ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョン・タイター


ヨミ: ジョンタイター
掲示板をミル!
345カキコ!

ジョン・タイターとは、2036年未来から来たタイムトララーである。1975年タイムトラベル後、1998年々の世界へとやってきた。

2000年代前半にインターネット上で騒がれ、世間から忘れられかけた2009年度にSteins;Gate元ネタとして引用され、再び注を集める事になる。


概要


2000年アメリカの大手オカルト掲示板に突如「2036年から来た」という書き込みがされた。
彼の名はジョン・タイター。その後約4かに渡り、懐疑や肯定崩のような質問に摯に答え、「任務を了したので帰還する」という言葉を最後に、いなくなってしまった。

こう書くと、2ちゃんねるオカルトにいるような「自称未来人」を想像するが、タイターが現在においても(アメリカなどで)高い人気議論ネタにされているのは、彼のタイムトラベルに関する理論や、未来に関する予言とも言える発言、さらに実際にアップロードされたいくつかの写真[外部]に迫っているからである。

しかし、後述するように、タイターの世界々の世界はズレがあることや、もう一度タイターのようなタイムトララーが現れる可性が皆無に等しいこと、などによって、検証は全く不可能といえる。

日本では予言者として扱われることが多いが、タイターは予言者ではなく単なるタイムトララーにすぎない。
後述する理論によれば、未来のことを当てることができなくても何ら問題はないのであり、予言の当たり外れでタイターを「本物」「偽物」と決めつけることは出来ない(しかし、それが最も簡単な偽の判定方法のため、にオカ人間によってレッテルを貼られたままである)。


タイムマシンとタイムトラベルの方法


タイターの利用したタイムマシンは、乗用車に積めるほどの小機械で、ようするに「マシン」ではない。
タイムトラベル装置ともいうべきもので、これを乗用車などにセットし、ワームホールを利用してタイムトラベルする。
内部では重力場が発生し、エレベーターで上昇しているような感覚を味わうという。
およそ10年の時間を移動するのに、1時間ほどかかる。

タイムトラベルの話で必ず上がる「パラドックス」だが、タイターの説明では「異なる世界線パラレルワールドのようなもの)の過去に移動するため、歴史が変わることはない」そうだ。
彼はこの問題について、「なぜこの時代の人々はパラドックスが起きるかどうかをそれほどまでに気にするのか理解できない」と書きこんでいる。彼自身、トレーニング中と、1998年のこの世界線に来た時の計2回「自分」に会っているという。

また、タイムトラベルした先の間と、現在間は全く同じ場所であることはありえない。
なぜなら、地球太陽系銀河も、宇宙を猛スピードで移動しているからだ。
つまり、普通タイムトラベルしても下手をすると宇宙空間に飛び出してしまってお釈迦ということになりかねない。
タイターのタイムマシンには、この問題を解決するための装置が積まれており、大雑把にいえば「間座標を固定することによって、同じ場所に移動できるように」なっているらしい。


世界線のズレ


世界線ワールドライン)とは、タイターが使用したパラレルワールドと同義であると思われる用
タイムトラベル間に、この世界線とは別の世界線数に作られ、たどり着く世界もこの世界線とは異なった世界線になってしまうという。

そのため、移動先の世界線がどの程度現在世界線と「ズレ」ているのかを知る必要がある。
タイターのタイムマシンは、過去未来60年間を過ぎてタイムトラベルすると、世界線のズレが大きくなりすぎてしまうため、タイムトラベルできる範囲は60年間と設定されているのだという。

また、々の世界線にたどり着いたとき、世界線のズレは2%程度であったらしい。
(しかしこれはあくまで到着した時点でのことなので、その後ズレが大きくなっていることが考えられる)

この世界線のズレによって、どの程度世界が変わるのかについて、タイターは「考えても駄」だとしている。
理由は明らかにしていないが、世界線数にあるとすれば、その中からたった一つの世界線と自分たちが住んでいた世界線べても何の意味もないということかもしれない。


タイターの使命


なぜタイターはタイムマシン過去にやってきたのか。

タイターのいた世界、つまり2036年アメリカは、核戦争やそのあと起こった第三次世界大戦によって疲弊していた。
世界的な流れであったグローバル化全に停滞し、科学技術のおかげで復は進んでいるが、いまだ不全な状態でもあるという。

その世界において、急務とされているのが2038年問題への対策である。
それには、故障してしまった古い時代のコンピュータシステムの解析と修理が必要であり、そのために、内部に特殊な翻訳装置のついているIBM5100というパソコンを入手しなければならなくなった。
(ちなみにIBM5100のこの特殊な機については、タイターの書き込みによって初めて明らかになったことである。一部の技術者以外は知らなかった)

IBM5100を入手するため、タイターは2036年から1975年へとタイムトラベルしたのである。
尚、タイターのIBM5100の開発に携わった技術者であり、それが理由でタイムトララーとして大抜されたのではないか、という見方もある。(過去と接触をしやすい)

任務を果たした後、タイターは「個人的な理由で」1998年の「この世界線」にやってきた。
そして、家族と2年ほど過ごした後に、インターネットに書き込みを始めたのである。


2036年のアメリカ人としてのタイター


タイターの掲示板でのやりとりが記録された英語の原書では、
タイターの母親とされる人物の話した内容も書かれている。彼女の話で、ある程度普段の生活でのタイターを知ることができ、それによって現代の々とはいくつかの点で異なることがある。

2036年タイター」の特徴


正体?


タイターの母親から委託されたというラリー・ヘーバー弁護士の可性がある。

彼はタイターの書籍の著作権を管理している。上述の、タイターの母親に会ったことがあるのはヘーバーのみである。また、ジョンリック・ヘーバー物理工学の知識が豊富だという。ジョンラリーが会見するときにはそばに控えている。ラリーは元ウォルト・ディズニー社の顧問弁護士も務めていた。

(関連商品検証 予言はどこまで当たるのか」ASIOS、菊池聡、山寿丸著より要約)


Steins;Gateでのジョン・タイター


現実タイターがった「世界線」「IBM5100(作中ではIBN5100という名称)」等が本作の重要なキーワードとなる。

物語舞台である2010年7月にもジョン・タイターは登場し、インターネット掲示板現実タイターが残した文章と同じような書き込みを残すが、
なぜか2000年に現れたタイターを覚えている人間主人公鳳凰院凶真岡部倫太郎ただ一人であった。

その後、メールアドレスを残したタイターに連絡をするが・・・


関連商品


■az4903491137
■az4286131440


関連項目



最終更新日: 15/08/11 13:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ