している。


[画像を見る]フューザーズ』では普通ゾイドバトル選手機扱いになっている。

ブルーティとは別の都市からやってきた“地獄の破壊王”の異名を取るファイターロジャー若本規夫)の機体として登場(フレームカラーイエロー)。

バトルロイヤル参加という名だったが、事前に選手間での打ち合わせが行われていて、一緒に参加したチームマッハストームライガーゼロのみを狙うという八百長試合になっており、そしてブレードライガーレッドホーンレイノスと共にライガーゼロフェニックスに集中攻撃を行い、最後には荷電粒子砲を放つもそれさえ通用せず敗北した。
ちなみに本機は後に対セイスモサウルス戦でレジスタンスとして参加しているのが確認できる。

また、回想シーンではルーキー時代のブレードが使用して、RDゾイドバトルで対戦していたが、ある日マシントラブルを起こしてRDに敗れる。その原因についてチームサベージハンマーオーナーであるサンドラからRDの仕業であると吹きこまれた事が彼がRDを敵視するようになった理由だとされている。


なお、アニメでは両腕がワイヤーで繋がれたロケットアンカーになっているという特徴があり、これは後に発売されたゾイド格闘系ゲームでも一部反映されている。

漫画

アニメ同様、レイヴンの新たな機として登場。
帝国内では「G」と呼ばれており、そのドクトル「一個大隊とも渡り合える化物」との事。
合体する度に副作用でそのゾイドを殺してしまうオーガノイド・シャドーに対応するため体内にゾイドバイオコアを9個内蔵しているのも特徴。

ポルトにて共和の先遣隊であるプテラス複数を一で撃破、そのままバンのシールドライガーと交戦し、これを圧倒的なを持って退ける。
その後レイヴンを止めに来た帝国の三色電隊(サイカーチス×3)やカール・リヒテン・シュバルツの駆るアイアンコング、そしてシャドキーを使い復活したシールドと戦うが、それすらも軽く打ち破った。

しかし止めを刺す寸前、フィーネによってシールドブレードライガーとして復活。
ポルトの人々の応援を背に三度立ち上がったバンの前に、今度は逆に追い詰められてしまう。
最後はフルパワー荷電粒子砲で全てを吹き飛ばそうとするものの、ウェンディーヌ(ポルトに設置された発電ゾイド)からアドバイスを受けたバンにより、アニメ版と同じ方法で倒された。


主な機体バリエーション


プロトブレイカー

ジェノブレイカーの開発過程で生まれたジェノブレイカープロトタイプ機。
背部に高機動スラスター、脚部に格闘戦用の可変式ブレードが搭載され、機動性と兵戦が高められている。

ジェノトルーパー

ジェノザウラーの背部に中のマグネッサーウイングを装備して一時的に飛行を与えた機体。
とは言っても、おそらく飛行と言うより高地より滑して敵を強襲するような機体と推測される。

サイコジェノザウラー


次へ»
最終更新日: 17/04/17 23:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ