ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョイメカファイト


ヨミ: ジョイメカファイト
掲示板をミル!
169カキコ!

ジョイメカファイトとは、任天堂1993年5月21日に発売したファミコン対戦格闘ゲームである。

タイトル


概要


ファミコンでは格闘ゲームというジャンル皆無であり、SFC発売から2年半も経ったハード末期に発売された本作はファミコンの最初で最後の格闘ゲームと言われる。(一応ここで言う格闘ゲームとは、近年の格闘ゲームに近いスタイルゲームと定義する。)

すなわち、ジョイメカファイトはファミコン史上最高傑作格闘ゲームなのである。

[画像を見る]当時、ストリートファイターII1991年)の様な格闘ゲームが大ヒットした背景があり、数々の類似品が作成された。だが、ファミコン格闘ゲームを作る事は各モーションを記憶するメモリーが足りない為非常に難しく、この作品の登場までは皆無と言ってもよかった。

しかし、ジョイメカファイトではキャラクターロボットにし、更にキャラクターパーツ(頭、体、手、足)をバラバラに動作させる等の工夫をする事によって、ファミコンの性でも違和感く遊べる格闘ゲーム制作する事に成功している。

たかがファミコンめているとビックリする完成度のゲームで、発売から20年近く経とうとしている今プレイしても色褪せる事く、十二分に面い内容となっている。

格闘ゲーム初心者の為にも作られているので、キャラクターコマンドはどれも簡単で、もしコマンドを忘れてもゲーム中で確認出来ると言う安心設計である。なんでも、格闘ゲームコマンド練習出来る「練習モード」が搭載された日本で初めてのゲームがこのジョイメカファイトだとか。

小学生から大人までも安心して遊べるゲームになってはいるがやり込み度は高く、登場キャラクターは当時の格闘ゲームではあり得ないキャラクター数の36体が登場する。ストーリーモードで使用出来るキャラは8キャラだが、条件を満たせば対戦モードではボスを含めて全キャラ使用可である。

ファミコン末期の作品と言う事もありBGMも大変素晴らしいファンの贔屓を差し引いてもダチョーステージ、ジボルステージ、ガーボーグステージ、カエンステージ名曲と言っていいだろう。

主人公キャラロボットピンク色で、お笑い芸人と言う設定は当時としては他のどんな格闘ゲームでも新な設定だった。(と言ってもされるべき主人公キャラである。)

このゲームの「でも簡単に遊べるがが深い」と言う内容は、後に任天堂から発売される「大乱闘スマッシュブラザーズ」等にも当て嵌める事ができ、当時から続く、任天堂作品を代表するゲームスタイルでもある。

格闘ゲーム好きで、かつレトロゲームが好きな人なら絶対にオススメできる一本である。もちろん格闘ゲームが苦手な人にも、むしろ格闘ゲームが苦手な人にこそプレイして欲しいゲームでもある。

任天堂が発売した対戦格闘ゲームは長らくの間ジョイメカファイトのみであったが、2009年DSiウェアで「写真で格闘!フォトファイター」という対戦格闘ゲームが発売されている(広義ではスマッシュブラザーズアーバンチャンピオン格闘ゲームと言えるかもしれない)。

ちなみにシステム面では、ラウンド制ではない、画面端がい等、一変わったシステムになっている。


ストーリー


あるところにイーモン博士とワルナッチ博士と言うロボット博士がいました。

二人は仲良くロボットを作っていたのですが、ある日、ワルナッチ博士は研究所の7体の戦闘ロボットと共に世界征服をしようと企みました。

イーモン博士はこれを阻止する為にお笑い修行に出ていたお笑いロボットの『スカポン』を呼び出し、戦闘ロボット改造して戦わせるのでありました。


キャラクター



ステージ1


スカポン主人公として最初から使用可。シテンノウであるダチョーンを除く他7体も倒すと使用出来る様になる。
操作キャラ8体を「イーロボ」、その他のキャラを「ワルロボ」という。

[画像]
スカポン
[画像]
ホノオ
[画像]
タイガー
[画像]
ネオ
[画像]
センジュ
[画像]
サスケ
[画像]
アイ
[画像]
ジャイアン
[画像]
チョー
シテンノウ

ステージ2


多脚ガラックや透明化するジェル等、変則的な姿や技を持つものも登場してくる。
ザコチュートリアル画面で技の実験台として使われている。

[画像]
ザコ
[画像]
ボコボコ
[画像]
ジオ
[画像]
ガラック
[画像]
オール
[画像]
ジボル
[画像]
ジェル
[画像]
ケータ
[画像]
ラー
シテンノウ

ステージ3


オーンはジオとボコボコベースにして作られたと言う設定だが、実際の性はと言うと疑問。
また、ゴーストンはステージ2シテンノウロボラーの亡霊ロボらしい。

[画像]
レジェンド
[画像]
バー
[画像]
シェンロン
[画像]
スター
[画像]
ゴースト
[画像]
ギガント
[画像]
オーン
[画像]
スーパーザコ
[画像]
ガーボーグ
シテンノウ

ステージ4


イーロボ8体の強化版。最後のシテンノウ・ホウオウスーパーザコ(ひいてはザコ)の強化版だと言われている。

[画像]
カエン
[画像]
レオ
[画像]
ネイ
[画像]
アシュラ
[画像]
ハンゾー
[画像]
ワイ
[画像]
ガイア
[画像]
スカポカーン
[画像]
ホウオウ
シテンノウ

著作権関係について


このゲームは「任天堂電通ゲームセミナー」と言う企画で生まれたゲームであり、当時の制作メンバー著作権を譲渡する契約を済ませていたつもりであったが、何故か長い間著作権所在が不明であった。

その為、ファン製作者も続編を切望していたにもかかわらず、続編はおろかリメイク移植モブキャラ出演もされる事がく、スマブラ出場もバーチャルコンソール配信も絶望視されていた。

しかし、2007年に当時の開発メンバーの1人である江渡浩一郎氏の自宅から押印のされていない権利書が発見され、めでたく著作権譲渡が行われる事になった。熱心なファンは実に十数年振りの奇跡に燃え上がった。しかし、江渡氏も続編やスマブラ出場を期待しており、著作権所在に疑問を持っていたと言うのだから失礼ながら実にマヌケな話である。

2008年にはWiiバーチャルコンソールにてダウンロード販売が実現、同じく2008年発売の「大乱闘スマッシュブラザーズX」でもスカポン公式イラストが「シール」として登場した。(当初はスカポンアイテムに乗り込むと言うネタがあったらしいが開発中著作権問題が解決していなかった様である。)

2018年発売の「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」ではファイターに協するアシストフィギュアとして、プレイアブルではないもののモーションや効果音などそのままに動くスカポンがついに対戦画面に登場した。

2019年にはNintendo Switchの有料オンラインサービスNintendo Switch Online」加入者向けサービスとしてジョイメカファイトがプレイできるようになり、念願のオンライン対戦が可となった。

余談だが、ジョイメカファイトの熱心なファンが集まる某掲示板では当時の開発者本人が降臨、オフ会にも降臨という出来事があった様だ。

続編が作られる可性はある!ファンは期待して待つべし!


ちょっとした裏話



関連動画



■sm240451[ニコ動]

■sm82632[ニコ動]
■sm35496[ニコ動]
■sm10533233[ニコ動]


関連商品


  ■azB000068GVE


関連項目



最終更新日: 19/01/09 17:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社