ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジオング整備士


ヨミ: ジオングセイビシ
掲示板をミル!
138カキコ!

ジオング整備士とは、機動戦士ガンダム第42話の1シーンに登場するジオン公国軍の名もき整備兵である。ジオングの脚について「あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」という名台詞を残している。声優二又一成TV版)、島田敏劇場版)。

短編小説集「ガンダムNOVELS閃光となった戦士たち」においてリオマリーニという名で登場するが、他は名のままであり、これが公式名称であるか定かではない。


概要


おそらくガンダム史上最も有名な兵士宇宙要塞ア・バオア・クー所属の技術整備兵で階級は軍曹ジオングの整備担当であり、同機体の性に全幅の信頼を寄せている。
ただし、ジオングサイコミュ(精感応で兵器遠隔コントロールするシステム)をモビルスーツMS)に搭載した実用試験機のようなもので、まだ上腕の装甲と脚部一式が取り付けられていない完成80%の状態であり、さらにテストすらしていない代物だった。
ギレン・ザビも機体の存在は知っていたが、ど重要視していなかった。そうした上層部のジオングに対する認識に不満があるようで、それは整備士のセリフの端から読み取れる。

他に乗る機体がいという理由でジオングを押し付けられたシャアにしても「80%か・・・」と独り言をくなどかなり不安げな様子だった。
一方、この整備士は上官であるシャアに対して物怖じすることなく「現状でジオングの性100%出せます」としている。その際の二人のやりとりはガンダムシリーズでも有名なワンシーンとして知られている。

ジオング整備士
80パーセント? 冗談じゃありません。現状でジオングの性100パーセント出せます」

シャア
「足は付いていない」

ジオング整備士
「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」

シャア
「使い方はさっきの説明でわかるが、サイコミュな、私に使えるか?」

ジオング整備士
大佐ニュータイプは未知数です、保できる訳ありません」

シャア
「はっきり言う。気にいらんな」

ジオング整備士
「どうも。気休めかもしれませんが、大佐ならうまくやれますよ」

シャア
ありがとう。信じよう」

このやりとりは、ジオングに対する不安の色を隠せないシャアを安心させるための芝居であるという解釈もあるが、この後出撃したシャアガンダムと遭遇するまでにMS18機と戦艦4隻を撃破し、対ガンダムでは相打ちまでもっていっている。
今までガンダムに全くが立たなかったシャアをして、初めてのサイコミュ搭載機、初めての大MSテストもろくにしていない機体でこの戦果である。これはやはり、整備士の言葉に裏表はく、事実ジオングの性100%発揮されたことの明ではないだろうか?

後に付け足された設定ではあるが、ジオング以前にサイコミュMSに搭載する試験機としてサイコミュ高機動試験用ザクというものがあり、これは宇宙空間での高機動性を実現するために足の代わりに大推ロケットエンジンが取り付けられている。整備士の足が飾りであるというはこの辺りと繋がるのかもしれない。

なお、ア・バオア・クー陥落後の彼の行方だが、漫画機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』に登場し生存が確認された。パーフェクトジオングの整備士として「(足は)まんざら飾りでもなかった」と前言を撤回している。


名前


ガンダムA 2010年12月号(通算100号)の『機動戦士ガンダムTHE ORIGIN』において、シャア・アズナブルが「君のモノ言いは面い 名前はなんだ?」と尋ね、「サキオカ少尉であります」と答えている。 


「○○なんて飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ」


ガンダムに名セリフは多いが、「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」ほど多くのパロディを生み、ガンダムという作品を越えて広く知られるようになったセリフも多くはないだろう。
これはに「○○は飾りです。偉い人にはわからんのです」という形で用いられ、上社会的地位の高い人に理解されない現場の悲哀を面おかしく、いは自虐的にる一種の慣用句になっている。

よく「足なんて飾りです。偉い人には~」と勘違いされるが、原作セリフは「足がい」という摘に対して「あんなの飾りです」と言っており、「足なんて」と直接部位をしているわけではない。これは元ネタをわかりやすくするのに変したものが流布した結果だと思われる。


他の出演作品


機動戦士ガンダムIIIめぐりあい宇宙編』以降も小説マンガゲームなどでシャアとのかけあいシーン再現されるたびに登場している。ただし、モブ扱いされるせいか声優は定まっておらず、その都度で変わることが多い。

また、2007年に発売されたケツメイシアルバムケツノポリス5」のテレビCMにおいて、シャアとのやり取りのシーンが新作のセリフをかぶせられ使用されているが、声優は不明。

上記の「ガンダムNOVELS閃光となった戦士たち」に収録されている短編小説月光の夢、宇宙(そら)の魂」においては主人公リオマリーニとして登場する。
ジオニック社においてゲルググの開発を担当していた彼は、ツイマッド社でギャンの開発を担当する親友との交流や、次期機コンベンションに関わる人々の醜い争いから、全企業団結し、ジオンの全技術を結集したMSを生み出せればという夢を抱く。
そんな中、フラガナン機関に所属していた先輩からニュータイプMSの開発を託された彼は、自身の持つジオニックの技術とツイマッド社、そしてフラナガン機関の技術を結集したジオングの開発に成功する。その後、ジオングを現地で整備する為に志願兵となり、ア・バオアクー防衛隊に配属。シャアと一連のやりとりを行った後、夢を成し遂げた感慨と共に放置されていた旧ザクに乗り込み、光の中に消えていった。なお、本作のジオングは当初から脚部をして設計されているが、軍上層部等からの反感を避ける為、未完成という名になっている。


関連動画



■sm3585342[ニコ動]

■sm122735[ニコ動]
■sm929860[ニコ動]


関連商品


■azB000F9TD5O
■azB000YDWH2W
■azB00030EUX0
■az4762823481


関連項目



最終更新日: 19/06/07 01:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ