ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジネディーヌ・ジダン


ヨミ: ジネディーヌジダン
掲示板をミル!
50カキコ!

ジネディーヌ・ジダンZinedine Yazid Zidane, 1972年6月23日 - )とは、フランスの元サッカー選手、現サッカー導者である。現役時代のポジションMF称はジズー(Zizou)。

現在レアル・マドリード監督


概要


1986年カンヌのユースに入団。1988年トップチームプロ契約を交わし、1989年17歳プロデビューを果たす。カンヌではレギュラーが確約されていたわけではなく、レギュラー落ちも経験するが最終的にはポジションを掴んだ。1992年にはリーグ・アンの名門であるボルドーへ移籍。1994年にはリーグ・アン若手最優秀選手賞を受賞。1995-1996シーズンUEFAカップでは準優勝に貢献。後に移籍することとなるユヴェントスの首に「ミシェル・プラティニ(現UEFA会長)の後継者をみつけた」と言わしめた。

1996年イタリアセリエAユヴェントスへ移籍。ユヴェントスではアレッサンドロ・デル・ピエロフィリッポ・インザーギの2トップ(通称デルピッポ)の下でプレーする役割を与えられた。

2000年モナコで行われたUEFAのレセプションでレアル・マドリー会長であるフロレンティーノ・ペレスと同席になり、ペレスジダンに向けてレアル・マドリーへ来たいか?」と書いたを見せ、それを見たジダンは殴り書きでYesと答えた。有名なエピソードである。

そして1年後の2001年スペインリーガ・エスパニョーラレアル・マドリーへ移籍。銀河系軍団の1人として活躍。2001-2002シーズンUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦のバイヤー・レバークーゼン戦ではロベルトカルロスが放った大きなクロスを左足ボレーで合わせゴールし、これが決勝点となり悲願であったUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成した。その後もレアル・マドリータイトル獲得に貢献。しかし銀河系軍団の崩壊もあり、2005-2006シーズン中に2006 FIFAワールドカップでの引退を正式に発表。レアル・マドリーホームスタジアムであるサンチャゴ・ベルナベウでの最後の試合となったビジャレアル戦では8万人がスタジアム駆けつけた。


引退後


2009年レアル・マドリードのアドバイザーに就任。2010年からはジョゼ・モウリーニョからの要請でチームに同行。2011年スポーツディレクターに就任したが、2012-2013シーズンに辞した。2013-2014シーズンからは現レアル・マドリー監督カルロアンチロッティのアシスタントコーチに就任した。
スペイン・セグンダ・ディビシオンB(実質3部)のレアル・マドリーカスティージャの監督を務めていたが、
2016年1月レアル・マドリード監督に就任した。


代表


1994年に代表デビューEURO1996からは当時24歳ながらも背番号10をつける。開催となった1998 FIFAワールドカップでは、決勝戦となったブラジル戦で2ゴールするなど優勝に貢献。EURO2004ベスト8で敗退。大会後、若手にを譲るために代表引退を決意したが、2005年には代表監督キャプテンからの説得もあり代表復帰。この大会での引退を明言していた2006 FIFAワールドカップでは決勝戦まで進んだものの、マルコ・マテラッツィに頭突きしてしまい一発退場。チームも敗退し、最悪の形での引退となってしまった。


関連動画



■sm1747561[ニコ動]

■sm47012[ニコ動]


関連商品


■azB0002XVT5U
■azB000UC22XG


関連項目



最終更新日: 16/01/11 07:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ