ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョジョの奇妙な冒険(対戦型格闘ゲーム)


ヨミ: ジョジョノキミョウナボウケン
掲示板をミル!
138カキコ!

ジョジョの奇妙な冒険とは、カプコンが発売した対戦型格闘ゲームである。

その名の通り荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険」第3部を原作とする。
この項では続編(アッパーバージョン)「ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産」についても記述する。


概要


1998年に一作1999年に「未来への遺産」が稼働開始。基はCPシステムIII
操作形態はレバー+弱・中・強・スタンドの4ボタン

本作の特徴的なシステムに「本体モード」と「スタンドモード」がある。原作におけるスタンドについてはスタンド(ジョジョの奇妙な冒険)の項を参照。プレイヤーキャラの多くはスタンド戦闘を行い、半数以上はスタンドボタンを押すことで二つのモードを切り替えることが出来る。モードを切り替えると技の性が変化し、それぞれのモード専用の技もある。スタンドモードではチェーンコンボに似た連続攻撃「スタンドラッシュ」が使用可で削りダメージ効、ダウンしないなどの利点があるが、攻撃を受けることで「スタンドゲージ」がになると「スタンドクラッシュ」が発生し大きな隙ができるリスクがある。また回り込みや中・大ジャンプは本体モードでしか使えない。本体とスタンドが分離できるキャラは本体モードスタンドと同時攻撃が出来る。

またスタンドモードが存在するキャラだけが「タンデムアタック」を使用出来る。スタンドボタンを押している間(一定時間は時間が停止する)にコマンド自由プログラムし自動で動くスタンドと本体の同時攻撃が可な「プログラムタイプ」と、スタンドモードキャラが全ての技を全ての技でキャンセルできるオリジナルコンボに似た状態になる「リアルタイムタイプ」が存在しキャラによって異なる。スタンドモードがないキャラシステム的に不利と思える程強である。


キャラゲーにして傑作


一般的に漫画アニメキャラクターを用いたゲーム、所謂キャラゲーは作り込みが甘い駄作が多いとされるが、本作は原作再現度の高さだけでなくゲームとしての評価も高い。

スタンドモードによるスタンドバトルの表現、特定の技がぶつかりあった際に発生する「突き(ラッシュ)の速さべ」、ゲームオーバー時に自キャラダービーコインにされる等原作ファン感涙の演出面に加え、各キャラの個性も非常に強い。例を挙げれば、

など原作再現度、性ともに強である。普通格ゲーではヤバい仕様を敢えて盛り込んだ結果、総じてキャラは高性だが強いキャラは突き抜けて強く、さらにバグの多さから対戦バランスは良くない。それでも長い間多くのプレイヤーを惹き付けたのは原作の魅をこれでもかと言うほど表現した結果生まれた本作の特異性に他ならない。本作はキャラゲー故に名作たり得た希有なゲームと言えよう。


家庭用移植


PS版無印DC版の「未来への遺産」、PS3/Xbox360版の「未来への遺産HDVer.」(DL専売)が存在する。

PS版無印キャラに加え「未来への遺産」で追加されたキャラが使える(追加技はい)。スタンドの減色や各キャラストーリーデモOPEDを除き削除、各技の性や演出の変化など移植度は低いが、原作ストーリーに沿ってプレイヤーキャラになっていないキャラともミニゲームで戦える「スーパーストーリーモード」が存在する。移植度の低さにも関わらず中古価格が暴騰している。

DC版は無印と「未来への遺産」のカップリングとなっており、どちらも移植度が高い。そのためDC版の移植度とPS版の独自要素を兼ねえた完全版の発売という贅沢な望みを抱くファンがいる。

HDver.は「未来への遺産」のほぼ全な移植となっており、PS版の独自要素はカットされている。またその名の通りグラフィックHD化され、オンライン対戦も実装された。ただし全キャラの防御を均一化するという乱暴なバランス調整のため、ペット・ショップ(後述)の強さに手が付けられなくなっている。


登場キャラクター



プレイアブルキャラクター


空条承太郎CV梁田清之
第3部の主人公にして本作主人公主人公にしてはしく飛び道具無敵技を持たず接近戦に特化している。接近してしまえば判定の滅法強い通常技からノーゲージの連続技でごっそり減る原作同様の「近距離パワー」。原作では数回しか使わなかった「スターフィンガー」が攻めに重宝する技となっており多用されることになる。時を止めることも出来るが実戦で使うには難易度が高く見返りが薄い。
ジョセフ・ジョースターCV大川透
第2部の主人公。一部の必殺技に第1部主人公ジョナサンの技名が当てられている。スタンドが腕と一体になるので通常技の変化が丁度武器を持つ感じでわかりやすい。またスタンドモードで回り込みが使える。本体時は牽制と反撃が強い立ち回り重視のキャラスタンド時はリーチが伸び中距離が得意になるがタンデムアタックを使った連続技によるある程度の火力もある。
モハメド・アヴドゥルCV江川央生
ジョセフの友人で占い師。リュウタイプの万キャラ。二種類の飛び道具による牽制、対技、使いやすい通常技に連続技の火力も備える。苦手な距離キャラく、攻めに強い本体モードと守りの堅いスタンドモードという性質もわかりやすく初心者でも使いやすい。「未来への遺産」ではスーパーコンボの「灼熱のアンク」に無敵時間(溜めによって2ほどまで延長可)の間に相手を投げるとゲージを消費しないバグがあり、無敵からの投げを繰り返す理不尽なハメ技がある(HDver.では無敵判定が削除されている)。
花京院典明CV真殿光昭
DIOの刺客だった高校生。機動が高く、設置技の「法皇の結界」と長いリーチによるテクニカルな攻めが得意。スタンドモードリーチがさらに長くなり弾数の多い飛び道具エメラルドスプラッシュ」による牽制で中遠距離に強い。非常に癖が強く操作も難しいが使いこなせば強い上級者向けキャラ
ジャン=ピエール・ポルナレフCV垂木勉
DIOの刺客。格ゲーには彼をモデルにしたキャラが何故か多い。スピードタイプキャラだが速さゲームバランスの両立のためタメキャラになった。技の発生が速くリーチが長く、中距離での牽制が得意。中段技の「シューティングスター」によるガード不能連係も有る。一方で攻撃、防御は低いので慎重さがめられる。
イギーCV真殿光昭
スタンド使い。本体モードは他キャラの数分の一の大きさしかく逃げに適している。スタンドモード時は攻撃が高く、移動投げや特殊動作の滞で翻弄出来るがやられ判定が逆にでかめになる。本体モードスタンドモードの適確な使い分けが要となる上級者向けキャラ
デーボ(CV岸祐二
DIOの刺客。「呪いのデーボ」の異名をとる殺し屋人形を操り必殺技で攻撃させたりスタンドモードで操作する。操作されていない人形には当たり判定ステージに置き去りとなる。これを利用して相手を挟み込み怒濤の連係が可スタンドモードでは常にスタンド遠隔操作状態になり本体が防備になるため使いどころを選ぶ。
ミドラーCV長沢美樹
DIOの刺客の女性原作では素顔が登場せず、本作のために原作者が描き下ろした。原作では遠隔操作タイプスタンドなのだが何故かシステムとしてのスタンド遠隔操作が出来ない。通常技、必殺技ともにリーチが長く距離を問わずに攻められ攻勢を維持しやすい一方、守りに使える技が火力も低いため逆転されやすい。
チャカCV長嶝高士
DIOの刺客のスタンドアヌビス神」に魅了された気弱な青年を抜かない(スタンドモードにならない)とどの技が使えない。アヌビス神キャラに共通する強みとして当て身技でとった技が通常技で反撃可になる。チャカは加えて通常技の発生が速く連続技も多火力が高いと開発も認める悪なまでの攻めキャラ。「未来への遺産」では調整を食らい火力が下がってしまった。
アレッシーCV垂木勉
DIOの刺客。弱いものいじめが好き。スタンド人間を若返らせる。本体モードでは小柄で素く接近しての連続技、スタンドモードではリーチが長く中距離での牽制が得意。スタンドモードがあるキャラでは一人だけスタンドラッシュが使えない。特定必殺技で相手を子供にする(キャラによっては原作の別キャラになるなど妙なことになる)と一定時間ほぼ一方的に攻撃出来る。無印(及びPS移植版)では子供化の時間が長く強
DIOCV千葉一伸
ジョースター家の宿敵。ストーリーモードでは1ラウンドを取ると原作承太郎ダメージを負わされジョセフの血を吸って復活した後の姿になる。プレイヤーキャラとして使えるのは後者のみ。攻撃性承太郎に近いが、移動技や飛び道具を持つため遠距離にも対応出来る。また防御が非常に高い。しかし通常投げが反撃確定(「未来への遺産」のみ)、回り込み動作が長すぎるなど基本システムが使いづらく、体も大きいためむしろ防御面が弱い。時止めはやはり実戦では使いづらいがスーパーコンボの「チェックメイトだッ」の性が変化したり「ロードローラーだッ」を決めるほぼ一のチャンスであるなど多分にロマンを感じさせる。
邪悪の化身ディオ!(CV千葉一伸
第3部初期(というか最終盤以前)の姿のDIO。通称影DIOキャラによってはストーリーモードの初戦から出てくる。スタンドモードスタンドボタンスタンドを使った特殊技が出る。スタンド攻撃を絡めたノーゲージの連続技や飛び道具を使った中遠距離戦が強いが、スーパーコンボが使いづらくゲージが余る。攻撃を回避して背後に回る「恐怖の片鱗」や肉の芽を飛ばす「カリスマ!」など原作再現度は滅法高い。時止めは発動時の暗転がく悟られにくい。
誇り高き血統ジョセフCV大塚芳忠
第2部当時の姿のジョセフ。通称若ジョセフゲーメストジョセフと書かれたことがある。設定的にもスタンドが使えず、スタンドボタンクラッカー攻撃になっている。「クラッカーブーメラン」や「アイアンボーガン」といった変則的な飛び道具リーチが長く多段ヒットクラッカー攻撃による遠距離戦が強いが、攻撃が低くノーゲージでは対も弱い。

「未来への遺産」から登場


次へ»
最終更新日: 16/01/09 22:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社