ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジミーサムP


ヨミ: ジミーサムピー
掲示板をミル!
2029カキコ!

ジミーサムP(Jimmy thumb P)とは、VOCALOIDを用いた楽曲を投稿するP(プロデューサー)の一人である。男性

VOCALOIDのプロデューサーの一覧

概要

1985年5月25日生まれ。秋田県出身、北海道で活動していたが、現在埼玉県民。6作である『Vision』の動画説明文にて学生であることが判明。現在は自身のコミュにて個人事業ニート表している。

自称「ただの好きな一般人」。嫌い。生まれて3分後にが生まれたと明かしているため、双子とみられる。が長いせいか、「よく女に間違えられる」とっている。大好きなのはヨーグルト。好きな色はだが、血は苦手。それとドS

使用するVOCALOIDは今のところ「初音ミク」と「巡音ルカ」の2種類。またVOCALOIDではないがジミーサムP自身のボコーダー加工した「寒音ジミ」もいくつかの作品で使われている。→寒音ジミ

クリアサウンドと曲調、それに合った透明感のある調声が特徴。テクノポップからバンドサウンド、果てはインストドラムンベースまで、幅広い作曲を行う。また、間奏と後半の爆発定評がある

デビュー2週間で6曲を発表するという非常にハイペース作曲速度から、「撃ちジミー」の異名をとる。投稿ペースさについて、各動画などに「以前から作り置きしてあったのでは」とのコメントが相次いだが、本人は「基本的に曲の作り置きはしません。作曲に取り掛かってからうpまでは一連の作業です。」とコメントしている。

2011年11月に、発表したばかりの新曲に盗作疑惑(後述)が浮上、事態についての説明と対応の後、少なくとも1年以上の活動停止を発表した。

2012年12月、1年1かの活動休止を経て、32Reboot」をもって活動再開。

ジミーサムP

本人も繰り返し「画像が地味」と書いているように、シンプルでありながらセンスを感じさせるサムネイルが特徴であり、P名決定の際は「地味P」や「地味サムネP」など、様々な補が挙げられたが、「ジミサムネP」「ジミーサムネP」などの過程を経た後、最終的には3作である『Scene』において「ジミーサムP」へと落ち着いた。

当初、「ジミーサムP」という呼び名はニコニコ動画内においての称という位置づけであったため、公式ではニコニコ動画IDでもある「OneRoom」の名義が多く使用されていた。1stアルバムToy Box』は「OneRoom feat.初音ミク」名義で発表。
しかし、2009年9月以降OneRoom名義での活動はなく、2ndアルバムUnplugged Stray』は「ジミーサムP」名義で正式発表されている。ユリシマ生放送リスナーの質問に「2つの名前を使い分けるのが面倒臭くなった。どうせなら貰った名前の方を使おうと思う。」と答えている。

3の倍数でロックになります

Instrumentalニコニコインディーズを含む1作から25の作品中、発表順が3の倍数の楽曲がバンドサウンドVOCAROCK)となっており、ファンの間ではジミーサムPを知る上で欠かせないものとして知られていた。

既に完成していた巡音ルカオリジナル曲の発表を先延ばしして『Fake Lover』を発表し、且つ「いまだ法則破られず」とコメントしていることから、本人も多少は意識していたらしい。

しかし、26作『Pierrot』発表の際「もう3の倍数とか分かんなくなっちゃいましたがバンドものです」とのコメントを残し、この法則に終止符が打たれた。25と26作の間に販促PV投稿され、マイリスト上は27番が『Pierrot』となっていることがささやかな名残かもしれない。

宇宙

ジミーサムPの楽曲の中には宇宙テーマにした作品がいくつかあり、宇宙好きのユーザーにも人気がある。

9作の『The 9th』は準惑星となった「冥王星」をテーマとした曲であり、動画上に書き込まれたコメント職人の解釈を後にジミーサムP自身もほぼ正解とっている。
また17Escape』は「ソーシャル・メディア衛星開発プロジェクトSOMESAT」のテーマソングとなっている。

25の『Starduster』はさゆ吉氏のイラストねこ宇宙」をモチーフにした作品であるが、小惑星探査機「はやぶさ」と関連付けされたMMD-PV人気であり、ニコニコ動画公式はやぶさ帰還生放送でもED曲に採用された。

さらに、実際には宇宙の曲ではない20作の『from Y to Y』においてもPSPソフト初音ミク -Project DIVA- 2nd」では宇宙への別れがテーマとなる壮大なPVとともに収録され、”孤独”と”またね”の意味が新たな視点で解釈されている。
また、StardusterPSPソフト初音ミク -Project DIVA-extend」に収録され、上記の『from Y to Y』のPVの続編になる壮大なPVとなっている。

盗作疑惑騒動

2011年11月9日ニュー速VIP板に、新曲『Live in Dead』に盗作の疑惑があることを摘するスレッドが立てられた。
この曲は、前日8日にアップロードされたばかりであった。

類似しているとして挙げられたのは、ART-SCHOOLの楽曲『そので』。
類似点については多岐に渡るが、検証動画アップされているのでそちらを参考にされたい。


■sm16120692[ニコ動]

この件に関してジミーサムP本人は約1日後の2011年11月9日22時、自身のブログにて盗作疑惑に対する説明と、今後の対応について発表した。

盗作については、自身、ART-SCHOOLの楽曲を聴いていると表明した上で、

  1. 所有しているアルバムには『そので』は収録されていない
  2. YoutubeTVなど、何らかの形で聴いたことはあった→作曲中、『そので』は記憶に残っていた
  3. 作曲をしていく上で、『そので』を含む、これまでに聴いたことのある曲の要素を使っていった
  4. 盗作しようという意図はなかった

という説明がなされた。

その上で、今後の対応として、

をすると表明した。
全文については該当記事を参照されたい。 →該当記事[外部]

お前述のとおり、本人は1年と1かの休止期間を経て活動再開している。

変遷


次へ»
最終更新日: 18/09/24 10:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ