ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジム・スナイパーカスタム


ヨミ: ジムスナイパーカスタム
掲示板をミル!
16カキコ!
[画像を見る]

ジム・スナイパーカスタムRGM-79SC)とは、ガンダムシリーズメカニックデザイン企画MSV』に登場するモビルスーツである。後のアニメ機動戦士Ζガンダム』にもファンサービス的な登場を果たした。


概要


GM SNIPER CUSTOM
ジム・スナイパーカスタム
フランシスバックマイヤー機)
RGM-79SC
頭頂高 18.0m
重量 44.2t / 75.3t
1,390kw
68,000kg
装甲 チタン
搭乗者
SC
フランシスバックマイヤー
カインラグナード
ネス・A・ユン
ハジメ・シモダ  他
兵装
フラン
シス機)
R-4タイプ ビーム・ライフル
右腕ハンドビームショット
ボックスタイプ・ビーム・サーベ
ル・ユニット
ビームスプレーガン
2連装ビーム・ガン
バルザック式380mmロケット
バズーカオプション

前期生産ジム修したバリエーション機の一つ。
スナイパーの名を冠しているが実際には総合性向上にあたり、練度の高いパイロットの要に合わせて開発されたエース専用MSである。そのため、狙撃用途として使うことの方が少なかったようだ。

RGM-79SCRX-78タイプ肩する性を持つ。元々ジムの操縦構造自体が戦闘機に近かったこともあり、これまで機だった戦闘機パイロット達は新機への適応がかった。
ソロモン攻略戦後RGM-79の性を問題視したエースパイロット達はRGM系の善案を提出。ルナツーおよび陥落直後のソロモンパイロットの意向に沿った改造作業が行われた。

もっとも、RGM-79系の良構想自体はかなりくから想定されており、ジャブローでの第一次生産時には既に基本的な設計は固まっていた。しかし稼働体制の変更に伴う生産効率の悪化を懸念し、開発を先送りにした。
連邦は間に合わせのために善案を軽視していた節もあり、実際に上申があるまではRGM-79SCの本格的な開発に移行しなかったということになる。

SCの後継機とされるRGM-79SP ジム・スナイパーⅡの方が投入がかったのも、恐らくこうした事情が絡んでいると思われる。

ロールアウトしたジム・スナイパーカスタム特殊部隊に配備された。50機に満たないSCは、カスタムメイドに近いため仕様にもバラツキがあった。今日の日にジム・ガードカスタムジム・インターセプトカスタムと呼ばれる機体もスナイパーカスタムバリエーションの一つである。

なおRGM-79[G] ジム・スナイパーとは開発系列上の繋がりはない。
SCの後継機はRGM-79SP ジム・スナイパーⅡRGM-79SR ジム・スナイパーⅢである。前者は後期生産ジム後者ジム改高機動型ベースにした分、性能面でも優れている。この4機、実は当該時代のガンダムタイプに匹敵すると言われる点でも共通している。


スペック


強化点は大まかには火力、機動、装甲、ジェネレーターの4点。
近接戦闘用に頭部に補助バイザーを装備し、前部アーマーを強化、大推ラスターを追加したバックパックに換装、脚部にサブラスターを増設したものがSCの共通項である。

このほかに準専用兵装のR-4タイプビームライフルを携行したものが、知名度の高いSC仕様となる。R-4ビームライフル狙撃用の高出ロングレンジビームライフルで、MSが持つ兵装としては高射程と高威を誇る。このために熱核反応炉の増設が行われ、部に冷却装置をマウントしている。

ちなみにライフルは実弾という説もあったが、これはジム・スナイパーⅡの物と同狙撃ライフルを携行した機体だと思われる。ビーム兵器はこれに加えて右腕部のハンドボックスタイプのビームサーベルユニット、左脚部のハンドビームショットとなる。実弾は部ラッチに380mmバズーカなどのマウントも可であった。

MSVで紹介されたのはSCの代表的な搭乗者フランシスバックマイヤー中尉機の仕様だが、これがスナイパーの正式な仕様と誤認される事も多かったのはひとえに彼の戦果からだろう。あと本人イケメンもあるし。


シモダ小隊機


MSV-R』に登場。アジア系の連邦軍人を隊長とするシモダ小隊機で、ランドセルに中距離射程用の肩部ミサイルランチャーマウントし、バックパックにスラスターを増設、バルザックロケットバズーカを装備したもの。FCSを含むアビオニクスの変更まではなかったらしく、近接戦用にモニター画面での直接照準で使用したと言われている。

リアアーマーにはkick your Ass!という文字が書き込まれている。

シモダ小隊機はア・バオア・クー戦のほか、終戦後にも確認されたらしい。ガンダムエース付録MSV-Rハンドブックによると隊長の名前はハジメ・シモダとのこと。


テネス・A・ユング機


書籍『戦略戦術大図鑑』に登場。
連邦軍の誇るトップエース、テネス・A・ユングの専用機。彼は他にジムGSにも搭乗した。

連邦1位の戦績を誇り、撃墜数149機、戦艦3隻を撃破したと言われている。


シャドウズカラー / シュテンドウジカラー


ブレイジングシャドウ』に登場。元地球連邦特殊部隊シャドウズ5のカインラグナード大尉の機体。

カイン宇宙海賊シュテンドウジで保護されて間もない頃に使用したグレーと浅紫色SCであり、後にジオン残党ファラクとの決戦時にシャドウカラー)に塗りなおした。これまでのカインの乗機はジム・スナイパーⅡシャドウ仕様であったため、SCはかなり近い特性の機体だった。


関連静画


■im5991750(静画)


関連商品


■azB001I4QV96
■azB000FTBLE0


関連項目



最終更新日: 19/04/02 19:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社