ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジム・インターセプトカスタム


ヨミ: ジムインターセプター
掲示板をミル!
8カキコ!

ジム・インターセプトカスタムとは、ガンダムシリーズメカニックデザイン企画MSV』『MSV-R』に登場するモビルスーツである。


概要


GM INTERCEPTER
ジム・インターセプトカスタム
RGM-79KC
頭頂高 18.0m
重量 43.0t(本体)
備考 フェロウ・ブースター
装甲 チタン系合
搭乗 ウェイライン隊長
兵装 60mmバルカン砲
ビームスプレーガン
バルザック式380mmバズ
ーカ
ビームサーベル
ミサイルユニット(F.F.)
シールド

MSVで設定文のみが存在したインターセプターガードと呼称される2つのスナイパーカスタム。この2つは一年戦争中に区別されずこれまで同一機種と誤認されていたが、戦後にそれぞれ形式番号と機体名称を与えられ、今日の日には別の機体ということが判った。

ジムインターセプター」ことRGM-79KC ジム・インターセプトカスタムは、艦隊防衛と迎撃任務を眼に置いたスナイパーカスタム後期生産マイナーチェンジ機である。頭部のフェイスガードの形状を変更し、脚部にスラスターを装着している他、ランドセルにも変更点が見られる。
中間迎撃任務(インターセプト)を行うにあたって「フェロウ・ブースター」の装着を前提としている節があり、肩アーマー上部にフェロウ・ブースター用のジョイント機構が設けられている。

0079年11月初頭にフェロウブースターと共に1号機がロールアウト。同年12月にはレビル艦隊をはじめ3艦隊に配備された。
MSV-R開時の掲載写真ホワイトベース級配備機とも言われている。

フェロウブースターとの運用ロスが発覚した為、代替えのジム6機も用意された。

フェロウ・ブースター

宇宙空間における戦増強を急務として開発されたMS用の追加ブースターユニットの一種。
通称「F.F.」。べったい形状に剥き出しのエンジンユニットや前面のミサイルユニットインテークが外観上の特徴。
整備兵達にはダブルミーニング的にフラットフィッシュ(ひらめ)と呼ばれているようだ。

連邦ではライトライナーコルベットブースター等の大気圏内用ブースターの開発が進んでいたが、同時にコルベットブースターベースに大気圏外用のブースターユニットの開発にも着手し始めた。コルベットブースターの生産ラインを流用した事でスムーズな生産を可としたのも利点として挙げられた。
フェロウブースターはロールアウト間もなく行われたテストで軍部の予想以上の高性を示したという。

なおガンダムエース掲載時のMSV-Rでは、ジムのほか戦後ジム・ライトアーマーにもフェロウブースターの装備が確認されている(この為にアビオニクスの変更が行われた)。

連邦戦後にフェロウ・ブースターを45機増産。
宇宙空間では変わらず重宝され、追加兵装ユニット開発の参考になった。


関連動画



■sm27468385[ニコ動]

■sm26402025[ニコ動]


関連商品


■azB07FTKR4FS


関連項目



最終更新日: 19/04/02 21:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ