ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョージ・ルーカス


ヨミ: ジョージルーカス
掲示板をミル!
64カキコ!

ジョージ・ルーカス(George Walton Lucas Jr)とは、アメリカカリフォルニア州デスト出身の映画監督である。


解説


スター・ウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』などの世界ヒットシリーズ製作で名世界中に知られており、
最も成功した映画監督の一人である。

デビュー作は『THX 1138』(1971)。SF映画原作・脚本・監督ルーカス一人が務めた。大学時代の短編映画『電子的迷宮/THX 1138 4EB』のリメイクとなる。これに興味と可性を示したフランシスフォード・コッポラが資援助を行った作品。しかし、行的には失敗。難解なシーンも多く配給会社が勝手に5分ほどカットしたほど。

また名作地獄の黙示録』の原案企画にも携わっているが、ノンクレジットでこれをコッポラに譲り渡している。

映画監督のみならず映画製作会社を立ち上げ運営するなど意欲的な人物。「ルーカスフィルム」が有名。下にはゲーム部門の「ルーカスアーツ」や音響関連の「スカイウォーカーサウンド」などがある。PixarTHXなどもかつて下においていた。THXデビュー作に由来。

成功を収め私生活もそれはなものだろうと思いきや、
映画で得た賃ルーカスフィルムに費やしてしまっているため、生活はとても貧相質素である。映画が生活。
SFオタクであり「連続活劇」のファンであり、『インディ・ジョーンズ』や『スター・ウォーズ』の演出には連続活劇の影を受けているらしい。

黒澤明をとても尊敬しており、作品には日本文化の影が表れている。実際、『スター・ウォーズ』は黒澤作品の流れを多く取り入れている。
影武者』でも製作揮という立場で黒澤支援し、アカデミー賞授賞式ではオスカー像を贈ったほど。

スティーブン・スピルバーグとは親友であり、
スピルバーグは『未知との遭遇』同時期に開された『スター・ウォーズ』の大ファンであった。そのためか両作品にお互いのキャラクター(「R2-D2」や「E.T」)が一だが登場しあうこともある。
性格はかなりシャイらしいので演技導はスタッフ打ちして役者に伝えさせていると言っているが、
きちんと、言葉で演技導している。

2012年、自身が経営するルーカスフィルムウォルト・ディズニーに売り渡した。これにより、ルーカスフィルムからは全に退くこととなり、スター・ウォーズ制作も今後はディズニー導で行われることになった。ちなみに買収額は405000万ドル相当と言われており、その収益のほとんどがルーカス個人の手に渡ったと言われている。どんだけけるんだこの爺さん・・・

ビバリーヒルズ・コップ3』にカメオ出演している。アクセル刑事エディマーフィー)に並んでいた観覧車に割り込まれ文句を言う役。

家族構成はマーシアルーカスと元妻と養女が3人。
そののうちの一人、アマンダ・ルーカス総合格闘技デビューしており、日本ではDEEPに参戦経験がある。 


スターウォーズの生みの親として


氏の代表作である『スターウォーズシリーズは、文化的にまだ若いアメリカにおいて、しばしば『アメリカ神話』『現代の神話』と呼ばれるほど、熱狂的に支持されている。しかし、一般的に評価されているのは旧作であるエピソード4~6までで、エピソード1以降は旧作ファンからの評価は低い。(そのエピソード4~6も、映像技術の発展とともにCGによる変などが行われており、従来のファンからは批判されている)

このように生みの親ではあるものの、新作を作るたびにファンからの批判され続けている現状に不満を抱いているようで、最新作エピソード7が開された際には、その作品を貶めるような発言をしてしまい炎上した(後、謝罪している)。そのためスターウォーズシリーズ制作からは全に手を引くことを表明。

現在は新作の制作にもノータッチで、生みの親であるものの、すでにスターウォーズルーカスの手を離れた巨大なコンテンツとして独り歩きしているのが現状である。


主な作品


スターウォーズ6作はいわずと知れたルーカスの代表作。
インディ・ジョーンズ4作はスピルバーグ監督だが、ルーカス製作揮で関わっている。 


関連動画



■sm3831538[ニコ動]


関連商品


■azB0000AIRN3


関連項目



最終更新日: 17/08/03 21:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ