ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ジョージ6世


ヨミ: ジョージロクセイ
掲示板をミル!
18カキコ!
人物
ジョージ6世
基本情報
生年 1895年12月14日
生誕地 イングランドノーフォーク
没年 1952年2月6日
死没地 イングランドノーフォーク
出身地 イングランドノーフォーク
イギリス
本名 アルバート・フレデリックアーサージョージ
(Albert Frederick Arthur George)
別名 イギリス連邦国王
職業・肩書 英国国王
備考・その他
人物テンプレートボックス

ジョージ6世(George VI1895年12月14日1952年2月6日)とは、グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国イギリス)の第8代国王である。1895年生まれ、1936年に即位して1952年に死去。
先々代国王ジョージ5世の次男、先代エドワード8世の、次代エリザベス2世にあたる。


概要



史実での経歴


本名はアルバート・フレデリックアーサージョージ誕生日12月14日が曾祖アルバート(ヴィクトリア女王の王配)の命日だったのでアルバートと名付けられた。

ジョージ5世は幼少期には体が弱く勉強ができずX脚をバカにされ続けた事を、根性というか英国魂というか軍魂で撥ね退けた(「兵王」と呼ばれる)経緯から、自分と同じ兆を持った次男を王族らしく立に育てたいと思い左利きやX脚を理に治そうとするあまり、虐待紛いのスパルタ教育を施す。結果、過剰なストレスが重度な吃音を招いてしまう。も甲高く、貫とは程遠いものとなってしまった。性格的にも物静かであったこと、王位継承権的にも次男であったこともあり、表には余り出ず(の場でスピーチする機会もなく)、裏方での活動に専念していた。

ただ、本人は吃音なんとかしたいと常々思っており、であるエリザベス妃と、オーストラリア人の医者イオネルローグ博士を借りて発訓練を1926年から開始、少しずつ吃音症を善していた。どんなことについても常に努力の人であり、この事も英国人に誇りと敬意を持って評されるのは自然な事だろう。

1936年1月ジョージ5世が死去しプリンス・オブ・ウェールズたるエドワード8世として即位するが、王はアメリカ出身の人妻ウォリスシンプソンとヤンキー人妻結婚するんだー強引に結婚しようとして、いわゆる「王冠を賭けた」の騒動を引き起こした挙句に結婚を選んで退位する。かくして、本人も心の準備が出来ていないうちにデューク・オブ・ヨークたるアルバートが代わりにジョージ6世としてイギリス国王に即位することになる。

国王であるからには民に対して色々とスピーチをせねばならないわけで、プレッシャーによって吃音再び悪化。さらに第二次大戦ヨーロッパ情勢の緊ストレスマッハ。 なんてこったい。

しかしてこの国王、生立たない人ながら、基本的に苦労人で努で善良な人物。即位後のジョージ6世には、当時ファシズムが台頭し緊迫していたヨーロッパ情勢に対して毅然とした態度を取る必要があった。当初はネヴィルチェンバレン首相の宥和政策を支持したがドイツ第二次世界大戦の端を開くとウィンストン・チャーチル首相の元で対独の姿勢を示した。

民と同じ配給制限をバッキンガムにも適用し、ドイツによる襲が始まってもバッキンガムから疎開もせずに襲に耐え、常に王妃エリザベスと共に各地を訪問し続け、民を励し続けて大いに勇気づけた。このように第二次大戦の苦難をイギリスが乗り越えたのは、ジョージ6世夫妻の存在が大きかったことは大きな要因の一つだろう。若き日のエリザベス二世が「エリザベスウィンザー」という名義で軍に志願して自動車整備担当になったのは、この王の影も大きかったと言われている。

かくして、ヨーロッパ戦線終結の日には、歓喜に沸いた民衆がバッキンガム殿に押し寄せ、国難を支え続けた国王の姿を見るべく、「らの王を!(We want the King!)」と連呼する事となった。

第二次世界大戦後も、内の復植民地だったインド等の独立冷戦に突き進む対外情勢を前に常に務に対処し続けたが、肺を患い1952年2月6日に死去。王位は長女のエリザベス2世)が継承した。

このジョージ6世の前半生に基づくイギリス映画英国王のスピーチ」(2010年)は
2011年に行われた第83アカデミー賞において合計12部門にノミネート、
その内要4部門(作品・男優監督・脚本)を受賞している。


家族



逸話



大英帝国の腹黒紳士?


ジョージ6世は第二次世界大戦の困難な時代を乗り越え、イギリス民の尊敬を集めた善良な国王であった。
もし彼に「暗黒王」「腹黒紳士」というイメージを持たれる方がいたら、それはハーツオブアイアンAAR大映帝国騒乱記[外部]」及びこのAARに影を受けた各動画のせいと思われる。

英国民に漏らしたら仮面のような笑顔で三行半を叩き付けられる事は想像に難くない。あくまでもゲーム創作での話であることを心に留めておこう。いやまじで落にならんので。

余談だが、ジョージ6世とHOIの他のネタキャラは遠い親戚だったりする。


関連動画



■sm1803640[ニコ動]

■sm9004256[ニコ動]
■sm9808366[ニコ動]
■sm10498970[ニコ動]

2010年、「The King's Speech (黒王英国王のスピーチ)」として映画化。日本では2011年2月下旬開。
そのすぎる性格と不幸環境から、心を閉ざしてしまった千早ジョージ6世と、そのプロデューサー妻であるエリザベス、そして、王を影から支え続けたボイストレーナー物語である。

■1293438744[ニコ動]


関連商品


■dw1568983
■az4634414104
■az4643990309


関連コミュニティ


■co3769
 


関連項目


先代 イギリス国王 次代
エドワード8世(Edward VIII
1936~1936
ジョージ6世(George VI
1936~1952
エリザベス2世Elizabeth II
1952~    

最終更新日: 19/07/12 22:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ