ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジェフ・ベック


ヨミ: ジェフベック
掲示板をミル!
31カキコ!

ジェフ・ベック(Jeff Beck)とは、1944年6月24日イギリスサリー州ウォリントンまれのギタリストである。


概要


他のギタリストとは違う、ギターに対して個性的なアプローチをするギタリストを、敬をこめて”変態ギタリスト”と呼ぶことがあるが、それを許さない精悍な貌とクールな雰囲気を持っており、その音楽活動のスタイルも含めて”孤高の天才ロックギタリスト”と呼ばれるにふさわしい存在である。

ジョンポールジョーンズ氏(レッド・ツェッペリン)の「ギタリストには2種類が居る、ジェフ・ベックであるか、ジェフベックでないかかだ。」との賛辞にもそれは良く表れていおり、また賛辞といえば、レス・ポール氏も晩年、ニューヨークジャズクラブイリジウム”で多くのギタリストセッションする中で、特にジェフ・ベックの名前を挙げ「凄いギタリストだよ」と評価している。


略歴


1944年6月24日ジェフ・ベック誕生。

13歳の頃、ギターを始める。

1959年バンド活動開始。

1961年自身のバンドを持ち、本格的に活動を開始する。
1965年エリック・クラプトンの後釜としてジミー・ペイジ推薦で”ヤードバーズ”へ加入。
1966年ヤードバーズから中心人物だったポール・サミュウェルが脱退、変わりにジミー・ペイジベーシストとして迎える。
この時、ジェフ・ベックジミー・ペイジのツインリードギターも実現する。
1967年ヤードバーズ脱退。
1968年7月Truthリリース
1969年11月2日交通事故を起こし入院、音楽活動を休止して療養せざるを得なくなる。

1971年第二期ジェフ・ベックグループメンバーも決まり10月Rough And Ready』をリリース音楽活動を本格的に再開する。
1972年2月Jeff Beck Group (Orange)』をリリース、しかし、ジェフの強引なメンバーチェンジにより、かねてから交流のあったティム・ボガードカーマイン・アピスを迎え入れるが、他のメンバーが次々脱退。3人だけが残ったので”Beck Bogert Appice”というバンド名で活動をしていくことになる。
1973年4月Beck Bogert Appice』をリリース
1974年メンバーと衝突、Beck Bogert Appice自然消滅。
1975年3月ロックインストゥールメンタルアルバムの先駆けとなる『Blow By Blow』をリリース
以降、1980年ごろまでフュージョンに傾倒していく。
1976年6月前作をさらにパワーアップさせた『Wired』をリリース

1980年フュージョンは鳴りを潜めた、ハード・ロック色の濃い『There And Back』をリリース
1985年6月インスト以外の曲も入った『Flash』をリリース
1989年8月久しぶりのインストアルバムJeff Beck's Guitar Shop With Terry Bozio And Tony Hymas』をリリース

1999年3月10年ぶりのソロアルバムにしてデジタルロックへの傾倒がみられる『Who Else』をリリース

2000年11月さらにデジタルロックを追及した『You Had It Coming』をリリース
2003年8月デジタルロック三部作の最後となる『Jeff』をリリース

 

■azB00005AREQ
■azB00005AREP

 


関連動画


 
■sm3860048[ニコ動]

■sm1344072[ニコ動]


最終更新日: 14/02/26 00:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社