ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョコビッチ


ヨミ: ジョコビッチ
掲示板をミル!
98カキコ!

ノバク・ジョコビッチ(Новак Ђоковић, Novak Đoković, 1987年5月22日 - )とは、セルビアプロテニス選手芸人である。 世界テニス四天王 BIG4の一人。


概要


Novak Djokovic
基本情報
セルビア
出身地 セルビア:ベオグラード
生年 1987年5月22日
身長
体重
188 cm
80 kg
選手情報
利き手
バックハンド 両手打ち
デビュー 2003年
テニス選手テンプレート

本職:テニス芸人 副業:プロテニス選手と以前は言われていたほど、本職以外で有名だったテニス選手。
称は【ジョコ、ノレ、コート上のペテン師タワシ芸人etc…】。変な称が混じっているが気にしてはいけない。

引退しても、ものまね芸人として生きていける」と言うがある程で、プロテニス選手カラオケ会ではNo.1を得る歌唱にその実の一端が見れる。
性別に関係く、数多くのテニス選手のモノマネが得意であり、特にシャラポワを十八番としている。
一方でシャラポワ本人はジョコビッチにモノマネされることを嫌っており、「今度やったら殺す!」 とまで言っている。

――というネタ選手的な扱いの彼だったが現在では世界最強テニスプレイヤーとしてその名をかせている。


経歴



2011年以前


ロジャー・フェデラーラファエル・ナダルの両名が数多くの大会で優勝していた2006年頃から期待の若手選手として名前が挙がっていた。

2007年の全オープンでは4回戦でフェデラーに一蹴されたものの、3月の北シリーズ2大会で準優勝優勝を挙げてTOP10入りする。その後8月のモントリオールではフェデラーを下して優勝。全オープンではフェデラーに経験の差を見せつけられて敗れたが見事準優勝を挙げた。この年、全オープン企画カラオケを披露してテニス芸人としても一躍注を集める。

2008年の全オープンで四大大会初優勝を飾り、同年の北京オリンピックでは銅メダルを獲得するなど順調に来ていたのだが、それからしばらくはピリっとせず、【万年3位男】、【芸人が本職】などと呼ばれる不遇な日々が続いた。

ところが2010年末に自身がグルテンアレルギー持ちであることが判明したため、栄養士を雇い底した食事制限を行ったことが2011年大躍進に繋がる。 


2011年


開幕から全オープンの準決勝フェデラー戦まで連勝を続ける大活躍。ウィンブルドンでもナダルを下して優勝し、ランキングもついに1位になった。全オープンでは準決勝でフェデラーフルセットで2本のマッチポイントを握られながら逆転勝ち、さらに決勝でもナダルを下して優勝。これでオープン化後6人となる四大大会年間3勝の達成となった。

2011年グルテンを摂取しなくなったことによる身体の向上、体増強…など食事制限の影が随所に見られるようになった。特に全盛期フェデラーを彷彿させる圧倒的な強さを見せつけたため、多くの人がジョコビッチの変わりように大きく驚いた。論、「何で今までグルテンアレルギーに気付かなかったんだ?」、「食事制限しただけでここまで勝てるようになるのなら最初からやっとけよ!」…と色々言われたのは言うまでもない。


2012年


オープンは準決勝でアンディ・マレーフルセットで下した後、決勝ではナダルを四大大会決勝史上最長となる5時間53分のフルセットで下して優勝。前年のウィンブルドンから四大大会3連勝となった。さらに全オープンでも決勝進出し、男子では史上8人の生涯グランドラム1969年ロッド・レーバー以来オープン化後2人の四大大会4連勝が期待されたが、ナダルセットカウント3-1で敗れ、惜しくも準優勝に終わった。ウィンブルドンで一度はランキング1位の座をフェデラーに明け渡したものの最後まで安定して勝ち続け、最終戦優勝&年末ランキング1位で締めた。

なお全オープンからユニクロとウェア契約を結んだ。同年10月にはユニクロと共同でのチャリティーファンド設立のため初来日しており、ジャパンオープンへの出場も期待されたが、北京の大会と長期契約を結んでいるらしく2015年現在未だに実現していない。


2013年


オープンマレーを破ってオープン化後初の3連覇を達成、優勝4回もオープン化後のタイ記録に並んだ。一方全オープン大会中のレジェンドダブルスでは医者に扮してコントを披露するなど、自分の持ち味本職も忘れていない様子。

クレーコートシズンではナダルのモンテカルロ大会連覇を止めたことで期待を持たせたが、全オープンでは準決勝でナダルフルセットで敗れた。その後もウィンブルドンマレーに、全オープンナダルにどちらも決勝で敗れている。ランキングナダルに追い立てられてヤバいと思ったのか全オープン後は負けなしの優勝4回でシーズンを終えたが、最終的にナダル1位を譲ることとなった。

なお医者コスプレシーズン後に行われたダビド・ナルバンディアン引退記念エキシビションでも見せており、持ちネタとして定着しそうである。

ちなみに前述の食生活善方法をめた本もこの年に出している。
翻訳されていないので、購入したい方は注意。


2014年


オープンでは準々決勝で伏兵のスタニスラス・ワウリンカと大接戦の末に敗北。更にキャリアグランドラムを賭けた全オープン決勝で案の定ナダルに敗戦してしまう。この年からコーチに往年の名選手ボリス・ベッカーを招聘していたが、この時期までベッカーが大会に帯同すると優勝を逃すことが多かったため、「このコーチ招聘ホントに意味あんの?」とツッコミを受けることに(※日本ネット話題になったというレベルではなく、海外記者インタビューでもガチで質問されている)。しかしウィンブルドンでは世界ランキング1位の意地を見せ、フルセット戦の末にフェデラーを下して優勝、かつて芝で活躍したコーチの面を保った。

オープンでは準決勝で錦織圭に敗れ、この年は四大大会1勝に終わる。だがマスター1000の8大会中4大会で優勝ATPファイナル優勝世界ランキング1位の地を見せつけている。

この年には以前から交際していたエレナリスティッチ(Jelena Ristic)と結婚し、子供も誕生。
フェデラーに子育てのコツを聞くなど、パパになった喜びを感じている模様。 


2015年


オープンでは決勝でアンディ・マレーを下し、2年ぶり5回優勝を飾る。

グランドラム通算優勝回数も8となり、イワン・レンドルアンドレ・アガシなど往年の名選手に並んだ。

その後もインディアンウェルズ、マイアミ、モンテカルロローマと出場した要な大会をことごとく制覇。

生涯グランドラムの期待を受けて臨んだ全オープンでは準々決勝にてラファエル・ナダルを7-5、6-3、6-1のストレートで破りとうとうナダルに全二度の土をつけた。続く準決勝においてマレーとの二日がかりの闘を制しグランドラム達成まであと一勝としたが、迎えた決勝でスタン・ワウリンカセットカウント1-3で敗れ悲願達成はならなかった。

モチベーションの低下も心配された中で出場したウィンブルドンでは4回戦でケビンアンダーソンに2セットダウンピンチを迎えるもこれを逆転勝利。昨年の再現となった決勝でフェデラーセットカウント3-1で破り通算9度グランドラム優勝をはたすとともにそのフェデラー以来となる連覇を達成した。

その後はロジャーカップマレーに、ゴールデンマスターズをかけたシンシナティフェデラーに敗れるも、続く全オープンではまたもフェデラーとの対戦を制し2011年以来となるグランドラム3冠を達成。2009年フェデラー以来となるすべてのグランドラムにおいて決勝進出を果たした。この優勝によりグランドラム優勝回数はとうとう10に。これはチルデンと並んで歴代7位タイである。

アジアシーズンに入ってもジョコビッチの勢いは衰えずATP500北京オープン優勝を皮切りに上海パリ優勝ツアーファイナルズにおいてもRRで一敗したのみでフェデラーを破り優勝。終わってみれば82勝6敗、前人未到のMS年間6冠、ツアーファイナルズ4連覇を達成して獲得ポイント16000を2位以下に圧倒的な差をつけ独走状態。年初のカタールオープンカルロビッチに敗れて以降出場した15大会全てで決勝進出、そのうち11大会で優勝を果たすなど、2011年に勝るとも劣らないシーズンとなった。


2016年


前年一決勝進出できなかったカタールオープンラファエル・ナダルを下し優勝。迎えた全オープンでは4回戦でジル・シモンを相手にUE100を数える大苦戦を強いられたものの、ここを何とか切り抜けると準決勝でフェデラー、決勝ではマレーを下しグランドラム通算11勝を飾った。また、全6度の優勝ロイエマーソンと並んで歴代最多。

バイテニス選手権において異常から準々決勝で途中棄権。連続決勝進出は17大会でストップ。ちなみに原因はゴーグルをつけずにプールに飛び込んだからだといわれているが果たして相は・・・?

インディアンウェルズ、マイアミではそれぞれ決勝でラオニッチ錦織を下し「サンシャインダブル」を3年連続で成し遂げた。ところがクレーシーズンの最初の大会モンテカルロでは当時ランキング55位のヴェセリに初戦(シードなので2回戦)でまさかの敗戦。ジョコビッチが2回戦で敗退するのは実に3年ぶりとなる大番狂わせだった。その後はマドリッドオープンでしっかり立ち直りマレーを下してMS通算29勝ローママスターズでは決勝でマレーストレート負けを喫している。

迎えた全オープンではの影もあり、4回戦から準決勝までき日なしでの試合を強いられるなどスケジュール的には非常に苦しいものがあったが、準決勝で新鋭ティエムを下し3年連続決勝進出。迎えた決勝では前年覇者ワウリンカを下したマレーセットカウント3―1で勝利し念願の生涯グランドラム達成。また、これで昨年のウィンブルドンから4連続でGS制覇となり「ジョーカーラム」も同時に達成している。優勝後にはコートに文字を描き、そこに寝転ぶというグスタボ・クエルテンの有名なパフォーマンスをまねして行っている(事前許可は得ていた様子)。ちなみにそのクエルテンからは「ハートの形はより下手だったね」との厳しいお言葉をもらっている。


ジョコビッチの凄い実績



次へ»
最終更新日: 19/01/27 20:27
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ