ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョシュア・ノートン


ヨミ: ジョシュアノートン
掲示板をミル!
48カキコ!

ジョシュア・ノートンまたは皇帝ノートン1世とは、アメリカ合衆国皇帝である。統治期間は1859年9月17日から没日の1880年1月8日まで。彼の死後、合衆皇帝名乗りまた地位に就いたものがいないため、現在まで一の合衆皇帝である。


概要


英語では、Joshua Abraham NortonまたはEmperor Norton I。正式な称号は、「合衆皇帝にしてメキシコ護者ノートン1世」。英語では、"Norton I, Emperor of the United States and Protector of Mexico".御座所はサンフランシスコ

彼は、合衆の体制である共和制連邦制が著しく不備のあるものと考えた。これを解決する手段として、「絶対君主制」の導入を試みたのである。事実、彼の統治期間において、奴隷制度の限界から南北戦争が起こっている。

当初、彼の理念は理解をされなかった。後述するように、彼の考えは当時の人たちからすると先進的すぎる面があったからである。彼が行った皇帝即位宣言も、ほとんど掲載されなかったし、それを掲載したサンフランシスココールジョークとして取り扱ったのみであった。

然し、彼はめげずに、皇帝の政務を執り行っていく。彼の政務はに、日刊を通じて勅布することであった。特に、彼の政策の多くを占めたのが議会制度の止であり、初めにアメリカ議会の解散を命じ、ついで軍隊による実行使を命じて、民主党共和党両党の止を命じた。

一方で、議会制度に関する勅以外に、彼は勅国際連盟の設立、宗教間の対立の禁止、サンフランシスコオークランド間の隧道を建設することなどを命じている。これらは、彼の死後数十年たってから果たされており、彼の統治者としての先見性が伺えるものである。

他に、彼の政務として彼の支配下であるサンフランシスコ並みの視察があった。彼は、御座所たるサンフランシスコ市民の生活に不足がないか丹念に見て回り、時には彼のする臣民哲学について談義した。

残念ながら、彼の統治は合衆全土にまで行き届かなかった。しかしながらサンフランシスコでは確実に支持者を増やしていった。まず、市民が彼に同調した。君主制こそ賛成をしなかったものの、彼の統治に関してはおよそ賛同をしたと考えられる。

当時、低賃で働き、結果的に雇用を奪う中国系の移民に対し、市民暴徒となって、リンチをするという事件が多発していた。ある時、彼が暴徒移民の間にたまたま居合わせたとき、彼は頭を垂れて、何度もの祈りを唱えた。すると、暴徒たちは恥じて解散してしまったという。

ついで、警察が彼の統治下に入った。ある時、アーマンド・バービアという若い警察官が彼を精異常者と決めつけ、精神病院に放り込もうとしたのである。彼の行為に対し、サンフランシスコ臣民及び彼の統治下にあった新聞は、直ちに抗議をあげた。警察署長パトリッククロウリーはすぐさま彼を釈放し、公式な謝罪をした。また、彼もこれを容れて、バービアの大逆罪を恩赦とした。以後、警察官は彼に対し敬礼をもって迎えるようになった。

さらに、サンフランシスコの諸々の店が彼の統治下に含まれていった。ある時、彼が乗った食堂車で、それを経営するセントラルパシフィック鉄道が彼に対して料支払いの請をしたため、彼はこれに対し、勅をもって、この鉄道会社の営業停止を命じた。彼の臣民たるサンフランシスコ市民も同時に抗議をあげ、これに驚いた鉄道会社は終身無料パスを彼に奉呈して謝罪した。

彼はサンフランシスコ市民に敬されていた。彼が食事をしたレストランでは「合衆皇帝ノートン1世陛下御用達」と書かれたプレートがしばしば掲げられ、サンフランシスコ内の劇場は彼の来場まで、幕をあげることはなかった。彼の来場を知らせると、来場者はみな起立して彼を迎えた。彼のザルスが死ぬと当局では、自然と喪にした。は彼のが古びてくると、新調のための費用を出した。これに彼は感状を出して答えた。また、独自の(連邦政府が発行したものではない)紙幣を彼は発行しており、当時も、サンフランシスコ内では通用した他、現在ではその希少性からオークションでは1000ドル以上で取引されることもある。

※ノートン1世の家族として新聞記事に紹介された2匹は、彼が住んでいた当時のサンフランシスコに居着いていた名物ではあったが、実際には彼との関係はなかった模様[外部]

彼の威は、死後も発揮された。彼が死ぬと、サンフランシスコの新聞は一面に「Le Roi Est Mort(王は逝けり)」とフランス語で見出しをり、州外でも、ニューヨークタイムズが「彼はも殺さず、からも奪わず、も追放しなかった。彼と同じ称号を持つ人物で、この点で彼に立ち勝る者は1人もいない」と褒めたたえた。

彼は、質素な生活をしており、彼の遺した財産では、本来、彼は貧民墓地への埋葬となるところだった。ところが、市民はこれに対し自発的に資を投じ、ついに彼の葬儀は荘厳にして大規模なものとなった。葬儀にはサンフランシスコ中の全階層の人三万人が集まり、葬列は二マイルに達したと伝わる。

現在、彼の遺体カリフォルニア州ルマのウッドローン墓地埋葬され、墓石には「ノートン1世、合衆皇帝メキシコ護者」と刻まれている。


関連動画



■sm2273448[ニコ動]

■nm8249664[ニコ動]
■sm30851130[ニコ動]
■sm27650008[ニコ動]


関連商品


■az4267700036


関連リンク



関連項目



最終更新日: 17/03/19 17:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ